2006 09 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2006 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
新会堂完成!
2016/07/08(Fri)
会堂完成

 いよいよ新会堂が完成し、昨日“引き渡し日”を無事終えることが出来ました。

 紆余曲折がありましたが、1月初めから始まった耐震補強工事(+リフォーム)も、半年ががりで終了です。

 神様の導きと、皆様の祈りやご支援を本当に感謝しています。

 基本的な外形はそのままですが、ほとんど新築と言っても過言ではない工事でした。

十字架とステンドグラス

 外壁やフェンスも見違えましたが、外観の大きな違いは、LED内臓の十字架と、丸型ステンドグラスでしょう。

 以前は屋根の上の十字架が目立たなかったため、前を通る人には教会だと分かり辛かったようですが、これからは違ってくるはずです。

 礼拝は6月26日(日)から新会堂で再開していますので、どうぞ皆様お越しください。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 感謝 | CM(0) | ▲ top
あっという間にクリスマスが・・
2015/12/26(Sat)
アドベント

 あっという間に、子供クリスマス会もクリスマス礼拝も、クリスマスイブ礼拝も終わってしまいました。

この期間、会堂の耐震補強工事関係で臨時総会もありましたから、例年以上にあっという間に過ぎ去ってしまった印象があります。

 しかし、そんな慌ただしい年でしたが、例年以上に礼拝出席者が多くて驚かされました。

 何はともあれ、一人でも多くの方と、主のご降誕を祝えてうれしいクリスマスでした。

 おっと、クリスマスシーズンは1月6日顕現日まで続きますから、終わってしまったとは言えませんね。

 でも、とりあえず、皆様良いお年を^^
この記事のURL | 感謝 | CM(2) | ▲ top
急に花壇の花
2015/10/02(Fri)
庭のコスモス

ナデシコ

 今日、妻が教会のフェンス際の花壇と門前のプランター、牧師館前に花を植えてくれました。

金魚草

 面積が結構広いので、経済的理由により(まだ枯れていない花も残して)数を少なめにしています。ちょっと新しく植えたものは見えにくいですかもしれません・・。

見えにくいかな

 しかし、次第に大きくなるので問題ないと思います。特にプランターの金魚草なんかどんどん育ちますからね^^

 最近、さすがに夏を越えた花に元気が無くなっていましたから、そのせいで教会全体も少し殺風景になりつつあったような気がします。

 それにしても、どうして突然、今日花を植えたのかなと思いましたが、今日、私は少しつらい出来事があったので、多分、それを知った妻は少しでも私の心を慰めようとしてくれたのだと思います。

 普段は一緒に作業するのに今日は一人でせっせとしていましたから・・。

 なんだかすごく遠回しだなと思いますが、感謝しています。



 
この記事のURL | 感謝 | CM(2) | ▲ top
教会のお墓
2015/09/10(Thu)
教会の納骨堂

 今週土曜日に納骨式があるので、一応下見をしておこうと教会墓地に行ってきました。

 スゴイ!雑草が一本残らず抜かれています。

 礼典部長さんが昨日「抜いておきました」と言われていましたが、まさかここまで完璧にとは・・。

 感謝感激です。

 実は、四日市教会では、皆さんがいつも先回りしてご奉仕くださることが多いのです。

 頭が下がります。
この記事のURL | 感謝 | CM(2) | ▲ top
オルガンとの別れ
2015/09/07(Mon)
オルガン

 四日市教会にはもうほとんど使っていない足踏みオルガンがあります。以前は礼拝で使われていたものですが、10年ちょっと前に立派な電気オルガンが寄贈されたため、集会室の片隅に置かれています。音の出ないところがあったり、ところどころ痛んでいますが、捨てるに捨てられない代物でした。

 しかし、礼拝堂の耐震工事を控えた今、工事中の置き場所にも困るので処分を考えるようになってきました。それにしても、もったいないお化けが出るんじゃないかと思ってためらいもありましたが、最近、処分されるオルガンを引き取って修理し、必要な教会に寄贈される活動をされている愛知県在住の方と知り合いになり、早速引き取って頂くことになりました。

 本職はオルガン修理人でも楽器屋さんでもない方ですが、交通費(運搬費)自費はもちろん修理も自分でこなされているとのこと。やりがいもあるでしょうし、とても尊い活動だなと思わされました。もちろんクリスチャンの方です。

オルガン内部

 その方が昨日の礼拝に突然来られ、豪雨にもかかわらず無事引き取って行ってくださいました。ちょうど四日市に来られたついでだったのだそうです。

 意外と程度が良いとのことで、とても喜んで頂いて恐縮でしたが、どこかで必要としておられる方々の讃美のために息を吹き返すこのオルガンを思うと、心から感謝の気持ちがこみ上げてきました。

 達者でな~

この記事のURL | 感謝 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。