島の現実

2009/02/28 Sat 16:22

フェリーと灯台

 昨日は会議その他が午前中に琴平教会で、午後は多度津教会でありました。
 普通に考えるとダブルヘッダーはしんどそうなものですが、会議のたびに一々島から出かけるのを考えると楽なものです。
 とはいえ天候が雨だったのでちっとも楽ではありませんでしたが・・。

 午後の会議が多度津で終わったのは16時頃。
 う~ん・・。微妙なところです・・。

 多度津から高松港までだいたい45分程度かかります。

 16時台のフェリーはと言うと、16時47分発池田港行きですが、普通に考えてギリギリ過ぎてアウトです・・。
 その次はと言うと17時20分発土庄行きになる訳ですが、以前書いたようにそれに乗るより17時43分発草壁港行きに乗った方が早く帰れるのです・・。

 つまり、多度津から高松港まで45分、フェリーで1時間の合計1時間45分で帰宅できるのではなく、フェリーの待ち合わせ時間が相当かかるため、帰宅は3時間後の19時をゆうに過ぎてしまうのでした。

 島の現実ですな・・。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ディケイド

 我が家に仮面ライダーディケイドが登場しました。
 正体は言わずと知れた5歳の次男です。
 ちょっと前に買った子供雑誌のおまけ。
 紙で作るなりきりセットでした。
 この仮面ライダーディケイドは、今年の1月25日からテレビ朝日系で始まった新しい仮面ライダーです。
 最初期のライダー世代としては石ノ森章太郎氏が亡くなってからのライダーにはいささか疑問符が付いてしまうのですが、今どきの子供にはまったく関係ないという感じです・・。
 そういえば“ドラえもん”だって、藤子・F・不二夫氏が亡くなっても新作が作られている様子・・。
 複雑ですな・・。
 ところで、このディケイドってライダーですが、何だか“バーコード”みたいな気がしてなりません・・。
プライベート | コメント(0) | トラックバック(0)

やっぱり

2009/02/24 Tue 20:06

 相変わらず咽喉に違和感カサカサ。 
 咳も出ますが、すっきりしない空咳。
 熱も出ないし鼻水も出ない。
 治る気配も無いまま、変な風邪が続いています。 
 そうかと思うと妻にも同じ症状が・・。
 元気になった子供たちを横目に夫婦そろってマスク着用なのでした・・。
プライベート | コメント(0) | トラックバック(0)

青年会延期

2009/02/22 Sun 16:43

 今日は午後から香川分区の青年会が予定されていましたが、数名の青年たちがインフルエンザということで延期になりました。
 インフルエンザの青年たちが一日も早く回復するよう祈ります。
 延期は残念でもありますが、私もまた風邪なので“少し助かった”という気もしています。
 延期になっていなければバイクで出かけていたはずだからです。
 気合だけは十分というところでしょうか。でも、病気に勝てるわけも無いし、年のことも考えて無理をしないようにしないといけませんね。
 実際のところ、私の咽喉に来ている風邪は昨日より悪くなっています・・。
行事 | コメント(0) | トラックバック(0)

咽喉だけ

2009/02/21 Sat 16:32

 どうも風邪をひいたみたいです。
 とはいっても、熱もないし、体も元気だし、食欲もあるし、鼻も詰まらないし、とさほど問題は無いのですが決定的なことが一つ。
 “咽喉が痛い”のです。
 カサカサ乾燥した感じで咽喉の奥がイガラっぽくてたまりません。
 はっきり言って喋り辛いのです。
「黙っていれば良いでしょう」
という世界なのかもしれませんが、明日は日曜日・・。
 牧師は喋らなければならない仕事なのです。
 それにしても咽喉だけに違和感のある風邪をひくとは・・。
 南天ノド飴を口に含みつつ明日までに快方に向かうよう願うのでした・・。
プライベート | コメント(0) | トラックバック(0)

危険物積載車両用の便

2009/02/20 Fri 19:38

 今日も船で出かけました。もちろん仕事です。
 今日の帰りは風が強くなったので、波が高くフェリーは大しぶきを巻き上げながらの航行でした。
 しかし、大型フェリーはたいしたもので、ほんの少しの揺れだけですみました。ちなみに、以前、同じような波の高さのとき高速艇に乗ったことがありますが、それはそれは大揺れでした・・。
 今日の会議は予想より早く終わったため、14時48分高松港発草壁港行き(教会に一番近い港行き)にギリギリ乗ることが出来ました。
 乗り遅れていたら帰宅時間はもう一時間程遅くなるところだったのでほんとラッキーでした。
 ところで、この14時48分発の内海フェリーの便ですが、日曜日以外は危険物積載車両用となっているので、通常は人だけだと乗れない便なのです。
 危険物積載車両用とはいっても車両はすべて乗ることが出来ます(もちろんタンクローリーとかがわんさか乗っています)。
 つまり私はバイクなのでこの便も利用することが出来るのでした。
 ついでに申し添えておくと、19時00分草壁港発も危険物積載車両用となっています。
 小豆島に来られる際、内海フェリーをご利用される方は注意してください。
 それはともかく、いつもより乗客の少ないガラガラの客室はのんびりとしたもので、今日のような波の日は、時折船の巻き上げる水しぶきの中に現れる“虹”を眺めることができて愉快です。
地域情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

気温1度差!?

2009/02/18 Wed 17:25

 昨日、四国教区だよりの編集会議に出かけてきました。
 行きのフェリーは教会から一番近い草壁港からでしたが、帰りは一番遠い土庄港到着の四国フェリーでした。高松港に何時に帰り着いたかで、(高松から出ている)小豆島の3つの港のいずれ行きに乗るかが自ずと決まるのです。
 さて土庄からの帰路、旧池田町に入ったあたりでバイクのトリップメーターが“もうすぐ並びそうな数字”になっているのに気づきました。
 はたして西村のオリーブ園の手前で数字が見事に並びました。

12345-2_20090918082158.jpg

 どうです。“12345”と見事に並んでいます。

12345_20090918082243.jpg

 (面白いので写真に撮ってみましたが、スクーターの全体写真までマクロ設定で撮ってしまったため、ピントがぼやけているのはご愛嬌ということで・・。)

 とにかく、帰宅して妻に写真を見せると
「へえ~、気温があと一度低かったら数字がつながったのにね。惜しいね~。」
 おいおい・・。そこを見ますか・・。
 言われてみると確かにその通りなので、少し愉快な気持ちだったのが、ちょっぴり残念な気持ちになってしまいました・・。
 ・・・ま、いいか。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

青春

2009/02/16 Mon 19:47

 若いときから今に至るまで、
「うぉーーーーっ!!これが青春だぁーーーっ!!」
などと叫んだこともありませんし、考えたこともありませんでした。
 このたび息子が高校を卒業して家を出て一人暮らしを始めるに際し、自分の学生時代をほんの少し思い出しました。
 クラブ活動やゼミ、アルバイト、下宿や寮での人間関係などどれを思い出しても、間違いなく自分の人生において最も熱い日々でした。
 そのときは何も考えていませんでしたが、今にして思うとあの9年間は間違いなく私の青春時代でした。
「えっ、9年間!?」
と、思われましたか・・。
 実は私、学生を9年間もしていたのでした。
 地方の私学で経済学を学び、卒業後、東京都三鷹にある神学大学の神学部に編入学し、留年などもありまして学生を9年間もしました。留年は編入後の神学部4年のときで、なんと!!大学4年生などというものは3回もしているのです・・。
 そこに生きている時はまったく何も考えていませんでしたが、“私の青春時代は濃くて長かったのだな”と、あらためて思い返している中年の親父なのでした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

かけとぶっかけ

2009/02/15 Sun 16:35

 昨日は所用で高松へ行っていました。
 前日“春一番”が吹いたため南から暖かい大気が流れ込んできたそうで、昨日はとても暑い日でした。
 天気予報では雨が降りそうなので、防水でもあるいつものバイク用の防寒着で出かけたのが大きな間違いでした。雨なんか降りもしませんし、気温はぐんぐん上昇する一方・・(バイクに付いてある気温計は“20度”の表示。四月下旬並ですな)。

 それで昼食は(いつものようにうどん屋に行くにしても)涼やかなうどんにしようと考えました。
 遅い時間になってしまっていたので、いつも行くセルフの店はガラガラでした。
「ぶっかけ。大。冷で。」
 冬とは思えんなぁ・・などと感慨深げに自分の世界に浸りつつ待っていると、いつもの“かけうどん”の“大”が出てきました。
「・・・・・・。」
目を丸くしているとおばちゃんが
「どうしたのおにいちゃん。」
「・・。あの、“ぶっかけ”を頼んだはずなんですけど・・。しかも、冷で・・。」
「あっ、ごめんなさい。聞き間違えたみたいで・・。作り直すね。」
 作り直すといっても、このうどんが無になってしまうと思うと勿体無くて、しかも、いつも通っている店でお世話になってるしということで
「全然いいですよ。いつも“かけ”だし、今日は珍しく“ぶっかけ”にしようとしただけですから。」
そう言って熱いうどんを受け取ったのでした。

 しかし、うどんを食べつつ、はっと気づきました。今まで考えたことありませんでしたが、“かけ”と“ぶっかけ”って“ぶっ”を聞き漏らしたら区別が付かない似たような響きの言葉なのでした。しかも、“ぶっ”なんて、疲れていたのではっきり口を開けないで発音していたのではないかと思います。
 最初は間違えたおばちゃんがそそっかしいのかなと思ってしましたが、発音の悪い私のせいだったのではないでしょうか・・。
 “かけ”をそのまま受け取って食べて良かったぁ~と思いました。
 危うく後味が悪くなってしまうところでした。

 皆さんも讃岐で“ぶっかけうどん”を食べるとき、“ぶっ”の発音に注意してあげてください。
 ちなみに“かけ”は“ぶっかけ”より安いのが相場です。
出来事 | コメント(0) | トラックバック(0)

パソコン

2009/02/13 Fri 10:19

 このたび息子に作ってもらって新調したパソコンはこれです。

新パソコン

 今まで使っていたものよりはるかに優れたスペックだそうですが、今のところ良くわかりません。猫に小判なのかな・・。OSは使い慣れたXP。
 しかし、それにしても安く組み立ててくれました。かかった費用は(OS以外)3万8000円程度でした。
 5年前に作ってもらったキューブ形は8万円近くかかったような気がします。これです。私のこれまでのパソコンライフも殆どの仕事もこれなくしてはありえませんでした。思い出がいっぱい詰まっています。経済的にも自作だからこそ手が出せたので息子様様です。

旧パソコン

 もちろんまだまだ使えるので、今では家族用のパソコンとしてリビングに置くことにししました。
家族用パソコン

 パソコンデスクではなく、子供用の小さな机に載せたので、下の子供たちも使えるようになりました。
 モニターは18.5インチワイドのものを1万800円という超激安で購入したため、白が無くてやや変ですがいいでしょう・・。
 マウスは子供の手の大きさに合うようにコンパクトなものを680円で買いました。これも白が無かったので黒となりました。

プライベート | コメント(0) | トラックバック(0)

硬派なテンプレート

2009/02/12 Thu 16:28

「ブログのテンプレートはもう少し明るい方がいいかな?」
何気なく妻にそう聞くと
「明るくもだけど、字がもっと大きい方が読みやすいんじゃないかな。」
とのこと。

 あれがいいかな、これがいいかな、と見ているうちにこの自転車に乗った動物たちのメルヘンチックなテンプレートになってしまいました・・。

硬派な

 私としてはもう少し硬派なのが良いような気がしないでもないですが・・。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

ただの買い出し

2009/02/11 Wed 21:18

「お父さんと散歩にでも行くか?」
 5歳の次男と3歳の三男が退屈そうにしていたので久しぶりに散歩に誘ってみました。
「行く!行く!」
 二人とも飛び上がって二つ返事です。
 しかも間髪入れず、振り向きもせず、玄関めがけ一目散に走っていきます。
「おーい、上着は着てね~。」
 っと、振り向くと妻が
「私も行くっ!!」
「いいよ~。」
 あっという間に、4人で出かけることになりました。
 “図書館前の公園にでも行って、少し遊んでから、お兄ちゃんとお母さんへのお土産に甘酒饅頭でも買って帰ろうか”とうっすら考えていましたが・・ま、いいか・・。

 しばらく行くと妻が
「あっ、ティッシュ忘れた。子供たちが鼻をかみたいと言い出したらどうしよう・・。」
 うっかりしていました。仕方がありません。どこかでポケットティッシュでも買うしかないようです。
 といっても、スーパーかコンビニですね。幸いどちらもそう遠くありません。
「飴玉とかお菓子ぐらい持って来たらよかったかな・・。」
と、また妻。仕方ないので
「どこかでティッシュと一緒に何か買ってもいいよ。」
と、私。

 そこで、途中で右折し近所のスーパーマーケットに行きました。すぐそこですし、コンビニは高いので避けたいというのが正直な気持ちです。
 スーパーに入るといつもの癖なのでしょう、無意識に野菜売り場から回ってしまいます。
「おっ、今日はレタスが安いじゃないか。ちょうど無くなったところだし買って帰ろうか・・。」
そう言い出して、今日は散歩の途中で、しかも徒歩であることを思い出し、
「・・今日はテッシュとお菓子だけを買おうかね・・。」
と、言葉を結び、野菜売り場の途中から右折し、テッシュのある棚へ。
 ティッシュを手にとって何気なく斜め前を見ると
「あ、焼きそばが安い!おっ、お一人様3個までだって・・。」
 ・・いやいや。・・そうでした。今日は散歩の途中で、しかも徒歩でした。

 そうこうしているうちに三男がうだうだと聞き分けが悪くなってきました。
 ・・早々と疲れてきたようです。退屈だったのもあったでしょう。
「仕方ないから私、車取りに行ってくる。私が残ると甘えてもっとうるさくなるからお父さん残って。」
と、妻。
 結果的にそういうことになってしまいました。

 つまり、どうせ車があるのならということで、レタスや焼きそばはもちろん、ジャガイモやお肉などごくごく普通の買い物をすることになってしまったのでした。
 それでも車には発泡スチロールの保冷箱が乗せてあるので、散歩ではなくなるけれど公園に寄って少しなら遊んで帰れると思っていたのですが、子供心は移り気ですね・・。
「アイスクリームが食べたい。」
とせがまれて棚を見てみると、タイミング良く安い日だったのでつい買ってあげることに。そのかわり甘酒饅頭は買いません(当たり前か・・)。
 
 しかし・・。
 アイスクリームを買ってしまったがために
「すぐ食べたい」。
と言うのです。当たり前か・・。
 実際のところ、私も食べたくなってしまったので、結局、すぐ帰って食べることに・・。

 散歩のつもりが、ただの買い出しになってしまった・・。
 休日のささやかな楽しみのはずが、ただの買い出しになってしまうとは・・。

 カメラ忘れてたけど、正ぃ解ぁぃ~。
プライベート | コメント(0) | トラックバック(0)

登場人物の演じ分け

2009/02/10 Tue 16:31

 昨日ふと気づきました。
 落語家は声色を使うことなく登場人物を使い分けているのですね・・。
 考えてみるとこれはすごい名人芸です。
 声はそのままなのに、スピードやイントネーションなど微妙な使い分けで何人もの人物を演じ分けているのですから。
 私など声色をいろいろ使って子供たちに絵本を読み聞かせているわけですが、そんなことでいい気になってはいけないと反省させられました。
 小手先のテクニックではなく魂=ソウルの大切さといったところでしょうか。
 ・・えっ、そんなに大げさに考えなくていいんじゃないかですって・・。
 ・・それもそうですね。第一、世界が違いますものね・・。
 ・・おあとがよろしいようで・・。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

時間とのせめぎあい

2009/02/09 Mon 16:47

 昨日は日曜日だったので午前中はいつものように“礼拝”がありましたが、午後2時から香川分区社会部主催の“信教の自由を守る集会”にも出席しました。何を隠そう私が社会部長なので参加しないわけにはいかないのでした。

 しかし、昨日は第二日曜日だったため、礼拝後に恒例の“聖書を読む会”があり、これを楽しみに教会に来られる方もいらしっしゃるので休むわけにもいきません。かといって、午後0時20分土庄発のフェリーに乗らないと2時からの集会に間に合わないので時間的にはキュウキュウです・・。
 礼拝が終わると間髪入れずに聖書の勉強を開始し、予告どおりに30分で切り上げバイクで出発。
 フェリーに乗り込むと同時に出航・・。間一髪セーフだったようです。桑原桑原・・。
 妻の握ってくれたオニギリを食べ、MP3プレイヤーを聞きつつ船の一時間を過ごします。

土庄港を後にして

 集会は長野から来られた講師の先生のお話を聞きました。きばらず身の丈にあった自然な話がとても爽やかで、ほんとうに良い先生にお越しいただいたものだと嬉しくなりました。
 毎年のことですが参加者が少ないのがとても残念でなりません。
 “社会部”だとか“信教の自由を守る”という言葉から、思想、堅苦しさ、社会派、硬派的なものなどを連想される方が多いからかもしれません。
 実際は自分の生活環境を取り巻く様々な課題を、見たり聞いたり考えたり感じたりするものなのですけどね・・。

 さて、帰りですが、フェリーの無い時間帯だったこともあり、少し早い夕食(もちろん“うどん”ですが)を食べ、高松港に着いたのが午後5時過ぎ。
 このタイミングは悩ましい時間帯なのです。

フェリーの時刻

 5時20分土庄港行きに乗れば良いようなものですが、土庄から内海まで30分ほどかかりますから、計算上は教会に到着するのは5時43分発草壁港行きの方が早いのです。
 計算上というのがネックで、最近船は特に草壁~高松の内海フェリーは燃料代を節約しているのかわかりませんが、到着時間が10分ほど遅い時が多いのです。殆ど10分遅れと言ったほうが正確かもしれません。
 つまり、どちらに乗った方が早いかとても微妙なのです・・。
 少し熟考した結果、余分な労力をかけないほうが得策かなと思い、草壁港行きで帰ることにしました。
 しかし、そうなるとあと40分以上時間を持て余す事になりますし、更にフェリーで1時間(と10分)もあります・・。

ブルーライン着岸前09.2.8

 “陸続きならこんなに苦労は無いのだがな”と当たり前のことをふと考えてしまうのでした。
行事 | コメント(0) | トラックバック(0)

パソコン完成

2009/02/07 Sat 17:04

 一昨日、注文していたパソコンのパーツが届き、あっという間に息子が組み立ててくれました。
 今までのはキューブ型というちょっとお洒落なタイプでしたが、今回予算を削減するためミドルタワー型にしたので、一回り大きくなってしまいました(やっぱり小さい方が良かったかなというのは失礼なので口にしません)。
 さてさて、しかしながら、パソコンというものは使えるようにするまでが一苦労です。
 もろもろの機器への接続とそれぞれのドライバをインストールしなければなりませんし、特に自作パソコンの場合は必要なソフトをすべて入れなければならないので更に手間がかかります。
 使えるようになっても、今までと同じように使えないと不便なところもありますので、そいった課題をクリアしておく必要があります。例えばインターネットの“お気に入り”やメールの“アドレス”や中身などの移動です。
 そんなこんなで昨日と今日悪戦苦闘しつつがんばってみました。
 メールのデータ移動だけは大変で一番時間をとられてしまいましたが、結局、息子にしてもらいました・・。
 まだまだ、息子頼みとは情けないなと思いつつ、春からその息子は進学でいなくなってしまう事実が私を挟み撃ちするのでした。
 快適になったパソコンを前にあれやこれやと考える複雑な父なのでした。
プライベート | コメント(0) | トラックバック(0)

老眼、老化、衰え・・

2009/02/05 Thu 20:42

 私は子供の頃から眼だけは良くずっと2.0でしたが、数年前より“見え”が悪くなってきました。
 それで周りの勧めに従って4年前に眼鏡を作りましたが、それは“老眼鏡”でありました。
 近くは良く見えるようになりましたが、眼鏡を掛けていると遠くが良く見えません。遠近両用にするべきでした。牧師と言う職業柄、礼拝中は聖書や讃美歌、説教の原稿など小さな字を追うものの、遠くだって見なければならないのでした・・。
 そうこうしているうちに、眼鏡を掛けても小さな字が見えずらくなってきまして、しかもそれは二重にぼやけて見えるという乱視の症状が強くなってきているのでした。
 今日、意を決して“眼鏡を新しく作るために”と土庄中央病院の眼科に行ってきました。内海病院は昨年暮れで眼科医が退職され現在医者がいないのです。
 ちなみに土庄中央病院はカトリック教会のまん前にあります。あまり関係ないですか・・。
 一通り検査をして医師に診てもらいましたが、眼鏡の処方箋を作るのは順番が込んでいるので来週になりました。
 ただ、自分の目がどういう状態なのか聞かされていなかったので、帰り際に先生に質問してみました。
「乱視がひどくなってきているのでしょうか?」
 まだ40代なので、なんとなく年寄り臭い“老眼”という言葉の響きに引っかかっていましたから、ほんの少しでもほっとできそうな「そう“乱視”ですね」の一言が欲しかったのかもしれません。
「えっ、乱視?違いますよ。老眼です!老化してピントの調節機能が衰えてきているだけです。」
「ええっ!二重に見えるのは乱視だからですよね・・。」
 そんなっ、乱視だと思って少し自分を慰められそうな気がしていたのにぃっ・・。
「いいえ?!老眼です!老眼によるものです!老化ですよ!」
 うわあ・・、そんなに畳み掛けないで・・。
「乱視も無いとは言いませんけど、ほんのごく僅かなものです。二重に見えるのは老眼です。老化して眼のピント調節機能が衰えていのです。」
 分かりましたから、もう何度も言わないで・・。
 ひゅうぅぅぅぅ~。
プライベート | コメント(1) | トラックバック(0)

レインマン

2009/02/04 Wed 18:21

 やはり私は雨男なのだと思いました。
 昨日は香川分区の教師学習会と分区四役会があったのでいつものようにバイクで出かけたのですが案の定昼から雨・・。
 一昨日も今日も天気は晴れで、昨日だけまるで嫌がらせのような雨でした。
 ただ単に会や会議だけならどうということはないのですが、昨日に限ってついでの用事が山のようにあって、朝からあちこちに行く必要があったのでした。
 雨合羽は慣れていますが、どういうわけか昨日行った先々の殆どは単車(自転車)置き場の無いところばかりなのに更に参りました。
 つまり屋根が無いので、濡れたヘルメットや雨合羽をバイクに掛けて置くことが出来ないのです・・。
 店や教会に濡れたヘルメットや雨合羽を持ち込むのも変なので結構困りました。
 しかし、ほんとうに私が出かけるときに限って雨ということが多いのに閉口します・・。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

加湿器って凄いかも

2009/02/02 Mon 21:28

 インフルエンザの子供たちも随分良くなって来ました。
 やっと明日から幼稚園に行けそうです。
 
 それにしてもずっとすぐそばで生活していたというのに、妻も私もインフルエンザがうつらなかったのは奇跡的な気がします。
 風邪やインフルエンザ対策で“手洗い”と“うがい”に加えて“湿度がとてもも大切”と言われますが、とても実感しました。
 子供たちの咳がひどくて咽喉も痛そうだったのもあり、とにかく加湿器を活用したのがとても効果的だったようです。
 侮れませぬ加湿器!!

 もっとも、手入れをきちんとしておかないと、カビや雑菌を撒き散らしてかえって害を及ぼすことになるそうです。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |