07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

果肉たっぷりって

2011年08月31日
氷メロン

 今年の夏の思い出。

 私の実家の近くで食べた、かき氷のメロン味。

 メロンのシロップも掛かっていますが、実は果肉がたっぷり入っています。

 よく熟れたメロンも一切れ付いて500円。

 こんなの食べたこと無いっ!ということで、載せてみました。

スポンサーサイト
楽しみ | コメント(2)

晩夏・・

2011年08月30日
海蔵川

 日中の暑さと汗はまだまだ夏だと言っているみたいですが、朝な夕なの風と虫の音は、そろそろ秋が近づいてきている気配を感じさせます。

 ふと、土手の上で風を受けていると、短かった夏の終わりが空しさを運んできました。

 教会学校の流しそうめん、育成会(子供会)の太鼓、高熱が長引いた子供たち、伯母さんの葬儀、長男の入退院、妻と子の帰省、国際ギデオン協会の全国大会、教会の修養会、いろいろありましたが、結局、プライベートなお楽しみは殆ど無いままですね・・。
 
 ま、それも一つの夏かな。
 

 
プライベート | コメント(4)

オオカミはお店の人・・

2011年08月29日
三つの家

 郊外をバイクで走っていると、お店の脇に並んだ可愛い小屋を発見。すぐに停めて見てみました。

 犬小屋かな・・。

 いや、まてよ、ブタがいるみたいだ・・。

 よく見ると、三つの小屋はそれぞれ建材が違います。

 ややっ、これは!

わらの家

 なるほど、やっぱり、一番左はワラの家ですね。

 ・・おっと、ブタは置物だったのか・・。

木の家

 でもって、真中が木の家。

 となると最後は・・。

レンガの家
 
 そう、レンガの家ですね。

 三匹はきっとブー、フー、ウーなのでしょう。

 確かにレンガの家の前に居るブタが一番小さいですね。

 どこかで見たことあるような、懐かしいような印象は、三匹の子豚だったのですね。

 じゃあ、この店はペットショップかな、それとも小さなホームセンターなのかな・・?

豚料理の店・・

 えっ、農場直売・・。

 ハム、豚肉、野菜、ウインナー・・。

看板

 農場直営 豚肉料理専門店・・。

 ううん、なんだかすごくギャップを感じる。

 バイクを止めて写真を撮った、私のほのぼの感はいずこへ・・。



 

 
地域情報 | コメント(4)

修養会

2011年08月28日
まだまだ青い柿

 今日は四日市教会で“夏期信徒修養会”がありました。修養会というのは勉強会のようなもので、昨年に引き続き、私が講師を務めました。

 いつも礼拝で私はしゃべっている訳ですから、皆さんにとっては別の先生が良いかなとも思いましたが、やはり自分にしてみれば、自分で話すのが一番手っ取り早いので、今年も自分で講演することにしました。

 それにしても、夏休みの大半はこの修養会の講演準備に明け暮れたので、やっぱり来年は考えようかなと思ったりしていします・・。

 メインのテーマは“家族伝道”でしたが、そのとっかかりとして“死と葬儀”について話したため、そちらの方が好評で、それが意外でした。

 でも、確かに“死と葬儀”の問題はとても重要な課題の一つですね。

 私も準備しつつ勉強になったというか、再確認できたこともあったので、とても有意義な時でありました。

 今日は少しのんびりしようと、心地よい疲労を楽しんでいます。

 最後にお詫びいたします。

 上の写真は“夏期信徒修養会”の“夏期0”と“柿”をかけた、親父ギャグ二もならないダジャレでありました・・。

行事 | コメント(4)

マカロン1個

2011年08月27日
マカロン

 昨日、国際ギデオン協会の“全国大会in名古屋”牧師招待晩餐会に呼ばれて出席したところ、食後のお菓子に“マカロン”が出ました。

 マカロンの存在は以前から気になっていたものの、その値段の高さ故に手が出ずに、いまだに味も風味もわからないお菓子ではありませんか。

 しかも、先日子供たちと一緒に観に行ったポケモンの映画にも出てきたので、子供たちに食べさせてあげると喜ぶかなと、ひそかに持ち帰りました(一人に1個だったので、食べずに持ち帰ったのです)。

ビクティニとマカロン

 しかし、しかしです。二人の子供にたった一個では寂しすぎます・・。

 それでも、子供たちに「マカロンが一個あるけど、分けっこして食べてくれるかな?」と聞いてみると、「もちろんOK」で、しかも、大喜び。

 ささやかすぎるけど、それでも喜んでくれるなんてと、こちらの方が大喜びです。

 おまけに次男などは、「お母さんにも分けてあげる」と、半分の三分の一程を妻にあげていました。

 そのうち、いっぱい買って帰って驚かせてあげようっと。

感謝 | コメント(2)

優良運転者

2011年08月25日
優良運転手

 免許の更新通知が届きました。

 何も考えずに、中を見てびっくり!

「こ、こ、今度は、ゴールドなんだぁ!!やっとゴールドが手に入るんだぁ!!やっと優良運転者だぁ!!」

 そうです。お恥ずかしながら、小生いまだにゴールド免許を手にしたことが無いのです。

 1994年ゴールド免許制度が始まって以来、夢にまで見た初めての出来事に興奮です。

「そうだ、これから何かあったら台無しだから、更新手続きできる誕生日の1ケ月前になったらすぐ更新しよう。」

などとと考えるなど、嬉しくて冷静さも何処へやら・・。

 ゴールド免許になるかどうかを判定するのは、免許更新年の誕生日の40日前ですから、この期間に道交法違反しても、ゴールド免許は交付されるですよね。

 ああ、それにしても長かった道のり・・。

 妻はずっとゴールドで、私はずっとブルー。気持ちまでブルー。

 大体、シートベルト着用義務違反か、スピード違反、もしくはもらい事故で、ゴールド免許の夢は更新の直前にいつも絶たれてきたのでした。

 5年間の無事故無違反を達成しようとすると、ブルー免許は3年更新なので途中で一回更新して、もう一度ブルーとなります。

 6年目となるその次の更新でやっとゴールドだと思っていたら、更新少し前に軽い違反でパーなんてことになっていた訳です。

 負のスパイラルにはまりやすいようです。

 それにしても、10年ほど前、ゴールドが露と消えた原因を作った、友人N崎君の一件がどうにも恨めしい・・。

 そうでした、まさに6年目にして無に帰したのはこの時でした。

 もちろん私が運転し、N君は助手席。

 久々の再会だったので、話が弾んで楽しく車を走らせていたところに、旗を持ったお巡りさんが飛び出してきました。

 「あそこに停めて。免許証を用意して。」

 「ええっ、そんなはずはない!全然安全運転だったじゃないですか!」

 借りていた車だったので、私は少し緊張しつつ、わき見もせずに安全運転を心がけていたのです。

 まさに寝耳に水。

 スピードも出していないし、一時停止線もなかった。信号無視なんか絶対してないし、シートベルトも締めてるし・・。

 「お巡りさん!やっぱりどう考えてもあなたの間違いですよ!違反切符を切られる覚えは私にはありません!」

 お巡りさんをやや睨むように、少し強気で言いました。

 ・・すると、後ろから、か細い声が・・。

「・・悪い!三野君!俺が悪かった!うっかりしてた・・」

 え゛え゛っ!!!!! N君シートベルトしてなかったの!?

 助手席のシートベルト未着用でしっかり減点・・。

 6年間も無事故無違反で頑張ってきたのに・・。

 私の意気消沈ぶりを見たお巡りさん、笑顔で

「大丈夫!減点だけで反則金無いから。」

「・・もうすぐ免許の書き換えで・・これでゴールドじゃなくりますよね・・。」

「大丈夫!1点だけだから、無事故無違反続けたら消えるから。」

「更新まであと1ヶ月半なんです・・。」

「・・・。あーー、そりゃ駄目だねぇ・・。・・また、頑張りなさい。」

「・・そですよね・・。」

 不毛な会話に体力を消耗し、気まずい空気を乗せて車は走り続けたのでした・・。

 あれから苦節12年、やっとゴールド、やっと優良運転者。

 もう水に流そう、って、完全に忘れていましたけどね。

 思い出したのはこの通知のせい。

プライベート | コメント(6)

少し恥ずかしい理由

2011年08月23日
オジギソウの花

 下の子が育てているオジギソウに花が咲きました。

 自分も子供の頃に育てましたし、次々に子供たちが育てているのも見てきましたが、実は花を見るのはこれが初めてのことでした。

 きちんと育てれば7~10月に花が咲くらしいことは知っていましたが、今まで見たことがなく、花の色も薄ピンクだということも今回初めて知りました。

 考えてみると、今までは少し育ったところで、さんざん指で触れてすぐに飽きていたように思います。

 そういえば、今回も私や子供たちはすぐに飽きていました。

 牧師館の玄関先に植えてくれた妻のおかげですね。

 それにしても、花を見たことが無かったのは、すぐに飽きてさっさと処分していたからだとは・・。

 ちょっと恥ずかしい。

 そこで、魚の骨が喉に刺さったことのない友人のことを思い出しました。

 もうずいぶん前ですが、一緒に食事をしていた時、私の喉に魚の小骨が刺さってヒーヒー言ったことがあります。

 それを見ていた友人、悦に入って言いました。

「そういえば、もう随分生きてきたけど、俺はいまだに魚の骨が喉に刺さったことなんか無い!きっと、日ごろの行いが良いからだな。」

 下らぬ自慢だなと思いつつ、面倒くさそうに返事をしました。

「そんな人も居るだろうけど、一応、羨ましいよと言っておくよ。」

 しばらくして、魚の骨の出来事なんかすっかり忘れたころ、友人が大きな声で言いました。

「あ゛っ、俺って魚嫌いだから、今までほとんど食べたこと無いんだった!」

 それじゃあ、骨は刺さりません・・。

 理由を思い起こせば恥ずかしい、というお話でした。

未分類 | コメント(8)

少しややこしい違い

2011年08月22日
違うか

 昨日、友人に“ひつまむし”をご馳走になりました。

 以前から名古屋の“ひつまぶし”が気になりつも、食べたことが無かったので、興味津々でした。

 しかしながら、そうは言いましても、期待より名物に対する物珍しさの方が大きかったと思います。

 大体、こういう味だろうと予測していました。

 ところがどっこい。断然美味ではないですか。

 ご存知のように、初めに普通に食べ、次にネギと刻み海苔を混ぜて食べ、最後にワサビとダシをかけて食べる、とただそれだけだと思っていましたが、その三段階全てが予想を上回る美味なのでした。

 知らなかった・・。

 もっと早く食べておけば良かったなと、やや後悔しましたが、もちろん感激の方が上回っているので、久しぶりの口福感に満たされました。

 ちなみに、1行目と2行目で、“ひつまむし”と“ひつまぶし”を使い分けていますが、これは名古屋名物の“ひつまぶし”は、名古屋の“あつた蓬莱軒”が登録商標を持っているので、他の店はメニューとして使えないことによります。

 私がご馳走になったのは“あつた蓬莱軒”ではないので、“ひつまぶし”という料理を食べたにも関わらず“ひつまむし”という名称の料理を食べたということになります。ややこしや・・。

 実際、ご馳走になつたお店のメニューも“ひつまむし”になっていました。

 福岡で“辛子明太子”を生み出した人は、登録商標を取らないばかりか、知りたい人にはその作り方まで教えたというエピソードがありますけどね・・。

 もし、そうでなければ、“辛い明太子”とか“とんがらし明太子”とか“激辛たらこ漬け”なんて言葉が氾濫していたかも・・。

 ・・えっ、考え過ぎ?・・・失礼しました。

 余談ですが、昔、名古屋の友人に、つまらぬことを聞いて怒られたことがあります。

 名古屋では“エビフライ”のことを“エビふりゃぁ”と言うので、

「じゃあ、野球の“ピッチャーフライ”とか“センターフライ”は“ピッチャーふりゃぁ”“センターふりゃぁ”と言うの?」

「言うか!」

プライベート | コメント(10)

夏休み1日目

2011年08月21日
ごうるどくれすと

 今年の夏休みは“やっと始まったかな”という印象です。

 これは毎年の事ですが、夏休み突入早々から地域の子供会(育成会)で、四日市祭りに向けての太鼓の練習があるので、夏休みの初めは吹っ飛びます。

 しかも、今年はお祭りが8月6~7日と遅めだったので、練習期間もその分長めで、遅い夏休みが始まるという感じでした。

 もっとも、これに参加している小2の子は高熱が続いたので、今年はほとんど練習に参加できませんでしたけどね。

 しかし、自分の子供がほぼ不参加であろうとも、親の役目がいろいろあるため、妻はこの期間、看病と通院、太鼓のお手伝いに奔走する毎日・・。

 もちろん、私も少しは手伝いましたよ。少しは・・。

 とにかく、お祭り本番までに子供の病気は治ったのでホッとしましたが、ホッとしたのも束の間。翌日から弟の方が高熱を・・。

 兄同様、高熱は何日も続きます。薬を飲むと熱が下がったかなと思うと、すぐまた上昇。治ったかなと思うと、また悪くなり・・の繰り返し。

 そうこうしているうちに、妻の実家への帰省。

 ようやく四日市に健康な全員が揃って、本当にやっと夏休み本番になったという気がします。

 まさに、やれやれです・・。

 プールもプラネタリウムも、前売り券を買って楽しみにしていた映画もまだ行っていませんし、花火さえしていませんでした。

 まさに、これからやっと夏休みの楽しみが始まるのかなというところです。

 ちなみに、今日は私が教会から夏休みをいただいていたので、四日市教会を留守にさせていただき、友人の教会に家族そろって行ってきました。

 夏休みの手始めといったところですかね。

 実は三重県内に、友人がお父様と二人でやっている教会があるのです。

 しかし、お互い忙しいので、私が四日市に来てから合うのは、これでやっと2度目。

 他教派の牧師同士って、なかなか会えないものなんだと再確認した気がします。

 なんだか、この短い時間がとても貴重で濃い気がして、今日の休暇がとても貴い一日だったなと実感しています。
 
 とても、恵まれた夏休み第1日目でした。



プライベート | コメント(4)

やっと揃った

2011年08月20日
名古屋駅だぎゃ

 里帰りしていた妻を迎えに行ってきました。しばらく、記事を更新でき無かったのはそのため。

 もちろん妻は子供を連れているので、車が無いと不便。かといって、長距離ドライブも慣れていないし、私も挨拶くらいしておかないとね。ということで、私は高速バスで引き返し、迎えも高速バスで出かけたのでした。

 昨年は、四日市に停車するという魅力に惹かれて、過酷なツアーバスに乗り込んでしまうという手痛いミスをしてしまいましたが、今年はちゃんと高速バスに、それもJRの高速バスの利用です。

 一人掛けの独立シート、使い捨てのスリッパにお茶とおしぼり。昨年が嘘のようです。

 名古屋からの発着と言っても、名古屋まで四日市からJRで40分前後ですから問題ありません。

 しいて言えば、田舎者の私にとって、名古屋の夜は少し緊張するといったところですか・・。

高速バスだぎゃ

 ただ、運転好きの私としては、乗せられているだけというのが苦でしたけれどね。運転なら何十時間でも苦ではありません。ほんと。

 それにしても、一人は嫌というか、家族の揃った我が家がやっぱり良いですな。

きょうかい

プライベート | コメント(4)

カッコイイ男

2011年08月16日
暑そうな雲

 バイクに乗ると、腕は前に伸ばしているためすごく日焼けします。

 なにしろ太陽光を約90度で受けてしまうので、10分も走ると真っ赤っかになるのです。

 もちろん、そんなことは心得ていますし、安全面からも長袖着用は当たり前。

 さすがベテランライダーです。

 しかし、しかしです。

 今、移動はバイクですから、どんなに暑くても出かけるたびに、Tシャツ短パンから長そで長ズボンに着替えます。
 
 もちろん、帰ってくると汗だく。

 昨日などは短距離だったので、汗をかく前に帰れると思っていたら真昼の夕立。

 ほんの5分で濡れ鼠・・。

 今日もお昼と夕方に豪雨が・・。

 この数日間、毎日のように“水も滴る良い男”になってしまう、というお話でした。

プライベート | コメント(4)

終戦記念日ということ

2011年08月15日
水平線

 今日は66回目の終戦記念日。

 そこで思わされるのは、今頃何言ってんのと言われそうですが、“戦後は終わった”と言われはじめて何十年目なのかということです。

 ほんとうに何十年も前に“戦後”は終わっているのでしょうか。

 私には、いまだに戦後が終わっていないように思えます。

 日本はヒロシマ・ナガサキに加えて、フクシマの被爆・被曝を経験しました。

 ビキニ島での第五福竜丸の被曝もありました。

 “核の平和利用”という詭弁のもとに“非核三原則”はどこに吹き飛ばされていたのでしょうか。

 日本こそが核廃絶を声高に主張できる筆頭国のはずなのに、今まで何をしてきたのでしょうか。

 本当に反省すべき時に来ていると思います。

 本来の日本のあるべき姿に帰りたいと、多くの人が願っているはずです。

 被爆・被曝の経験から、核には軍事利用においても平和(?)利用においても、その先に平和のないことを強く語るのが、国際社会における日本の責任なのではないでしょうか。
 
 また、第2次世界大戦で何もかも失った日本が、唯一得たものは憲法第9条(戦争の放棄、戦力の不保持、交戦権の否認)だと言われます。

 “あの憲法はアメリカが作ったお仕着せの憲法だ”と揶揄する人もいますが、自分で産み出そうと、お仕着せであろうと、“良いものは良い”で良いはずです。

 世界に先駆けた平和憲法を掲げていると胸を張っていい筈です。

 それなのに軍備化を続けている日本の姿に違和感を覚えます。

 災害時に自衛隊は必要だと言う人もいますが、災害時に必要なのは自衛隊ではなく災害救助隊です。

 “終戦”は“第二次世界大戦の終わり”だったと共に、“戦争そのものの終わり”のことだと、そのことを記念するのが日本における本当の“終戦記念日”だと思います。

 そのことが認知できていない以上、まだ日本は戦後に至っていないと思うのです。

 フクシマを契機に、今までしてこなかったことが宿題として目の前にぶら下がっていることに多くの人たちが気付き始めた、それが今の日本の姿だと思います。

 

  
思ったこと | コメント(6)

なんてこと!

2011年08月14日
さるすべり
 妻が子供たちを連れて帰省しているので、今は一人暮らし。

 一人暮らしといっても、私が家事全般を苦も無くこなすのを皆知っているので、食事や身の回りの心配はされません。

 今日も朝5時半に起きて新聞とメールのチェック。
 
 教会前などを掃除して、花壇に水やり。

 そして、教会玄関の鍵や廊下の窓を開けたり、礼拝堂のエアコンのスイッチを入れます。

 シャワーを浴びたら洗濯開始。

 同時進行で朝食準備。

 食後に洗濯物を干したらネクタイを締めて教会へ。

 渋滞なくバッチリです!

 ・・と言いたいところでしたが、なんと降水確率0パーセントなのに突然の雨!

 ええっーーーーー、聞いてないよ~

 天気予報でも“傘は必要ありません”だったのに・・。

 あわてて取り込み、部屋の中へ干し直し・・。

 教会に入る予定は8時頃でしたが、15分ほど遅れたのが悔しい・・。

 それでも、教会の横に住んでいるから、大した遅れにならずらに済むのですが。

プライベート | コメント(4)

ぽっかり

2011年08月13日
ぽっかり

 妻が子供たちを連れて里帰りしているので、いつもにぎやかだった家に一人ぽつんといます。

 たまには一人もせいせいするだろうなと思っていましたが、言葉を発しない生活は寂しいものです。

 空を見上げると、雲がぽっかり浮かんでいるばかり。

未分類 | コメント(4)

夜回り

2011年08月11日
半月

 先日、補導委員として夜回りをしました。

 小学校の本部役員になると、自動的に補導委員になってしまうのです。

 幸い、非行現場に遭遇することなく終わりましたが、牧師が補導委員って何か変だなぁと思ってしまいます。

 「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」(ヨハネによる福音書8章11節)なんて言わなきゃいけないような・・。


行事 | コメント(4)

静かに 確かに 穏やかに

2011年08月10日
空雲樹

 見上げても神は見えない

 神から自分のことは よく見えているのだろうに

 でも、神は身を屈めて人に歩み寄るお方

 人を愛し 大切にされる

 見知らぬ隣人に目を向けたとき

 そこで 生きて働き掛けておられる神を感じる

 私も神に包まれていることを感じる

 一人でたたずんでいたら 気付かないのかもしれない

 静かに 確かに 穏やかに

 神に愛されている

 あなたも



 
未分類 | コメント(0)

ヒロシマとナガサキの日の間に

2011年08月08日
落日

 福島原発で放出された放射能は、熱量計算ではヒロシマ原爆の29.6個分、ウラン換算ではヒロシマ原爆の20個分の放射性物質が漏出されているとのこと。

 さらに深刻なのは放射線の残存量で、1年たつと原爆は1000分の1程度に低下するのに、原発からの放射性汚染物は10分の1程度にしか低下しないとか・・。

 被爆国日本で起きている現実。

 本来、核廃絶を声高に発信できる被爆国日本なのに、その声は小さ過ぎたのではないかな。

 原爆も原発も要らないと、発信できる日が来ることを願います。

未分類 | コメント(8)

一部は全部じゃない

2011年08月06日
ひかり

 教会って不思議なところだなぁと思います。

 信頼感で結ばれているからなのでしょう。

 当たり障りなく仲良くしようという人もいるとは思いますが、必要な時はきちんと本音で語り合い、時には手厳しいことや苦言を呈する人もおられます。

 でも、相手の意見が正しいなら素直に受け入れ、言い過ぎがあったらきちんと謝り、敵対関係というものがありません。

 歩み寄りがあるのです。

 考えてみれば、人間はみな罪人です。

 弱さもあれば、過ちも犯します。完全無欠な人などいません。

 間違ったことをしたり、大切なことをしなかったりという部分が問題であって、その人の全部が問題なのではありません。

 過ちという一部分によって、その人の全てが否定されるものではないということです。

 つまり、何かを指摘されたり、批判されることがあっても、そのことで自分の全人格が否定されるのではないことを、教会の皆さんはお互いに良く心得ておられるのだと思います。

 仮に大嫌いな人が居るとして、どうしてその人が嫌いなのか、その理由をよく考えてみると、その人の欠点であるとか、自分にとって不愉快に感じる何かが嫌なのであって、その人のすべてが嫌いなわけではないことに気付くはずです。

 教会の人は自分が立派だとか、人格者であろうとか、そんなことは思っていません(私もね^^;)。

 だって、罪人なのに神様に愛され、罪赦された者に過ぎないと、自覚しているからです。

 お互いそういう者だと自負し合っている信頼感が、そういう関係の根底にあるのだと思います。

感謝 | コメント(8)

霧の中

2011年08月05日
霧

 知ったかぶりをしても

 目に見えているものは僅か

 知っているものも僅か

 分かっているものも僅か

 あなたのことも 自分のことでさえも

 だから愛しい

 何もかも

未分類 | コメント(6)

12万アクセス

2011年08月03日
カメ

 いつの間にか、カウンターが12万を超えていました(どうやら数日前には超えていたと思われます・・)。

 5年の長さを感じるとともに、ひとえに皆様のおかげと感謝いたします。

 最近、更新が少なくなっているので、もうそろそろ止めようとしているのかなと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、まだまだ続けるつもりですのでもう少しお付き合いください。

 実は更新がなかなかできない最大の理由は、新しい写真を撮ってないからのようです。

 ストックしていても、すぐに季節外れになりますしね。

 最近こまめに写真を撮っていないのが敗因ですか・・。

 ということで、写真なしの記事があっても許してくださいね~^^;

感謝 | コメント(10)

疲~労~

2011年08月02日
プール

 しばらく更新できませんでしたが、それくらいいろんなことがありました。

 伯母さんの葬儀、長男の入院、次男の高熱(1週間くらい続いて、今なお完治せず)、小学校のプール解放(私はPTA本部役員の保健体育部担当なので関わっていた)、教会で流しそうめんなど・・。

 そのほかにも、妻に任せている地域の育成会(子供会)の行事などもありました(まだ続いていますが)。

 どれもこれも濃いものばかりで、少々疲労が蓄積されてきました。

 もう歳も歳ですから・・。

 とにかく、長く書いていなかったので、そのお詫びを申し上げます。

 すみませんでした<(_ _)>

 
プライベート | コメント(0)
 | HOME |