虫歯はありませんが・・
2012 / 09 / 29 ( Sat )
諏訪栄商店街

 (現在)虫歯でもない私が通っている歯科は、この諏訪栄商店街の中にあります。

 虫歯が無い(治療済みの歯はいっぱいありますけど・・)のに通っているというのと、歯科が商店街の中というのは、どちらもちょっと違和感を感じるかもしれませんが、先生の腕前の確かさと、自宅から近からず遠からず、ちょうど良い距離ということで通っています。

 実は、私の歯には食べ物が詰まりやすい所があって、それが最近頻繁に詰まってしまうようになったので、虫歯の穴が出来たのに違いないと受診したのが始まりです。

「どうされました?」

「どうやら虫歯が出来て、穴が開いてるみたいなんです・・。」

「どれどれ、・・・。あ~んして。ふぅ~む・・。・・虫歯はありませんね。」

「えっ、虫歯が無い?・・でもここに詰まるんですよ・・。」

「それは虫歯じゃなくて、歯並びが悪いだけです。」

 確かに私には八重歯があって、詰まるのはその後ろというか、両隣とのトライアングル地帯です・・。

「でも、前はそんなに詰まらなかったんですよ・・。」

「磨きすぎです。歯磨きのし過ぎ。それもダメな磨き方だから、エナメル質の下、歯茎との境の固くない所が削れてしまって、しかも歯茎も傷んで後退しています。どうしてこんなに磨くんですか。」

「虫歯になりたくないからです。」

「虫歯になってなくても、こんなに削れたら、自分で虫歯にしているのと同じですよ。歯の磨き方を変えてもらわないといけません。」
 
「・・・・。」

 ということで、削れた歯の根元付近を埋めて頂く治療が始まったという訳です。

 それにしてもどういう訳か、私の口を覗くと同時に、先生は毎回決まって言います。

「どうしてこんなに磨くんですか。こんなに削れてしまうまで・・。磨き方を変えてもらわないと・・。」

 その都度わたしは同じ返答をしなければならないのが辛いです・・。

 
スポンサーサイト
18 : 07 : 36 | プライベート | コメント(6) | page top
凹み気味
2012 / 09 / 28 ( Fri )
D90.jpg

 カメラが壊れてしまいました。

 実は、先週の土曜日から、そう、小学校の運動会の当日、しかも朝一番にシャッターが下りなくなっていたのです・・。

 バッテリーもフル充電ですし、ボディとレンズの接点を磨いてもダメ・・

 ということは、誰がどう見ても“故障”ですね・・。

 それで、実は最近凹み気味なのです・・。

 バイクもですが、体の一部みたいなものですからね。

 問題はどこで修理するかということと、どのくらいの出費になるかです。

 まだ、馴染みのカメラ屋がありませんから、どこか適当に店に持ち込むべきか、それても、名古屋まで足を延ばせばニコンのサービスセンターがあるにはあります。

 費用によってはすぐに修理できない可能性もある・・ということで、どうすべきか悩んでいます。

 ううむ・・。

 悩める芸術の秋(?)であります。

17 : 20 : 51 | プライベート | コメント(2) | page top
大入道
2012 / 09 / 27 ( Thu )
大入道

 四日市の商店街を歩いていたら、四日市祭りの人気者の大入道が鎮座していました。

 そういえばもうすぐ四日市祭りです。そのデモンストレーションなのでしょうか。

 係の人らしき人影は全くなく、1人ぽつんと大入道君は首をのばしたり縮めたりを繰り返していました。

 一緒にいた妻に写真を撮ってもらいましたが、道行く人に笑われてしまいました。

 あまり詳しくないので、大入道の説明はこちらをご覧ください。

 四日市祭・大入道山車

緑のカーテン

 大入道の後ろは緑のカーテンがびっしり。

 まだまだ日中は暑い日が続くとはいえ、秋の気配を感じるこの頃。

 涼しげというか、爽やかな一角。

 なんか、このアンバランスさは昼間のお化けのようですか・・。

15 : 40 : 26 | 地域情報 | コメント(4) | page top
心に元気を
2012 / 09 / 22 ( Sat )
万国旗

 今日は小学校の運動会。

 PTA本部役員ということで、朝一番にある町別テント張りから関わらなければなりません。

 どの町がどこにテントを張るのかを案内したりするのですが、自分の町のテント張りを手伝えないので、そちらは細腕の妻にお願いしました。

 弁当作りの手を止めてもらってなので、とっても心苦しいのですが、仕方ありません・・。

 さて、三年生と一年生の息子たちは紅組と白組に分かれていました。

 考えようによっては、どちらが勝ってもいいし、どちらが負けても困ってしまうという二面性があります。

 信じられないことに、403点対409点という僅差での決着。

 こんなに差が無い運動会は初めて見ました。

 それにしても、子供たちの元気なこと。

 閉会式でPTA会長挨拶がある関係で、例年よりじっくり感情移入して見ていただけに、ものすごく元気をもらった気がします。

 ・・体の方は疲労困憊ですけどね。

21 : 10 : 44 | プライベート | コメント(8) | page top
鳥の巣が落ちていた
2012 / 09 / 20 ( Thu )
鳥の巣

 三重県民の森を散策していると、鳥の巣らしきものが落ちていました。

 こういうものがあると、何となく気になって仕方ありません。

 卵は転がっていないけど、産む前だったのか、それとも何かの動物に襲われてこういう状態になったのか・・。

 それとも、巣を作る途中で形が気に入らず、芸術家が出来の悪い作品を壊すように、捨てたのかなとか・・。

 あれやこれやと、色々考えてしまいます。

 結論は出ないので堂々巡りですが、そのほかにも“そういえば鳥の巣症候群というのがあったな”とか“そもそも夫婦とか家庭というものは・・”などと、多方面に思考が拡散していきます。

 自然の中で堂々巡りのことを考えながら過ごすのも、関連するいろんな事柄に思いを馳せつつ過ごすのも、散策の楽しみの一つかもしれません。

 それにしても、あまり意味のないことを、いろんな角度からああだこうだと考えるのが好きなのかもしれないなぁと、ふと気付いた秋の日・・。


21 : 36 : 58 | プライベート | コメント(4) | page top
アイガモ
2012 / 09 / 14 ( Fri )
アイガモ農法

 会議で松阪市や津市に出掛けた時、鈴鹿市の田んぼが少しずつ刈り入れられているのが見えました。

 収穫の秋ですね~。

 少しして、夏休みに出先で見かけた“アイガモ農法”を思い出しました。

 正確には“アイガモ農法”の“アイガモ”たちのことです。

 もしかしたら、あの田んぼも収穫を終えているかもしれない。

 そうだとしたら、あのアイガモたちはつぶして食べられているかもしれません・・。

 昔、岡山にいた時、アイガモ農法を研究していた農学部の学生たちから聞いたことがあります。

 「収穫が終わったので、よく働いてくれたあのアイガモたちは、しっかりみんなで食べました。」

 もしかしたら、感傷的になる方がおかしいのかな・・。

21 : 25 : 30 | 未分類 | コメント(4) | page top
マイ・トイカメラ(トイデジ)
2012 / 09 / 11 ( Tue )
デジタルキング

 いつも使っているカメラは普通のデジタル一眼ですが、不思議な味わいを醸し出すトイカメラも好きです。

 上の写真のカメラもトイカメラ、つまりおもちゃのカメラです。

 しかし、侮るなかれ、これはフィルムカメラではなく、れっきとしたデジタルカメラなのです。

 マイクロSDカードを使用し、パソコンに繋げて画像を取り込むことができます。

手のひらサイズ

 しかも、こんなに小さい!!

 ボディーは金属製ではなく、プラスチックなので、存在感が無いほど軽~い。

 もちろん、防水機能は全くありませんから、その辺は要注意です。

液晶もついてる

 そして、なんと!!背面には液晶モニターも装備しているので、撮った画像をその場で確認することができます。

 しかも、何色もカラーフィルターを内蔵しているので、モノクロ風とかセピア色にも撮ることができます。

交換レンズ

 さらにさらに、別売の交換レンズを装着することができます。

 何と、レンズの方に磁石がついているので、すいーっぴたっと装着できるスグレモノ。

 私はついつい、マクロとワイド、望遠の三つを買ってしまいました。

 しかも、この交換レンズには、シールで貼れるドーナツ型のプレートが付いているので、それをケータイのレンズの周りに貼ればケータイでも交換レンズが簡単に使えるように出来ます。

 そうそう、三脚穴もちゃんとありますよ。

 ビスタクエスト

 もう一つはこれ。

 すごくシンプルなトイデジです。

 これは大きいSDカードを使います。

どちらも小さい

 ですが、これもやっぱり同じくらい小さい。
 
 引き出す

 キーホルダーを引っ張るとファインダーが飛び出し、レンズがオープン。

 これで、シャッターが下りるようになります。

残念ながら液晶は無し

 残念ながらこっちの液晶は枚数をカウントしてくれるだけ。モニターは未装備です。

 しかも、ファインダーがあるといっても、穴が開いているだけなので、何がどんな風にどの範囲で写っているのかは、パソコンに画像を取り込むまで分からないというおちゃめなカメラ。

 何これ・・

 いずれにせよ、何の写真なのか分からないものが良く撮れます・・。

 だから、本当にお遊びと割り切らないとダメなカメラですね^^;

 
17 : 31 : 40 | プライベート | コメント(6) | page top
瀬戸内
2012 / 09 / 10 ( Mon )
豊島

 今日、松阪教会で三重地区の教師会(牧師会)があって、桑名教会の先生と話をしていたら、“先日瀬戸大橋を通る機会があって、景観の素晴らしさに感激した。三野先生はあんなすばらしい景色の所に居られたんですね”と話しかけられました。

 四日市教会に来る前は香川県の小豆島に居たから、そういう言葉をかけて頂いた訳です。

 上の写真は小豆島から見たお隣の豊島(てしま)の写真です。

 う~む。確かに今見返してみると、住んでいた時以上に、その景観に感動してしまいそう。

 瀬戸内海には素晴らしい自然がいっぱいあったなと、ふいに思い出してしまいました。

22 : 43 : 39 | 出来事 | コメント(4) | page top
トンネルトンネルトンネル
2012 / 09 / 07 ( Fri )
トンネルトンネルトンネル

 トンネルを抜けるとトンネル。

 そのトンネルを抜けても、またトンネル。

 人生みたいだ。

 人生のトンネルもこんなに短いと良いな。


17 : 22 : 59 | 未分類 | コメント(4) | page top
雲の上の青空のように
2012 / 09 / 06 ( Thu )
くも

 雲が空を覆う時もある

 でも、雲の上はいつも青空

 雲は雲、空の青さは失われてはいない


 人の心に怒りが広がることがある

 その心は怒りに支配されやすい

 怒りは怒りを積み重ね、そのほかを認めない


 怒りは相手を許さない、認めない、生かさない

 そういうものかもしれない

 そういうものだと誰もが信じて疑わない


 でも、それは本当かな

 怒りを感じたのは相手の全てではなく、一部のはず

 私の過ちもまた一部分、私のすべてが否定されるものではない


 本当は、受け入れあって楽しく過ごしたい

 怒りは、愛や優しさや慈しみを覆い尽くしても、消し去るものではないのだと

 雲の上の青空のように、怒りと愛は共存しているのだと

 そのことに気付けば、すべてが変わる

 そんな気がする
 

 
23 : 09 : 56 | 思ったこと | コメント(6) | page top
温泉病院
2012 / 09 / 04 ( Tue )
とある病院

 実は毎月、病床聖餐に出かけています。

 病床にある方のところへ訪問して、聖餐式という礼典を行うのです。

 ですから、この前の日曜日も、礼拝後の長老会が終わってから出掛けました。

 その中で、ある病院にはオツな施設があるので紹介します。

 ジャジャジャジャーン。

足湯です

 それは足湯です。

 ロビー横に広い空間が確保されていて、喫茶コーナーなどと一緒にあります。

 一回だけ帰りに入りましたが、結構熱めでした・・。

車イス用足湯

 そして、何と。ほら、車椅子用の足湯も完備されています。

 さすが、病院です。

 ねっ

 それにしても贅沢な作りです。

 吹き抜けで開放的な空間。

 しかも、よく見渡してみると、なんとなくトロピカル風情に仕上げられています。

 病院臭くない雰囲気がなかなか良いと思いました。

ちょっとトロピカル風かな

 しかし、もう2年以上毎月欠かすことなく行っていますが、足湯に入ったのはたったの1回こっきり。

 やっぱり、仕事で行っているわけだから、くつろぐ気になれないからでしょうね。

 でも、実はこの病院、足湯だけではないんですよ~。

 この病院には、日本温泉気候物理医学会認定の温泉療法医による、温泉治療を行っていて、屋上には大・小展望風呂があるのです。

 温泉で治療やリハビリを進めているとのこと。露天風呂もどこかにあるそうですが、詳細はまだ未確認です。

 外来患者だけでなく地域住民も加えて、1日220~230人が利用しているというから驚き・・。

 いろんな病院がありますね。

 ちなみに、泉質はアルカリ性単純温泉。泉温:摂氏51度。PH値:8.8。湧出量:860L/分。

 温泉成分は陽イオン・陰イオン、溶在ガス成分、非解離成分等。

 一般適応症は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進とありました。

 五十肩の私としては、通った方が良さそうな気もしますが・・年配の方ばかりでしょうから・・。

帰り道の雲

 帰り道には、9月になったというのに、まだまだ夏っぽい雲が照り輝いていました。

16 : 54 : 55 | 行事 | コメント(2) | page top
伊賀忍者
2012 / 09 / 03 ( Mon )
伊賀忍者屋敷

 何の変哲もない古民家に見えます。

 しかし、これ実は三重県伊賀市上野にある“伊賀流忍者屋敷”です。

 よく見るとくノ一の方が映っているのが分かるでしょう。

 敷地内には“忍術体験館”や“忍者伝承館”もあります。

 “忍術体験広場”では忍術ショーもやっていますが、使っている刀や鎖鎌、仕込み杖、手裏剣はすべて本物ですからショーは大迫力です。

忍者ショー

 日ごろから相当鍛錬しているのでしょうね。

 そうそう、場所は 三重県伊賀市上野丸之内117 で、開館時間は9:00~17:00です。

 入館料金は大人/小人700円/400円。

 忍者ショーは別料金で1人300円(ただし休演日があるので要事前確認)。

 ちなみに、あの初代仮面ライダーの藤岡弘、氏はよく訪れているようです。

 言い忘れるところでした。忍者ショーの後で、手裏剣打ち体験が出来ます。1人5枚200円。

 見事的の中心に当てるとご褒美がもらえます。

 ただし重くて力がいるので、コントロールをつけるのは至難の業。私も投げてみましたが、からっきしダメでした。

欲しいなぁ・・

 ちなみに、敷地内の売店で売っていたゴム製の手裏剣(ここでしか売っていない)は欲しくてたまりませんでしたけどね。
 

 
02 : 49 : 55 | 地域情報 | コメント(6) | page top
| ホーム |