工場夜景
2012 / 10 / 28 ( Sun )
コンビナートクルーズ

 先週日曜日、神学生を駅まで送った際、四日市コンビナートクルーズ野ポスターを発見。

 静かに知られてきた、四日市では数少ない観光事業で、工場夜景を膿から満喫できるクルージングなのです。

 詳しくは四日市観光協会のサイトをご覧ください。

四日市コンビナートクルーズ

 しかし、3,500円というのは微妙な金額ですね。無茶な金額ではないけど、ちょっと厳しい・・。

 でも、普段見ることができない幻想的な工場夜景を想像すると、その貴重差に見合った額なのかなとも思いますが・・。

 あ、予約状況を見ると、空きが少なくなっていますね。やっぱり人気なのか・・。

 それにしても、(ポスターの右上に載っていますが)四日市にご当地アイドルが居たなんて全く知りませんでした。4-sails・・って。
スポンサーサイト
06 : 54 : 19 | 地域情報 | コメント(2) | page top
駄菓子屋さんみたい
2012 / 10 / 26 ( Fri )
スナック菓子

 スーパーだろうと薬局だろうと、妻や私は買い物に行って安いお菓子を見つけると買ってきます。

 突然必要になって、コンビニで買う羽目になると高くつくからです。

 実は、子供たちがよその家に遊びに行くとき、こういう菓子をひとつ持参するというのが、(母親たちの)暗黙のルールらしいのです。

 もちろん、子供たちは一緒に食べる訳ですが、時々遊びに夢中になって食べずに帰ってしまうこともあるので、そうなると(持ち帰らせるのも失礼なので)、棚に入れることになってしまいます。

 しかも、次に遊びに行くとき、それを持って行かせる訳にもいかず、結局、別の物を用意することになります。

 そういう訳で棚の中のお菓子が増えてしまい、さすがに今日、妻が片付けていましたが、確かにちょっと多すぎのようですね・・。

 そういえば、うちの子が遊びに行くより、誰かが遊びに来る方が多い気がします。

 それにしても多いねと妻に言うと、先日の地区運動会(町別の運動家)の景品が加わったので、すごく増えたのだとのこと。

 道理でね。

 なんだか駄菓子屋さんが開けそうな気がしてきましたよ。

16 : 08 : 09 | プライベート | コメント(0) | page top
リラックスして過ごせばば良かった
2012 / 10 / 24 ( Wed )
夕方

「牧師さんは毎週日曜日に説教があるから大変でしょう。」

 たまにそんなことを言われます。

 確かに牧師の仕事の中で一番重要なものなので大変は大変です。重い責任もあります。

 しかし、どんなに忙しくても“様々なことをこなしながら説教準備をする”という生活リズムが出来ている上に、ある意味楽しみでもありますから、苦痛ではないのです。

 先週の四日市教会の礼拝は“信徒証言礼拝”つまり、牧師の説教のところで信徒さんがお話をされる礼拝でしたし、今週は“神学校日礼拝”として神学校から神学生(牧師のタマゴ)をお招きして説教を語っていただくという礼拝でした。

 つまり、2週続けて私ではない方がお話しされたので、その間に説教準備は無し。

 ※本来は先週が“神学校日礼拝”で、今週が“信徒証言礼拝”なのですが、神学生の都合もあって、今年は前後したのです。

 しかし、説教準備の無い日常の違和感としんどさを感じるものでした。

 そしそて、説教準備をしないで臨む礼拝の、何と落ち着かないものか・・。

 ・・とかなんとか、感じたり考えたりする訳ですけれども、当たり前の日常に戻ると“せっかくだからもっとリラックスしておけば良かった”と冷静さを取り戻しますが、後の祭りです。

 来年こそリラックスして過ごしてみたいと思います。

15 : 25 : 04 | 行事 | コメント(4) | page top
ジオラマ?
2012 / 10 / 18 ( Thu )
tiltshift.jpg

 これはオモチャのジオラマ写真・・

 ・・のように見えますが、

 そうではなくて・・

 普通の写真を加工したものです。

 建物などを近くから撮影する場合、どうしても出てしまう遠近感を調節して全景を歪みなく撮影できるティルトシフトレンズというレンズを(プロなどは)使うのですが、その(ピントの合う範囲を自在にコントロールできる)性能を利用して、普通の風景を箱庭のように撮ったりするテクニックがあるのです。

 もちろん、数十万円もするティルトシフトレンズは、わたしには買えないので、画像をティルトシフトレンズで撮ったように加工してみました。

 それっぽく見えますか?

 もともとの写真は下のこれです。

 一昨年、白川郷で撮ったもの。

 ずいぶん違う気がしませんか。

 費用0円のささやかな楽しみでした。

もと


 
21 : 09 : 30 | 楽しみ | コメント(4) | page top
羊が・・
2012 / 10 / 16 ( Tue )
尾平

 眠れない夜に「“羊が1匹・・羊が2匹・・羊が3匹・・”と数えると良い」と言われますが、それは英語圏の話で、日本語に訳すとダメなのです。

 そんなことを友人と話していて、私は昔聞いたことのあるように

「そうだよね。“sheep”が寝息みたいな響きになるのだから、sheep one…sheep two…sheep three…と数えないといけないんだよね 。」

などと言っておりましたら、

「違いますよ三野さんone sheep, two sheeps, three sheeps…ですよ。」

と言われてしまいました。

 適当に覚えているとこういう間違いをするのだな、聞いた時にすぐ確認しておくべきだったなと反省しました。

 ・・しかし、羊って複数形に変化しないので、“one sheep, two sheeps, three sheeps…”ではなくて、“one sheep, two sheep, three sheep…”ではないかな・・。

16 : 32 : 32 | 未分類 | コメント(2) | page top
U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-D
2012 / 10 / 14 ( Sun )
エンタープライズ号

 友人からエンタープライズ号のプラモデルを貰いました。

 あのスタートレックです。
 
 懐かしい・・。

 少年の頃を思い出します。

 これはパーツも少なく、簡単に作れそうな代物なので、「ささっと作って書斎の天井からつるすとカッコイイかも・・」などと考えていましたが、予想外の出来事が・・。

 パーツ数は何と9つ。バリを取ってヤスリで磨いて、ものの30分で仮組み立て完了です。

 あとスプレーを買ってきて一吹きすれば、デカールを貼って完成と思いきや、このデカールの数が半端じゃありません・・。

 しかも、ウォータースライドデカールで、いわゆる水スライド式転写シールというやつです。しかも、とっても細かい・・。

 老眼の私にはたいそう辛い・・。時間も要りますしね・・。

 ・・で、仮組み立て状態で保留・・。

 エンタープライズ号が書斎上空を航行するのはいつの日か・・。

 
17 : 29 : 38 | プライベート | コメント(2) | page top
見え方カエル
2012 / 10 / 11 ( Thu )
カエル

 ふと足元を見ると、カエルがいるのでびっくりしました。

 もう少し正確に言うと、じっとしているで驚いたのです。

 カエルってこんなだったかな・・。

 ピョコピョコ逃げるとか、少なくとも警戒しているようなそぶりをするとかしそうなものなのに、何事もなかったかのように、じっとしています。

 深く瞑想しているようでもあります。

 何かを無言で物語っているようでもあります。

 空腹で餌になる虫を探しているのかもしれませんが、なにやら夕陽を見つめて物思いにふけっているような雰囲気がなかなかイカシます。

 そういえば、カエルはものの見え方が、オタマジャクシの時と違っていると聞いたことがあります。

 水の中から見えてた色と、あまりにも違うこの世界について思考を深めていたのかもしれません(違うか・・)。

 物理的ではなく精神的なものですが、人間も成長するにしたがって、ものの見え方や捉え方が変わってきます。

 1回限りではなく、何度も成長や挫折を繰り返して、ものの見え方捉え方が変わってきます。

 でも、ドロドロとした大人の世界に慣らされていく見え方ではなく、より純粋に、より細やかに、より配慮に満ちたものの見方に行けたらなぁと思いますけどね。

 
21 : 48 : 12 | 思ったこと | コメント(0) | page top
心霊写真・・?!
2012 / 10 / 09 ( Tue )
心霊写真ではございません

 なんだか自転車では通りたくない道。

 アップダウンが激しく続く道なので、面白いなと思って写真を撮ってみました。

 ・・でも、その時、誰も居なかったはずなのに、道路左に体操服を来た小学生らしき人物が写っています・・。

 おかしいな・・山奥だし・・ほんとに人は誰も居なかったのに・・。

 ・・しんれいしゃしん・・。

 ・・心霊写真・・。

 ・・・・・・・。

 ・・なんてね(*^_^*)

 二つ続いている側溝の影が、頭とズボンのように見えるだけなので~す。

 期待した方、ごめんなさい。


 
21 : 28 : 35 | 未分類 | コメント(2) | page top
ささやかなものをつなぎ続けて
2012 / 10 / 06 ( Sat )
コスモスとスカブ

 コスモスはとても好きな花です。

 コスモスは、なんとなく“幸せな空気”を感じるのです。

 確か5歳の頃だったと思うのですが、保育園の庭で、コスモスをバックに撮った一枚の写真があって、そこに写っている先生も子供たちも、全員はち切れそうな笑顔なのです。

 先生を囲んで、芝生の上に座って笑っています。

 申し訳ありませんが、どんな話をしていたのかも覚えていませんし、一緒に写っている子供たちも特に友達ではなかったと思います。

 実際、私は引っ込み思案で目立たなかったし、それ程仲良しのお友達もいなかったので、その頃のことは暗い印象ばかりです。

 だから、どうしてあんな写真が残っているのかさえ不思議なのですね・・。

 楽しい思い出など殆ど無いはずなのに、その写真だけには不思議と楽しそうな空気が流れているのです。

 だから、なんだか救いを感じる写真であり、同時にコスモスは私にとって、虚像であっても幸せの空気を感じさせてくれる花・・。

 振り返ると苦労の多い半生でしたが、しんどくて苦しい中で、ささやかな幸せっぽい空気感をつなぎ合わせて来たような気がします。

 本当は辛かったけど、しんどかったけど、そこにあるささやかなものが幸せを感じさせてくれていたから、ここまでこれたのかもしれません。

 あのコスモス前の笑顔の写真は、ほんの一瞬のシャッターチャンスだったのだと思います。

 その一瞬以外は笑顔でもなければ、楽しくもなかったかもしれません。

 でも、その一瞬があるから幸せな気がします。

 わたしにもこんな時があったと、嬉しくさせてくれ続けています。

 人生も、楽しいこと幸せなことがいっぱいある訳ではありません。

 どうでもいいような、さりげない、ほんの一瞬の感情の揺らめきのような、うまく言えないけど何か幸せを感じたようなものが、心を支えているような気がします。

 だから、私にとってコスモスは、見ているとこれからもやっていけそう気持ちを起こしてくれる花。

15 : 30 : 59 | 思ったこと | コメント(4) | page top
意味不明
2012 / 10 / 05 ( Fri )
不思議な車

 意味不明な車を発見・・。

 どうやって入れたの?
 
 何のためにそこに置いたの?

 次にどうするつもりなの?


 突っ込みどころ満載ですが、人間の行動はすべて先の先まで考えているとは言い難いもの・・。

 ある意味、自分の一面かもしれません。

14 : 56 : 16 | 思ったこと | コメント(8) | page top
チャペルコンサート
2012 / 10 / 04 ( Thu )
チャペルコンサート

 今月27日(土)午後1時30分から、四日市教会でチャペルコンサートを開催します。

 隔年に行っている恒例行事で、今年は四日市で活躍しているアンサンブル・サルビアさんをお迎えして行います。

 いろんな方に来ていただけると嬉しいですね。もちろん、入場無料です。

 お近くの方で、もしこのブログをご覧の方はぜひお越しください。

 お待ちしています。



 
18 : 03 : 39 | 行事 | コメント(0) | page top
関わり繋がり
2012 / 10 / 03 ( Wed )
台風一過

 清々しい秋の風が吹き始めました。

 秋はいろんな行事が目白押しですが、この心地良さ故だと思うと“まぁ、いいかな”という気分になります。

 不思議ですねぇ。

 教会では“神学校日礼拝”や“信徒証言礼拝”、“チャペルコンサート”や“永眠者記念日”に“収穫感謝日”、小学校では“運動会”の次に“教育講演会”や“秋風音楽会”が待っています。

 いろいろあって大変だと思うのは簡単ですが、いろんな刺激が受けられるととらえたいです。

 そうそう、故障したカメラは修理に出しました。

 小学校のご父兄がされている、近所のカメラ屋さんにお世話になったのです。

 いろいろと四日市で繋がりが出来てきたことを実感します。

 人と人とが関わる。

 人生にとって大切な刺激に満ちていますね。

16 : 17 : 41 | 感謝 | コメント(2) | page top
| ホーム |