11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

今年最後の礼拝が終わりました

2012年12月30日
まど

 今日で今年の礼拝はおしまい。

 最後の礼拝が無事終わると、ほんとうにほっとします。

 ほんの少しでいいから、のんびり過ごせると良いんだけどな。

 皆さんに神様の祝福を祈ります。


スポンサーサイト
感謝 | コメント(6)

出生地

2012年12月26日
商店街のチラシ

 教会の近くにある本町商店街のチラシが、今朝の新聞折り込みに珍しく入っていました。

 小さな商店街のため、チラシが入るのは年に数回しかないのです。そうか、年末でしたね。

 ということで、夕方少し歩いてみることにしました。

商店街

 あれ、今日は見たことのないものが掲げてありますよ・・。

 え、なになに・・、出生の地・・、えっ、誰の・・

 ザブン・・

ザブングルの加藤さん

 おお、ザブングルの加藤さんの出生の地って、ここだったの。っていうか、四日市出身とは知っていましたが、こんなにご近所さんだったのね。

 全然知らなかった。

 でも、だからどうということはないのですが・・。あ、ごめんなさい。変な意味ではありません・・。

四日市温泉

 この辺り、すぐ脇に入ると、結構渋かったりします。

 ちなみに、上の写真は“四日市温泉”という名の銭湯です。

 

 
地域情報 | コメント(12)

切ないね

2012年12月21日
P1060573-2.jpg

 若い頃、ずいぶん尖っていた自分が言うのも何ですが、ケンカ腰で話をしたり、偉そうな物言いの人と出会うととても変な気がします。

 「そうですね。」で済むところが「そりゃそうでしょうよ。」。「それは少し違うかもしれませんよ。」で良いはずのところでも「それ、本当にそうするつもりですか?○○になりますよ。○○にしたほうが良いと思うんだけど。」などと、わざと波風を立てる話し方をする人。

 そういう人に出会うと、接しているこちらが恥ずかしくなるのです。

 プライドの高さもさることながら、「私を見て」「私を褒めて」「すごいねと言って」という声が聞こえてきそうで、どう返答しようかと戸惑ってしまいまうのです。

 返答以前に、何か不満がおありなのだろうなとか、しんどいみたいだなとか考えてしまうからなのかもしれません。自分を守ろうとか、自分の弱さをごまかそうとしているのでしょうが、自分の心理がそのままストレートに表れています。

 そう、結局は若かりし日々を思い出して、切なくなるだけの話ですかね・・。

思ったこと | コメント(6)

鈴鹿ナンバー

2012年12月20日
鈴鹿ナンバー

 先日受けた車検の代車はどういう訳か“鈴鹿ナンバー”でした。鈴鹿市は四日市市のお隣なので、車屋さんが持っていてもおかしくはないのでしょうが、ふと3年前を思い出してしまいました。

 私は若い頃からバイクや車が大好きだったので、鈴鹿サーキットの8耐とかF-1などにも興味があったので、“鈴鹿”という響きには何かしら憧れのようなものを感じてました。

 それで3年前に四日市教会に赴任することが決まったとき、隣が鈴鹿市なので、もしかしたら三重県のご当地ナンバー“鈴鹿”を付けられるかな・・などと考えたのでした。残念ながら、調べてみると四日市市民は鈴鹿ナンバーを選べないということが分かり、その青春プランは諦めざるを得ませんでした。

 しかし、何年も三重県に住んでいると、三重県内で“鈴鹿ナンバー”は、それほどカッコイイものではないということが分かってきまして、鈴鹿ナンバーを付けられなくても良かったじゃないかと、最近では自分を誤魔化すことにしています・・。

 ・・しかし、県外の友人に“鈴鹿ナンバー”を見せたらカッコイイだろうなぁなどという思いは、やっぱり頭をもたげてきますけどね・・。ははは。 

 
プライベート | コメント(0)

本屋さんを守ろう

2012年12月17日
訪問販売

 インターネットの影響でしょう、書店がどんどん姿を消しているそうです。実際、町の中小書店が軒並み打撃を受けているのが良く分かります。大型店やショッピングモール内の店はまだ持ちこたえられそうですが、切実な問題です。

 確かにアマゾンなどを利用すれば、新本でも古本でも簡単に安く手に入りますし、レビューなども参考にできるので、本当に便利と言えば便利です。

 しかし、何気なく本屋さんで立ち読みすることも出来なくなりますよ、このままでは・・。こぞってこのまま利便性を追求し続けたら、気軽に本屋さんでの読み比べや、良い本を発見する楽しみも無くなりそうです・・。

 単に流通だけの問題ではないと思うのですよね・・。

 上の写真は教会に訪問販売に来てくれるキリスト教書店“名古屋聖文舎”さんの車。キリスト教書店とはキリスト教専門の本屋さんで、しかも、本だけでなくキリスト教関係の用品(ハガキ、カード類、CD、DVD、小物、アクセサリーなど)も扱っていますし、最新刊の情報なども提供していただけるので、本当に便利で無くてはならない存在です。

 こういうキリスト教専門書店は全国に何軒かありますが、すべての都道府県にある訳ではありません。残念ながら三重県にもキリスト教専門書店が無いので、一番近い名古屋の書店に頼る訳ですが、この名古屋聖文舎さんは毎月1回訪問してくれるのでものすごく助かっています。

 もちろん、いくらなんでも四日市教会だけのために来てくれるのではなく、愛知県や三重県の教会を巡回しているのです。しかし、全ての教会を訪問するだけでも数日かかる訳ですから、頭が下がります。

 そこで思うのが、こういう客層の薄い書店(専門書店という意味ですから念のため)などは、ネット社会の打撃をもろにかぶってしまいやすいということです。ほんの少しの安さや利便性だけを追い求めると、本当に大切なものを失ってしまうのを肌で感じます。

 専門書店は特に顕著な例ですが、街の小さな本屋さんも同じこと。みんなで近所の本屋さんを利用しようじゃないですか!


《おまけ》
 もし名古屋近郊の方で名古屋聖文舎さんが気になる方は、下から名古屋聖文舎さんのホームページをご覧ください。 

 名古屋聖文舎

感謝 | コメント(10)

考え事してた

2012年12月11日
イルミ

 最近、考え事をしているうちに時間が過ぎて行くことが多いです。

 もっとも、それほど大したことを考えている訳ではなく、あれやこれやと気になることが多いだけですけどね。

 クリスマスをはじめとする教会行事の段取りや、どんなお話をしようかなとか、はたまた来年の教会の活動方針や、行事計画の青写真のようなものを漠然と考えたりですね。

 変な表現ですが、考えてみると考えることが多いですね。

 気が付くとブログも更新が滞り気味・・。

 いけませんねぇ・・。

 もう少し頑張ります。

未分類 | コメント(10)

イルミネーション

2012年12月03日
イルミネーション

 昨日は教会の大掃除の日でした。

 年末にはまだ早いかもしれませんが、年末大掃除は毎年この時期に行っています。

 掃除と同時に、クリスマスツリーを出したりその他の飾りつけをしたりと、アドベントの準備も出来るのでとても都合がいいのです。

 しかし、今年は教会堂に取り付けるレインボーイルミネーションを購入したため、男性軍は初めての作業に悪戦苦闘しました。

 長さ8mの電飾と電源で計9本ものコードありますから、ほどくのにも一苦労ですし、取り付け方にも頭を悩ませます。

 船頭が多いまま時が過ぎていく・・と思いきや、山男でもある教会員のSさんが「俺が上に登る!」

山男

 おお、恐ろしい・・。

 今日の取り付けはきっと無理だなと思っていたのに、あっさり取り付けることができた感激と、こりゃぁ毎年思いやられるなぁという不安感が交錯します・・。

 それにしても、Sさんが居なかったらどうなっていたのかなぁ・・

 でも、結果良ければすべて良し。教会員さんたちも近所の人たちも喜んでくれているみたいなのであまり深く考えるのはよそうっと。

 皆さんほんとうにありがとうございました。
 
感謝 | コメント(10)
 | HOME |