黄昏て
2013 / 07 / 31 ( Wed )
はて

 最近、疲れているのか、ブログの更新が滞り気味・・。

 記事になりそうな出来事や思ったことなど、いろいろあるのに、いつのまにか旬を過ぎてしまって、結局かけないということを繰り返しています。

 なんか、黄昏ているなぁ・・。

スポンサーサイト
15 : 56 : 38 | 未分類 | コメント(6) | page top
今日から子どもたちは夏休みですか
2013 / 07 / 20 ( Sat )
飛行機雲夕景

 子供たちは夏休みになりました。

 毎日、朝から晩まで子供たちが居るのは、楽しいような、大変であるような・・。

 牧師って通勤が無い分、仕事中も家庭との距離が短いということですからね。

 9月まで、まだまだ長いなぁ・・。

 でも、父親が仕事しているところを、見て育つというのも良いかもしれませんけどね。
18 : 55 : 44 | プライベート | コメント(4) | page top
ちゃんと調べないとね
2013 / 07 / 18 ( Thu )
ブローチ

 昨日の婦人会は“お仕事会”でした。

 お仕事と言っても、皆でバイトする訳ではありません。お楽しみの手芸会と言った方が正しそうです。

 今回は、上の写真でペンギンの頭に載せている、このブローチを作っていました。

 もちろん、私は作っていません。そばにいただけです。念のため。

 実はこれ、材料は何と“新聞紙”なのです!

 しかも、カラー公告の部分を使うことで一切塗料は使わず、まさに新聞紙を切り取って、そのまま張り合わせて作ったしろもの。

 手軽さと面白さで、みんな楽しそうに作っていました。

 ところで、昨日の婦人会はこのお楽しみ以外に、もう一つすべきことがありました。

 10月に四日市で開催する三重地区婦人会修養会(勉強会のようなもの)の昼食のお弁当をどの業者に依頼するかを決めることになっていたのです。

 三か所に絞った候補のうち、一カ所だけ引き取りに行くことになっていたようなので、手の空いている私が立候補して取りに行くことにしました。

 行き先が弁当屋なので、(お仕事会という、いつもと違う婦人会だったので、出る幕のない蚊帳の外の私は)短パンにポロシャツというお気軽な恰好でしたが、そのまま弁当屋さんに行きました。

 婦人会長さんが地図も用意してくれていたので、いちいち場所を調べる手間もかかりません。

 料金もお釣りが要らないよう封筒に入れてくれています。

 調べたり準備したりという手間は全く要りません。楽勝です。

 という訳で、あっさり、レッツゴー。

 ・・・・・・。

 とろが・・・。

 ・・・・・・。

 その場所に着いてみたら・・・・・。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・。

 ええっ、・・・・・・・・・・・・。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・。

料亭ですな

 ろくに確かめもしなかった私が悪いのですが、これは弁当屋じゃない!!!

 料亭です。

 しかも、後で分かりましたが、大正時代から続いている由緒正しい料亭なのでした。

 短パンにポロシャツ姿の私は、全くの場違いとしか言いようがありません・・。

 でも、わざわざ着替えに帰るのも変だし・・、ということで勇気を振り絞って、玉砕覚悟で突入決行です。

 いざ玄関に入ると、若くて美しい女将さんのお出迎え・・。

 一瞬であえなく玉砕ですね・・。

 しかし、女将さんは終始笑顔で応対してくださるではありませんか・・。

 完全に討ち死に状態で、目が泳いでいる私に何と優しい・・。

 うっ、うっ、うっ・・。

 “行き先は良く調べてから行きましょう”というお話でした。

 
21 : 20 : 43 | 出来事 | コメント(8) | page top
自然のすごさ
2013 / 07 / 15 ( Mon )
羽化してる

 自然ってすごいなと先日とことん思わされたので今日はそのことを書きます。


 梅雨が明けると連日の猛暑。あっという間にセミも地中から這い出し始めました。

 先日も会議に出掛けようとしたら、柿の木でセミが羽化し始めているではありませんか。

 突然、夏真っ盛りなんだなと実感しました。

 しかし、今年はなんだか例年と違います。

 何が違うかと言いますと、脱皮に失敗したセミの数が多いのです。

 もちろん、毎年脱皮に失敗して死んでいるセミはいます(教会の庭にはセミの幼虫がたくさんいるみたいです)が、それでも年に数匹です。

 梅雨明けからそんなに日数が立経っていというのにもう既に4匹見かけました・・。

 昆虫に詳しい友人に聞くと、やはり猛暑のせいらしいとのこと。

 猛暑の何がどういう具合で、どんなふうに脱皮や羽化に影響するのか分かりませんが、自然って過酷なんだなと改めて思わされました。

 庭先に脱皮出来ずに死んで転がっているセミがいるわけですから、子供と一緒に見る事も多々あります。

 昨年、子どもと一緒にセミの羽化を観察して、小3の息子は観察日記をつけたりしただけに、ちょっと切なくな
ってしまいます。

 つい先日、子供たちと出かけて帰ってきた時に、玄関先で転がって動かなくなっているセミの幼虫を子供と一緒に発見しました。

 どうやら、木ではなく玄関先の壁によじ登ろうとして落下し、玄関のアプローチに叩きつけられてしまったみたいです。

 もしかしたら、最後の力を振り絞って木に登るかもしれないと、淡い希望を抱いて脇にそっとどけておきました。

 翌日、見てみると、なんとそのセミは木に登ることはおろか移動することも出来ずに、そのまま地面の上で“脱皮してしまった”らしく、仰向けで手足はもちろん、中途半端に伸びた薄緑色の羽を動かすことも出来ずにそのまま死んでしまっているようでした。
 
 私は自然界の過酷さを考えさせられました。

 背中にほんの少しの割れ目を作るだけで脱皮できずに死んでいくのも哀れだったけれども、のた打ち回って脱皮するにはしたけどそのまま死んでいくセミの生涯もむごいものだと感じたのです。

 すぐにホウキで掃いてゴミ袋に入れるのも気が引けて、せめて上向けにしてあげて日陰に移してあげました。

 するとびっくり、手足を動かしたではありませんか・・。もっとも、かすかにであり、死んでしまうのは時間の問題でした。

 「そうだよなぁ・・」
 
 などとつぶやきながら、所用で出かけて数時間後に帰ってくると、やややっ、今度はどこにもいません。見当たりません。どこにもいないのです。

 「うっそー!!」

どうやら、なんとか地面で羽を伸ばして、どこかへ飛んで行ったようです。

 「凄過ぎ!!!!!!!」

 何日生きられるか、木の汁を一回でも吸えたかどうかも分かりませんが、とにかく嬉しくて仕方ありません。

 自然の過酷さを考えてばかりだったので、改めて自然のすごさを思い知らされた気がします。

 みんながんばれーーー!

17 : 43 : 13 | 出来事 | コメント(12) | page top
暑いですねぇ
2013 / 07 / 10 ( Wed )
くも

 梅雨明けとともに訪れた猛暑・・。

 暑いなぁ~とフェイスブックに書いたところ、アイスランドの友人からコメントが一言。

「話しの腰を折ってすみません。今日も10度しかなく、これが夏かよー、と喚きたい気分です。」

 北半球だから間違いなく夏のはずですが、さすがに北極のそばですからね・・。

 なんだか羨ましいのかなんなのか分からなくなってしまう気温差です。

 足して2で割れるとグッドですが。

17 : 21 : 19 | 未分類 | コメント(2) | page top
教会入口に看板
2013 / 07 / 02 ( Tue )
看板①

 四日市教会の礼拝堂は昭和25年築ですが、伊勢湾台風で被害に遭って昭和35年に増改築して現在に至っています。

 昭和25年当時の礼拝堂の写真を見ると、入り口は南側の会堂正面にありますが、現在は横側に、しかも結構質素な作りで入り口らしくないような作りです。

 増改築のため仕方なかったのでしょう。

 それ以来50年以上もこのままで来ていますが、初めて教会に来られた方には、どこが入り口なのか分かりにくそうなことが分かってきました。

 それで、昨年から議論を重ね、「看板を設置すれば一目瞭然。看板を設置しよう」ということになり、やっと昨日実現しました。

看板②

 板は料理屋さんなどの看板にも使える高級なものを寄付していただくことができましたし、字は書道の先生をされている教会員さんにお願いしました。

 ものすごくローコストなのに、とても贅沢な看板が仕上がり驚いています。

看板③

 さて、問題は取り付け方です。

 漠然と簡単に考えていましたが、なにせ高級な板は重量がありますから、適当にして何かあったら大変です。

 字を書いてくださった方にも申し訳ありません。

 しかも、木造モルタルの壁の強度がどれほどのものか素人には分かりかねますし、うかつなことは出来ません・・。

 そこで、本職の大工さんの登場です。

看板④

 いろいろと苦労されたようですが、何とか設置完了。

 どうですか。
 
 なんとなく良い雰囲気に仕上がりましたでしょうか。

21 : 14 : 30 | 出来事 | コメント(6) | page top
| ホーム |