福笑い

 12月26日あたりからひいた風邪でダウンして、もう2週間ほどになります。

 その間に12月29日、1月5日と2回も日曜日があり、鼻声で鼻水をズルズルさせながらの礼拝でした。

 皆さんには本当に迷惑をおかけしたなと思います。

 それにしても、こんなに風が長引いたのは初めてかもしれません・・。

 今回はいつになく早めに病院に行きましたし、処方薬を飲んでいたことで安心しすぎだったようですね。

 そもそも、風邪にきく薬は無いと言われていますから、基本はやはり休養と栄養を取って、自分の免疫力で回復を待たないとダメだということを実証したような気がします。

 結局、どこにも行かず、家族とひたすらのんびりする年末年始でした。

 上の写真は、妻の手作り福笑いです。

 単純なものですが、結構みんなでワイワイと楽しませてもらいました。

 これだけだと分かりませんが、それぞれのパーツは裏にも違う大きさ形のものが描かれているので、どちら側を選ぶかも勝負所となっています。

 ただし、問題が一つあって、これはどんな置き方をしてもまともな顔にはならないということです。

 結局、必ず笑えるとも言えますが、それよりも何よりも、この福笑いの基本モデルが私ではないと良いなと密かに思っています・・。

スポンサーサイト
プライベート | コメント(6)

剪定待ち

2014/01/02 Thu 17:20

剪定待ち

 教会には良く木が植えてありますが、そういえば私が今まで働いてきた教会(岡山、愛媛、香川)にも風情を感じさせる木がありました。

 振り返って思い出してみると、桜、イチョウ、紅葉、オリーブ、ミルトス、バラなど、結構メジャーな木たちです。

 面白いのは現任地の四日市教会で、実のなる木がメインで植わっています。

 温州みかん(大小2本)、八朔、柚子、柿(大小2本)が中心です。

 それぞれ四季折々の楽しみ方が違っていて、良い経験をさせて頂いている気がしますが、落葉の掃除と剪定殻はどうしても付いて回ります。

 秋の終わりとともに落葉掃除がひとまず終焉を迎えると、今度は枝の剪定の時期となります。

 剪定は時期を間違ったり、切りすぎると木にダメージを与えてしまうので、結構責任重大です。

 実際、2年ほど前に一日がかりでカイズカイブキを頑張って剪定したら、結局切り過ぎだということで、結局根こそぎ撤去することになったのも記憶に新しくあります・・。サツキはうまくいきましたけどね・・。

 いつも手入れをして下さる教会員さんも高齢になられてきたので、私もここらで頑張ってみようかなと思っているだけなんですけどね。

 それで昨年11月には柿の木を2本すっきり剪定し、次はミカンの木やらを剪定しようと手ぐすね引いているところです。

 ところが、年末に風邪をひいて、まで完治していない状態ですから、2月までにしないといけないのにと思いつつ、しばらくは難しそうです・・。

 見上げるとミカンだけでなく、首を長くして剪定を待っている気がいろいろあるみたいですけどね・・。

 しかし、剪定と言えば、木だけでなく自分の心や気持ちも、余分なところを剪定しなくちゃいけないなと、ふとそんな反省じみた思いが頭をもたげます。

 自戒と成長を心がけて2014年はスタートするのぢゃ!!



 
未分類 | コメント(10)

2014年ですね

2014/01/01 Wed 16:29

年明けうどん2014

 皆様あけましておめでとうございます。

 年末に風邪をひいたので養生して来ましたが、結局越年してしまいました。

 「意外と体弱いんですね。」

 とか

 「見かけは元気そうですけどね。」

 とか

 結構、言いたい放題のことを言われていますが、全く反論できませんっ。

 辛い上に辛いことがのしかかるのが人の世の常だと実感します。

 そういえば、子どもの頃、ものもらい(眼の病気ですよ)になったクラスメイトが、自分の眼を指先でグリグリして、片っ端からクラスメイトに“だーれだっ?”ってやって、ものもらいをうつしまわった事がありましたが、あれって“キモチワルイ”とか“カワイソウ”だとか散々言われた腹いせだったのだろうと、今になって思います。

 そう思うとその罪は許してやらねばと思います。

 もっとも、40年程前の出来事でとっくに時効ですし、その時、私はうつされなかったので全く論外かもしれませんが、それでも、心の底から許してやろうとの思いがわいてきたのは、正月早々なかなか気分が良いものです。

 何となく自分の罪も誰かに許されているかもしれないという気がするからかもしれません。

 まったく自分勝手な言い分を展開していますが、それもまた良しということで・・。

 上の写真は我が家の定番“年明けうどん”。

 正月の昼食はこれと決めています。

 今年も皆さんにとって良い年でありますように。

プライベート | コメント(2)
 | HOME |