01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ハードディスクがどうしたって?

2014年02月28日
 愛用のノートパソコンに見慣れないメッセージが・・。

 どうやらハードディスクが危ない状態になっているそうです。

 ええっ、そんな・・と思いつつも、少し思い当たる節が・・。

 もちろん、ウィルスとかではありません。

 冬場の書斎はめっちゃんこ寒いので、台所や教会に山のような本とパソコンを持って行って仕事をしていることもあり、私のノートパソコンは移動がやたらと多いのです・・。

 先日、いつものように台所で仕事を終得たと思ったら、時々現れる“○○の更新中です。電源を切らないで”の文字が画面に出でいるではありませんか・・。

 こちらとしては、妻の夕飯支度の邪魔をしないようにと、テキパキ片付けたい時でしすから少しイライラしながら待つ羽目になりました。

 問題はそのシチュエーションです。

 画面が暗くなったので、やっと更新が終わったと、手際良く本やノートパソコンを書斎に運んで片付けたのでした。

 と、その時、デスクにパソコンを置こうとした瞬間、ハードディスクの回っている音が聞こえました。

 ああっ、聞こえたには聞こえたのですが、動作は終わる直前だったものですから、もう時すでに遅し、ストップモーションは無理でした。

 ドン!
 
 ほんとうはそっと置いたのですが、ハードディスクの回っている音を聞いた私にしてみれば、それはまさにドン!以外の何物でもありませんでした。

 そうなんです。

 その翌日にハードディスクエラーの表示が出始めたのです・・。

 長男に電話で尋ねると、自分でハードディスクを交換したらいい、と簡単に言われたので、父としては引き下がるわけにもいかず、今回は自分でリカバリーだの再インストールだのハードディスクの交換などをしようと思います。

 手間取るかもしれませんけどね・・。

 みなさん、陰ながら応援していてください。

スポンサーサイト
出来事 | コメント(4)

敗北感よさようなら

2014年02月25日
ホットカーペット分解

 重宝しているホットカーペットが壊れてしまいました。

 教会の影になって陽の当たらない牧師館リビングの必需品であり、家族団欒の必須アイテムでもあるホットカーペットが壊れるとは一大事件勃発です。

 特に朝夕は命綱的アイテムですから、無いということは考えられません。

 早急に買い替えなければ!(修理はちょっと無理っぽい気がしますし、修理出来たとしてもその間困ります)

 もっとも、パナソニックや三菱電機の高い奴ではなく、カインズホームブランドの、しかも、本体のみのものに買い替えるので経済的には少しの打撃で済みそうです。

 しかし、問題は壊れたホットカーペットの処分方法です。

 ただのカーペットならどうということはないのですが、相手は“ホット”の付くカーペットです。

 ほっとなんかしてられません。

 四日市市から配布されているゴミ分別表を見てもホットカーペットなんか載っていません。

 電気製品には違いないので、金属ゴミの日に出してみました。

 すると・・・・・・・。

 見事にゴミ収集箇所に取り残されているではありませんか・・。

 となると、埋め立てゴミということになります。

 なになに、各自で埋め立て処分場に持っていくしかないのか・・。

 敗北感と手間の重圧という精神的打撃を感じる私でありました。

 と、そういうことで、分解することにしました。

 手間ははるかにかかりますが、せめて敗北感からは開放されたいとの心の叫びが、私をそうさせたのでしょう。

 早い話が、“ホット”と“カーペット”を分離させてやれば、金属ゴミと燃やせるゴミで出せる訳です。

 しかし、やってみるとこれが大変。格闘という言葉しか当てはまりません。

 粉やホコリにまみれながら解体し、袋に仕分けし、掃除が終わるまでに1時間以上もかかりました。

 結局得したのか損したのか不明ですが、達成感を少しだけ感じられたのは確かです。

 
プライベート | コメント(2)

そうでしょう、そうでしょう

2014年02月24日
剪定

 やっぱりね。昔から庭仕事のご奉仕をして下さっているIさん、残っているミカンの木を剪定してくださいました。

 日曜日の午後は幾つか会議がありますが、昨日、その後で剪定しますということでした。

 このままだと私が切ることになってしまうし、私には任せられないと判断されたのでしょう。

 私はどの程度の大きさまで切るかの指示と、はらった枝を捨てやすいように細かく切る役割しかさせて頂けませんでした。

 さすがにこの前のは切りすぎでしたからね・・。

 「ブログに私が剪定したミカンの木の写真載せたら、いろんな人から『切り過ぎだ』と言われましたよ。」

 と言うと、そうでしょう、そうでしょうと言わんばかりの笑みで頷いておられました。
 
 でも、楽しい日曜日の午後を過ごせ多様な気がします。

出来事 | コメント(0)

昭和は遠くに・・

2014年02月21日
バーハンドルのミゼット

 先日、子どもたちと四日市市立博物館へ、プラネタリウムを観に行ったところ、玄関を入ってすぐのロビーに懐かしい車が展示されていました。

 そう、「街のヘリコプター」こと、ダイハツミゼットです。

 しかも、ピカピカ。

 運転席を覗いてみると、バーハンドルで一人乗り仕様。

 そう、1957年に発売開始されたDK型それもDKAですね。

 私が子どもの頃、ダイハツミゼットを良く見かけましたが、さすがにこのパーハンドルのものは少なかったのを覚えています。

 冷静に今、見直してみると、最近はやりのビッグスクーター、いや三輪だから“トライク”みたいなものですよね。エンジンは250㏄ですし。

 トライクというのは、バイクの後ろを二輪に改造した三輪バイクで、普通免許で乗れるとあってなかなか人気があるようです。

 しかし、このミゼットは、そんな遊び車と比較してはいけない気もします。

 当時の軽自動車は比較的簡単に取得できる軽自動車免許で運転でき、しかも、車検が免除されていましたから、零細企業や個人商店などのニーズに応える車として、高度経済成長に向けて大活躍しました。

 短期間で消えて行った車ですが、なかなか日本の歴史に関わっているヤツなのです。

 ・・・・・・・・・・・。

 しかし、この日の目当てはあくまでプラネタリウム。

 妻も子たちも、特設展の“昭和の暮らし”など一切関心がありません・・。

 そりゃあそうでしょう、懐かしくもなんともなければね・・。

 という訳で、昭和の暮らし展は見ず、プラネタリウムだけ観て帰りました。

 昭和は遠くになりにけりですな・・。


プライベート | コメント(8)

この数日

2014年02月19日
14日朝

 14日は全国的にすごく雪が降りましたね~

 四日市でももちろん降りましたよ。

 当日の朝は資源ごみの当番だったので小学校横のごみ置き場まで歩きましたが、さすがに長靴が要りました。

 こんな日は出歩けません。お勤めの方はそうはいきませんが、職場と住居が同一敷地内にある牧師は、出歩けそうになければ“出歩かない”と決めれば良いというメリットがあります。

 ですから、年に数回雪が積もる日のためだけにスタッドレスタイヤは用意していません。

 年に数日、出歩かなければ良いだけなのです。

14日昼

 しかぁし!!今年はそうはいかないと妻がのたまいます・・。

 そうでした。今日はバレンタインデー。チョコレートよりケーキのほうが楽しいし、みんなで一緒に食べられるしということで、今年は家族みんなが大好きなチョコケーキを予約していたのでした。しかも、午前中引き取りという選択。

 「歩いて買ってこようか?」と提案しましたが、夫にバレンタインのもの買ってきて貰う訳にはいかないと言うことで、結局、ノーマルタイヤ(雪国で言うところの“夏タイヤ”)で一緒に出かけることに・・。

 ま、FF(フロントエンジン、フロントドライブ)だし、ABS(アンチロックブレーキシステム)付いてるし、大通りと高低差の無い道を選んでゆっくり行けば何とかなるだろう、という楽天的考えですけどね。

 何かあったら大変なので少しヒヤヒヤしましたが、予想通りみんなノロノロ運転で、何の問題も無く帰ってこられました。

 しかし、もう雪の日のお出かけはやめよう。

15日松阪教会

 さて、翌日15日(土)は松阪教会で三重地区役員研修会です。

 雪を心配しましたが、国道23号線に雪は残ってなくて助かりました。

 しかし、伊賀や名張の人たちは雪がすごくて来られない人続出・・。

16ia.jpg

 さて、その翌日16日(日)は三重地区の教会は講壇交換日で、説教者である牧師は自分の教会以外の所でご奉仕です。

 私はお隣の桑名教会。

 「先生、お気になさらずバイクでどうぞ。」と、言ってくださっていたので、安心してバイクで出かけました。

 しかし、片道12㎞と近いため、早く付き過ぎてしまい、近くの長良川に寄ってしばしのんびり過ごしてみました。

 向こうに見えるのが絶叫マシーン数の多さで有名なナガシマ・スパーランドです。

16日長良川河口堰

 なんとかという公園を歩いてみたり、本多なんとかという武将の銅像を見たりと、ちょこちょことその辺りを散策して、桑名教会へ。

 向こうに見えるのが長良川河口堰ですね。

16日桑名教会

 まだ新しい礼拝堂はとても良い雰囲気がします。

 歓迎していただいて、一緒に礼拝して、ご馳走だけでなくお土産まで頂いて帰途につきました。

 なんだか文章も慌ただしくなってきましたが、実はこの日は慌ただしかったのです。

16日四日市教会

 そう、実はこの日、四日市教会では講壇交換の説教者である上野教会の高田先生に残って頂き、午後から信徒修養会を持っていたのでした。

 これに合流するため、私もそれなりに急いで帰らねばならぬという訳です。

 決して、バイクで23号線をかっ飛ばしてはいませんよ~ 多分・・。

17日東名阪国道

 修養会も無事終えて・・思ったのも束の間。翌日17日(月)は伊賀市の愛農高校へ行ってきました。

 愛知西地区と三重地区合同で青年修養会を、今夏、愛農高校で持とうという企画があるのです。

 東名阪道には雪も無く快適と言いたいところですが、風が強くて結構大変でした。

 さすがに真冬の片道72㎞は体力が要ります。しかし、バイクに乗ってない私なんて考えられないのでした。

17日愛農高校

 愛農高校は無教会派の高校で、畑での農作業はもちろん、鶏、豚、牛なども飼育している全寮制の高校。

 名実ともに自然と共生している教育現場なのです。

 この日は十分見学させていただき、良き下見になりました。

17日愛農高校牛舎

 夏はきっと素晴らしい体験が出来そうで、わくわくしながら帰ることができました。 

 ということで、この数日間はめまぐるしい日々でした。

 おしまい。

行事 | コメント(4)

切り過ぎでっか・・

2014年02月10日
みかん剪定後

 ちょっと前に剪定したミカンの木。

 わんさか茂って大木になっていたので、がんばってみましたが、切りすぎたようです。

 いつも庭木の手入れをして下さっているIさんが木を見て寂しげに一言。

 「これだと・・あと、2~3年は実が付きませんね・・。」

 すっみまっせぇ~~ん・・<(_ _)>

 ミカンの木は後2本あって、さあ次はいつ切ろうかなと思っていましたが、切りにくくなってきましたよ・・。

 でも、左手の中指の爪もノコギリデ切ってしまっているので、(ちょっと怖くて)しばらくは出来ませんが・・。

楽しみ | コメント(7)

げげっ!一か月ぶり?

2014年02月07日
教会前朝日

 年越しの風邪に始まり、先日は血尿が出て大慌てしたりと、なんだか不健康なこと続きの2014年です。

 あ、血尿は尿結石ということで、大したことありませんでしたから、ご安心ください。

 でも、最初は焦ったんですよ。

 痛みも残尿感も無かったので、まず石じゃないなと思ってしまったから、腎臓の良くない病気じゃないかとか・・。

 レントゲンにも映らなかった石が、CTスキャナでやっと判明した時にはホッとしましたよ。

 いろいろと考えていたら、1ヶ月くらいブログから遠ざかっていました・・。

 書こうと思っていたこともいっぱいありましたが、今となっては旬を過ぎてしまったので、荒れもこれもまたいつかの機会に。

 失敬しました・・。

未分類 | コメント(10)
 | HOME |