2014 09 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2014 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
明日からアドベントですが・・
2014/11/29(Sat)
下り坂

 早いもので、明日で11月が終わります。

 あっという間に12月で、12月と言ったらクリスマスです。

 さすがに教会ではクリスマス関連行事が多いので、これから気を引き締めてかからなければなりません。

 いやいや、ちょっと待って。

 明日は11月30日ですけれども、早速明日からクリスマスの始まりでした。

 正確にはアドベント(待降節)という、クリスマスを迎えるための準備期間の始まりです。

 ツリーやクランツ、リースやその他さまざまな飾りを飾るのも明日から始まるのです。

 いろいろ大変だぞ・・。

 あっ、そうか、明日には飾り付けていないといけないということは、今日しなければならないということではないか・・。

 今から少しがんばろうっと。

 あ、ちなみに明日の礼拝後は、年に数回のお楽しみの会(第五の会)をする日で、なんと讃美歌を心行くまで歌う企画です。

 なんだか歌声喫茶の讃美歌版みたいですけど、ちょっと楽しみにしています。

スポンサーサイト
この記事のURL | 行事 | CM(2) | ▲ top
ジェンダー・・
2014/11/26(Wed)
光る浜

 今日は水曜日の聖書の学びの後、婦人会の三役さんたちとこれからの行事についての打ち合わせをしました。
 
 諸々の行事で、食事の準備などがあるからです。

 たちまち12月7日(日)は大掃除ですし、12月10日(水)には視覚障害の方々との合同クリスマス礼拝、12月21日(日)はクリスマス礼拝・祝会、1月11日(日)には修養会が予定されています。

 この前、チャペルコンサートや収穫感謝日・ミニバザーなどが終わったと思った所なのに、矢継ぎ早に行事が目白押しではないですか・・。

 それにしても、食事の準備はただちに婦人会という発想に、私なんかは違和感を感じますが、ご婦人方は全くそういう考えは無いようで、助かっているのか問題を先送りしているのか不思議な気がします。

 前時代的な気がしますが、いかがなものでしょうか・・。

 私にとっての課題ですね。

 
この記事のURL | 思ったこと | CM(2) | ▲ top
何年ぶりかしらん
2014/11/25(Tue)
松阪牛で

 思いがけずすき焼き用の松阪牛を頂いたので、我が家にしては珍しく(何年に一回というレベルですから)、昨夜はすき焼きになりました。

 実はすき焼き用の鍋を持っていませんし、卓上ガスコンロさえ持っていません。

 ですから、お肉を追加するたびに(と言っても1回だけでしたが・・)、ガスコンロに持っていきます。

 鍋のように見えるのは、フライパン(というか中華鍋に近いフライパン)です。

 しかし、冷静に観察してみると、お肉どころか大根やニンジンにネギ、ご飯まで頂いたお米を炊いたもので、我が家で買っていたのは豆腐1丁とこんにゃく1枚のみ(しかも、その豆腐とコンニャクは冷蔵庫にたまたまあったもの)。

 そういえば、玉子も頂き物でした。

 う~ん、いろんな方にお世話になっているのね・・。

 あちこちからキューリばかり頂いて、冷蔵庫の中にキューリが26本なんて時もありますが、それぞれを組み合わせてすき焼きになったなんて初めてです。

 ほんとうに感謝ですね。

 あ、ちなみに我が家では、途中で“うどん”を入れるのではなく、“そば”にすることが多いです。

 うどん大好き人間なのですが、すき焼きにはそばのほうがベストマッチしますから。


 

 
この記事のURL | 感謝 | CM(4) | ▲ top
気にすることなく
2014/11/24(Mon)
葉影

 今日、納骨式がありました。

 葬儀も火葬も決定的な別れの現実を突きつけられる時ですが、納骨式はまさに究極的な別れの現実を実感させられる時と言えます。

 遺族はもちろん、墓地に集まって下さった方々との、人生上の関わりやその濃さ、重さ、深くて広いつながりの歴史や事実の積み重ねなどを思わされます。

 とても、厳粛な時間を過ごさせていただきました。

 そんな帰り道、マザーテレサの「あなたの最良のものを世に与えなさい」という言葉を思い出したので、以下に記します。

 故人はそんな人でした。


「あなたの最良のものを世に与えなさい」マザー・テレサ

人は不合理、非論理的、利己的です

気にすることなく、人を愛しなさい

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと思われるでしょう

気にすることなく、善を行いなさい

目的を達成しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう

気にすることなく、やり遂げなさい

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう

気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう

気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう

気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう

気にすることなく、助け続けなさい

あなたの最良のものを、世に与えなさい

けり返されるかもしれません

でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい


この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
ぽかぽか
2014/11/22(Sat)
ススキ縦

 今日はぽかぽか暖かい、絵に描いたような小春日和でした。

 気温が違うだけで穏やかに気持ちになれたようで、不思議な気がします。

 案外、気の持ちようで、何もかもうまく行ったり、行かなかったりするものなのかもしれません。

 美味しいものを食べたり、人に親切にしたり、希望を数えたりしてみましょうか。

この記事のURL | 思ったこと | CM(0) | ▲ top
コスモス見つけた
2014/11/21(Fri)
こすもすです

 小春日和にコスモスを見つけた

 もう寒いよ、大丈夫?

 僕なんか、とっくに冬用のバイクジャケット着てるのに・・
 
 でも、思いがけずにまた会えて、なんだか嬉しいよ

 じゃあ、またね

 
この記事のURL | 出来事 | CM(4) | ▲ top
越冬蛹
2014/11/17(Mon)
越冬蛹

 ホントに寒くなってきたなと実感しつつ庭を掃除していると、ミカンの木になにやら見慣れたような物体がくっついています。

 あれ、サナギじゃないの・・。

 よくよく見直しても、どこからどう見てもアゲハのサナギです。

 ・・・・・・・・・・・・。

 この時期に、この色のサナギ・・。

 越冬サナギというやつですね。

 ちゃんと羽化できるのかしらん・・。

 雨露や虫食いなどが心配です・・。

 かといって暖房のきいた部屋とかに移動させてはいけないし、手の出しようがありません・・。

 とりあえず、見守り続けましょう。
この記事のURL | 出来事 | CM(6) | ▲ top
広いのか狭いのか
2014/11/15(Sat)
狭い空

 空は広いのか狭いのか

 私の心は広いのか狭いのか

 あなたの優しさは広いのか狭いのか

 子供たちの希望は広いのか狭いのか

 私たちの世界は広いのか狭いのか

 本当は全部広いはずなのですよ

この記事のURL | 思ったこと | CM(2) | ▲ top
寒くなってきましたね
2014/11/13(Thu)
寒くなってきましたよ

 今年は冷えるとき“グッと冷える”の繰り返しでしたが、今日は天気予報通りムチャクチャ冷え込みました。

 秋も深まり過ぎて、冬がすぐ近くまで来ている実感さえします。

 寒暖の差が大きくないと紅葉の発色が良くないと言いますが、今年は例年に比べて鮮やかな赤色をよく見かけます。

 ということで、今年の冷え方は、まさに紅葉好みの冷え方だったということでしょうか。

 寒さが少々厳しくても、やっぱり、紅葉はこうでないとね・・、というようなことも思いますが、ひとたび教会の庭を眺めると、散らかった落ち葉の現実を前に、色がどうのこうのなどと言っていられなくなります。

 そう、この時期、日課の掃き掃除の効果も、わずか数時間で無に帰る有様なのです・・。

 こまめに掃くべきか、いっそ一日飛ばしにしてしまおうか、それが問題だ・・。

 ・・いえいえ、毎朝掃かないとみっともないことになります。

 そうなのです・・。

 ということで、寒さと戦いながら、明日の朝も庭を掃くのでありました。

 秋を体いっぱいで感じてやるのだ。

 いつの間にか冬になっているだろうけど・・。



 
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
じっと眺める
2014/11/12(Wed)
津の海岸

 腰かけて夕日を眺めたり、海を見つめたり、そんなことが少なくなってきたなあと思います。

 夕日があんまり大きくてきれいに見えるから、自転車を停めて友人としばらく見入ったこととか、友人たちと浜辺に座って波の前で何時間も語り合ったこととか、虹を見るためにわざわざ車を停めてたこととか、昔はよくあったものです。

 高校生の頃、学生時代、青年期・・。

 時間を忘れて・・。

 若かったなぁ・・。

 小豆島にいた4年間は、確かに毎日海や山を眺めて暮らしたものですが、それは環境そのものがそうだったからで、社会人になってから現在に至るまで、紅葉狩りなど自然を求めて出掛けない限り、山も海も林も無縁の世界に生きています。

 いや、自然の中に身を置いたとしても、かつてのようにじっと見入ったり、時間を忘れて物思いにふけったりすることなどありません。

 無駄に思えるような時間がすべて無駄でないこと、むしろかけがえのない豊かささえあったのになと思わされます。

 そんなことにも気付かなかったなんて・・。

 出掛けることが難しいなら、せめて星空でも眺めてみようかなと、ふとそんなことが頭を過りました。


 
この記事のURL | 思ったこと | CM(0) | ▲ top
巣蜜がスーパーに
2014/11/11(Tue)
巣蜜

 先日、妻とスーパーマーケットに行きました。

 ショッピングモールなどではなく、ごくごく普通のスーパーです。

 最近では、たまにしか一緒に行きませんが、娯楽の少ない我が家では、スーパーの買い物さえ娯楽扱いのようなもので、時々二人で行きます。

 一人だと、必要なものだけ見て、さっさと帰ってしまうものですが、二人だとついついいろいろ見て回ってしまい、そういうのも楽しいものです。

 妻がすごいものを見つけました。

 巣蜜です。

 聞いたことはありますが、普通のスーパーで売ってることに二度びっくりです。

 2千円以上するので高そうですが、多分巣蜜としてはお手頃価格なのではないでしょうか。

 と言っても、買いませんでしたが・・。

 あ、つい写真を撮ってしまいましたが、店内での撮影ってしちゃダメだったかな・・。
 
 もしそうならごめんなさい。

 いつか買ってみたいと思います。

この記事のURL | 出来事 | CM(2) | ▲ top
今日を生きて
2014/11/09(Sun)
西の空山の端

 今日をありがとう

 今日の出会いをありがとう

 今日の仕事をありがとう

 今日を生きてありがとう

 今日があってありがとう

 今日が今日でありがとう

 今日というだけでありがとう

 今日をありがとう
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
そろそろクリスマスの準備ですかね
2014/11/08(Sat)
もうクリスマスですか

 つい先日、少し時間に余裕ができたので、古本屋さんを目当てに、桑名のショッピングセンターまで足を延ばしてみました。

 しかし、入り口ホールに入ってびっくり! クリスマスツリーが乱立しているではありませんか。

 ほんとにもう、えっ、もう、クリスマスなの?ですよ。

 どこでもかしこでも、最近までハロウィーン一色で、年々大げさになってきているななんて思っていましたが、10月31日を過ぎれば、クリスマスですか・・。

 イエス様もびっくりですね。

 しかも、教会と全然関係ないところと聞けば、二度びっくりされるはずです。

 教会では11月に永眠者記念日や収穫感謝日などがあって、(今年は)11月30日からアドベント(待降節)つまりクリスマスに備えるシーズンが始まりますからね。

 でも、昔は教会で使いたいクリスマスグッズなど、なかなか手に入らなかったことを思うと助かりますけどね。

 クリスマスツリーや飾り、プレゼントなど、品数も豊富になってた来ましたし、なにより安く手に入るようになりました。

 ただ、昔から欧米にあるようなグッズは手に入れるのも大変ですし、値段も張りますけどね。

 もちろん、礼拝堂に飾るようなものは今でも手作りしています^^

この記事のURL | 行事 | CM(0) | ▲ top
どこか遠くに
2014/11/07(Fri)
線路四日市駅北

 私の場合、移動する時は基本的にバイクか車なので、公共交通機関にはほとんど馴染みがありません。

 ですから、駅の改札口やホームなど聞かれると、詰まってしまうことがしばしばあります。

 たまに名古屋まで電車を使うことがあっても、教会から歩いて5分で行けるJR四日市駅しか使わないので、近鉄四日市駅に関しては殆ど未知の世界みたいなものです。
 
 バスに至っては、全く別世界の乗り物です。 

 ですから多分、私は都会では生きていけないような気がします。

 多分、電車が嫌いというか苦手なのでしょう。

 子どもの頃、電車・・じゃなかった、四国は当時電化されていませんでしたから、いわゆる汽車(ディーゼル機関車)に乗って遠出すると、決まって乗り物酔いになったり、頭痛に悩まされたりしていたので、それがトラウマになっているのかもしれません。

 いやいや、そういえば、四国の鉄道は過酷でした。

 路線の殆どはカーブの多い山道なので、特急と鈍行の違いはスピードではなく、停まる駅の数だったり。
 
 ほとんどが単線なので、行き違いの列車待ちでイライラさせられるのは当たり前。

 トンネルの前で窓を閉めないとディーゼルの煙が入って来ますし、酒を飲んだり煙草を吸ってる親父さんはごろごろいたので、トンネル以前に空気は良くありません。

 おまけに海辺も山の中も、景色が良いと言えば良いのですが、とても快適な道、いや線路状況ではなかったですね。

 おまけに、こちらとしてはお楽しみで乗っているのではなく、親の都合に付き合わされているようなものですから、そんな環境の中で、何時間も揺られる旅はストレスが募るばかりです。

 そうですね・・やっぱりその頃のストレスを体が覚えていて、電車を避けるようになったのかもしれませんねぇ・・。

 でも、時には電車の旅も良いかなって、ふっと思うこともあるのです。

 歳ですかねぇ・・。

この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
収穫の秋
2014/11/06(Thu)
収穫2014

 毎年、この時期になると鳥たちの鳴き声が気になります。

 というのも、四日市教会には柿の木とミカンの木が2本ずつあるからです。

 鳥たちにしてみれば恰好の餌場なのでしょう。

 この辺りに獲物となる木は少ないですからね(何軒かはありますが)。

 それにしても彼らは熱心で、随分前から熟れ具合を偵察するためしょっちゅう来ています。

 いろんな種類の鳥の鳴き声があちこちから聞こえ始めると、彼らはどう判断しているのだろうかと気になって落ち着けなくなります・・。

 収穫が1日遅かっただけで総横取りされるかもしれませんし、かといって早すぎると美味しくありませんから、収穫時を見極めるのは結構神経を使います。

 とは言っても、的確なデータなどありませんから、結局は野生のカンに頼ることになります。

 ということで、今年は少し早目となりましたが、昨日のうちに柿もミカンも収穫しちゃいました。

 収穫した後で、ご近所さんの柿の木がほとんど鳥に食べられたと聞きましたから、絶妙のタイミングだったのかもしれません。

ミニバザー

 いつもはタダで配っていますが、礼拝堂の耐震補強もしくは建て替えが検討されているということで、ミニバザーに出すことにしました。

 たいした収入になる訳ではありませんが、安く買うのも楽しいかなと(タダでも良いのですが)・・。

 ちなみに今年の収穫感謝日は11月23日(日)です。

この記事のURL | 出来事 | CM(4) | ▲ top
自分の言葉
2014/11/04(Tue)
礼拝堂椅子と窓

 「自分を信じて頑張る」

 とか

 「なんとかなるさ」

 という言葉は、

 相当努力を積み重ねている人の言葉なのだろうな。

 でも、その言葉だけが独り歩きして、

 現実を見ようともしない、ごまかしの言葉に成り下がっている事例をよく見かける。

 「くっそー」

 「あ~あ」

 「まだまだだーーー」

 「うぉりゃあー」

 「ま、いいか・・」

 何でもいいから、 

 借り物ではない、自分の言葉を積み重ねていくことの大切さを思う。

 

この記事のURL | 思ったこと | CM(0) | ▲ top
サルノコシカケ
2014/11/03(Mon)
さるのこしかけ

 木の切り株に、無数の“さるのこしかけ”発見!
 
 これをちんと育てて大きくすれば、漢方薬のお店なんかに高く買い取ってもらえるのかしらん。

 などという考えが頭をよぎりそうですが、数あるサルノコシカケの中でも、マンネンタケ科に属するものだけが漢方薬として重宝されると言いますし、売り物になるには成長具合などの基準も厳しいみたいです。

 ということで、これらのサルノコシカケはほとんど価値なしということでしょうね。

 でも、家に帰ってきてから、マンネンタケ科かどうかなんて確かめたわけではないし、あれだけあったのだから、そのまま育てれば値の付くものもあったかもしれない・・などと、欲深い思いが浮かんでくるのでした。



 
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
そのまま
2014/11/02(Sun)
どんぐり

 子どもの頃、“どんぐり”って“木の種”だと思っていましたが、厳密には“果実”なのだそうです。

 言われてみれば、種らしくありません。

 でも、果実と言われてもピンと来ないのも事実です。

 種でも果実でもどっちでも良いじゃないかというのが、限りなく正論な気がします。

 第一、どんぐり自体、種か果実かなんて考えることも悩むこともありませんから。

 しかし、人間は、何と型にはめようとすることが多いことか・・。

 自分自身も誰かも、型にはめて考えようとする。

 品定めをする。

 品評する。

 優劣をつける。

 優越感、劣等感、無気力・・。

 どんぐりは自分の名前が人間によってどんぐりと名付けられていることも知らないし、気にもしていません。

 鏡を見ても、瞑想しても、自分自身のすべては分からない以上、自分は自分で良いのかもしれません。

 そのままの自分以上のものは、すべて不必要なもののような気がしてきました。

 
この記事のURL | 思ったこと | CM(6) | ▲ top
このままもいやだ
2014/11/01(Sat)
御在所と夕日jpg

 しばらくブログから遠ざかっていました。

 逃げていたのかもしれません。

 なんだか最近、“自分らしくない自分”を感じたり、“いやそれこそが自分じゃないのか”とか、“全部ひっくるめて自分であることに違いない”とか、少しばかり悶々としています。

 多くの方に、ブログの更新が滞りがちだと言われるようになって2年近く経ちます。

 確かに、写真を撮ることも少なくなっていますし、仕事以外に割ける時間が激減してきているのも事実ですが、思い当たる節は一つあります。

 フェイスブックを誘われるままに始めてしまったこと。

 全国各地にいる友人の近況をリアルタイムで知ることが出来たり、30年以上連絡が取れなかった友人との再会があったりと、それはそれで楽しさを味わうことができて良かったのですが、みんなの文章を読んでいると、自分の文章が見劣りしているようで、文章を著わすことに嫌悪感のようなものを感じ始めてしまったのです。

 もちろん、フェイスブックはある程度閉ざされた世界で、自由に発言できる場ですから、ブログやホームページとは一線を画しているのはわかります。

 分かってはいるのですが、尻込みする自分もいる、自由な時間も少なくなってきた、写真も撮ってないな・・と、負のスパイラルです・・。

 何とかここから脱却したいなあ。

この記事のURL | 未分類 | CM(6) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。