03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

自動翻訳

2015年04月26日
自動翻訳

 四日市教会には外国の方がよく来られます。四日市に工場が多いことが関係するのかもしれませんが、留学生や語学の先生なども過去に来られているので、そればかりが理由という訳ではなさそうですが。

 昔、愛媛県松山市で牧師をしていた頃、日本語の苦手なアメリカ人夫妻が来られていて、説教を英訳していたという経験があります。もちろん、英語の苦手な私が英訳すると、とんでもない訳になりそうなのと、英語の達者な教会員さん数名おられたので、もっぱら彼らのお世話になっていました。三人にローテーションを組んでいただいて、私は木曜日の夜までに説教の原稿を仕上げるようにしていました。

 これは私の牧師人生に大きな影響を与えるものだったと思います。箇条書きしたメモ書きで説教する牧師もいますが、この時点で完全原稿を仕上げる習慣が身に付いたこと、木曜日までに説教の完全原稿を準備することです。

 完全原稿は当日の時間調整が楽で、話が長くなりすぎることも無くなりますし、大切なことを言い逃してしまうことも無くなります。何より、当日のひらめき具合とか体調に左右されることがありません。そして、毎週木曜日までに説教の原稿を仕上げる作業は当初、相当苦痛でしたが、週末に余裕ができるメリットは計り知れないものがありました。私もそうでしたが、牧師のほとんどは土曜日に説教準備をします。そうすると、翌日に礼拝本番が控えているため、半ば強迫観念みたいなものを感じながらの作業となりがちなのです。もちろん、思考を深め、瞑想したり、いろんな本を読んで刺激を受けたり、熟成期間が必要なので、そう簡単に準備はできません。そこで、私は通常の概念を覆して、説教準備開始を、その週からではなく前の週の金曜日から始めることにして乗り切りました。

 これは英訳の必要の無い教会に赴任しても習慣となり続いてきました。おかげで、突然の葬儀や自身の病気の時に、対処できた経験は大きいですね。

 話がそれてしまいましたが、四日市に来てから、またもや外国語訳の説教原稿が必要になってきました。今度は翻訳奉仕者が見つかりません。そこで、ヤフー翻訳やグーグル翻訳という、インターネットの自動翻訳機能のお世話になることにしました。

 しかし、皆さんご存知のように、結構でたらめな訳に仕上がってしまうのが難点です。「無理だろう」「使えんだろう」「話にならないだろう」などと酷評されますが、よく考えてみると、自分が好き勝手に書いた文章をそのまま翻訳するからそういうことになるのではないかと、思い至りました。そうです。自動翻訳することを前提とした、短くてシンプルな文章にしてしまえば何とかなるのではないかと考えたのです。

 自分の文章の難しそうな漢字や言葉の言い回しを優しくし、文章を短く分け、シンプルな文書に書き直して、自動翻訳してみたところ、「なんとなく分かるよ」「よくわかる」などと、それなりの好感触を得られるようになりました。

 三つ説教を準備するくらい面倒な作業ですが、語学の苦手な私に出来ることはこんなことくらいなので仕方ありません。それにしても、今は中国語とタイ語の説教を準備していますが、少し前なら絶対不可能だったと思います。そう思うと、ちょっとの努力で何とかなるのですから、すごい時代になったものだと嬉しくなります。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(2)

謎のプリント

2015年04月18日
子供のプリント

 小学生の息子たちは、毎朝リビングで勉強しています。別に親である私たちがそうするように指導した訳ではなく、いつの間にか自分たちで勝手に勉強する習慣になってしまったようです。子供たちに言わせると、公文やこどもチャレンジを朝しておくと、放課後は宿題すれば良いだけになるから楽なんだとか。自分の子供時代と比べるとあまりの雲泥の差に戸惑いますが、「お父さんは勉強そんなにしなかったけどな」などと言うわけにもいかないので、いつもニコニコ見ていることにしています。それにしても毎朝6時半に起きて、朝食の7時まで勉強するなんて、私には考えられません・・。しかも、土日祝日までもその習慣がになっているのは驚き以外の何物でもありません・・。

 今日は土曜日ですが参観日も給食もある登校日でした。ゆとり教育が終わって、土曜授業が少しずつ増えていくと聞いていますが、今日はまさにその土曜授業なのでした。もちろん、子供たちはいつもと変わらない朝ですが、子供たちが登校してからリビングの机の上にプリントが広げられたままになっているではありませんか。ははぁ~ん。さすがに土曜日はちょっと勝手が違ったか。とかなんとか思いながらプリントを覗いてみました。公文のプリントのようです。いや、真ん中のものは二色刷りですから、学校で配られたものか通信教育のものかもしれません・・。

子供のプリント2

 でもって、じぃ~っと、眺めてみると、やややっ、なにこれっ?!へんてこりんな設問だなぁ・・。しかも、一問二問だけじゃありません。全部へんてこりんです。何これ・・。

 で、よくよく見てみるとマンガ雑誌の付録だということが分かりました。ふざけた付録もあるのね・・。ちょっと面白いけど、爺さんばあさんに見せたら何か言われるなと思ってしまいました。でも、私も何か作ってみようかな・・。



 
プライベート | コメント(6)

ミニチュア風

2015年04月13日
tiltshift_DSC_0196-2.jpg

 何年か前に行った“なばなの里”のチューリップ畑の写真です。

 おもちゃみたいですが、普通の風景写真です。

 実は普通の写真をミニチュア風に加工ただけなのです。

 向こう側とこちら側をピンボケにするだけですが、

 目の錯覚で、ジオラマみたいになるのが不思議です。

 
楽しみ | コメント(0)

2015年04月11日
虹でっかい

 虹を見るとなんだか幸せな気持ちになります。

 何の前触れもなく、突然、見えるからでしょうか。

 心のような、晴ればかりでもない暗い空に、突然広がるからでしょうか。

 虹色はあんなに淡いのに、なんだかとてもまばゆく感じます。

 だからでしょうか。

 知らない人にも「虹が出ていますよ」と教えてあげたくなるのは。



 
未分類 | コメント(2)

ハナニラ

2015年04月09日
ハナニラ

 このハナニラは四日市教会の花壇のもので、毎年、たくさん花を咲かせてくれます。

 そういえば、5年前に四日市に来た時、このハナニラが花壇いっぱいに咲いている様子が、どことなくはかなげで、もの悲しさを漂わせているように思えたのを思い出します。

 引越し屋さんの都合等で、息子の幼稚園の卒園式翌々日に引っ越したこともあり、小豆島の幼稚園や教会、近所の方々との別れの寂しさを引きずってましたし、(私も妻も四国の人間なので)三重県が遠くに感じたり、知り合いが全くいない土地だけどちゃんとやっていけるだろうかとか、言葉にしていなかった寂しさや不安が、このハナニラを見たらこみ上げて来たのでした。

 確かに、花言葉は“悲しい別れ”とか“耐える愛”ですから、そんな風に感傷的になってもおかしくないのかもしれません。

 ちょっと寂しすぎる花言葉ですが、青みがかった白い花の色が物悲しさを漂わせているので“悲しい別れ”とされ、放っておいても結構育つから“耐える愛”とされたのだそうです。この別れのシーズンに咲く花でなければ、もっと別の花言葉がつけられていたかもしれませんね。

 どうせなら花の形がお星さまみたいな形だから“星に願いを”なんてのにすれば良かったのになんて考えていたら、それもハナニラの花言葉なんだとか。では、私はこれから“星に願いを”を一押しにしていこうと思います。えっ、それも少し寂しげですって?!

 ちなみに、食用のニラとは別の植物だそうですのでお間違いなきよう。
未分類 | コメント(2)

今年は僅かの花見

2015年04月06日
三滝通り桜

 これは先週土曜日の朝。

 雨続きで今年の花見は厳しいなと思っていましたが、たまたま午前中は晴れ間が広がっていたので、末っ子と近所の(徒歩1分)の三滝通りの桜の写真を撮りに行ってきました。

 ここは四日市の春の(夏も)お祭り会場になる通りで、この日と翌日の日曜日は屋台や特設ステージが出て賑やかになります。こんな時は遠くからわざわざ来ている人のことを考えてしまうので、立地的にとても恵まれているのだなと改めて思わされます。

 それはともかく、私は日曜日は朝から晩まで仕事なので(土曜日にももちろんありますが・・)、この僅かの時間がかけがえのない花見だと思い感慨深く花を愛でていましたが、実際には夕方にもう一度、屋台に行きたいという息子二人を連れて行くことになりました。

 こういう時は立地的に恵まれているのかどうか分からなくなります(だってバナナなんて5~6本で80~100円で売っていますからね。それにチョコレートコーティングしてトッピングして1本300円もするのですよ。ま、年に1、2度のことですから、子供たちが喜んでくれるのなら、それはそれで親としても嬉しいですけどね)。

 しかし、すぐに雨が降り出してしまったので、すぐに引き返さねばなりませんでした。そうなると今度はわざわざ行ったのにと残念な気分に支配されてしまいます。人間の心なんて複雑なものです。

 ということで、この日の夕方の花見はしていないと等しくなりました。子供たちはチョコバナナを食べて満足していましたけどね。なんだかな~とか思っていましたが、帰る間際に目に留まったホタテの炊き込みご飯をお土産に買って帰り、それはそれでなんとなく満足な気分になりました。炊き立てでとっても美味しかったんです。


プライベート | コメント(2)

未来がある

2015年04月03日
雨続き

 昨年の暮れというか、クリスマス頃から風邪っぽくてなかなか本調子にならなかったので、しばらくブログをお休みしていましたが、そうこうしているうちに、子供たちが体調をかわりばんこに崩したり、花粉症の症状がひどくなったりと、なかなか再開できずにいました。

 いくつもネタをボツにしたなと思うと少々残念ですが仕方ありません。

 気付いてみると季節は春。しかももう4月。子供たちは春休みになり、来週の月曜日から新学期を迎えようとしているではありませんか。考えてみると、3月25日が終業式でしたから短い春休みです。おまけに春休みの宿題までありました。ゆとり教育は終わったとはいえ、私が子供の頃にも春休みの宿題なんてありませんでしたが・・。とにかく、今年度から月に一回は土曜日も授業があるそうで、時代は知らないところで確実に動いているなと思わされます。

 そういえば、私が四日市に来たのは2010年の3月末でしたから、もう5年が経過し6年目に突入ということになります。こちらに来て小学1年生、幼稚園年中になった子供たちも6年生と4年生になります。その間、私は小学校のPTA本部役員を2年したかと思うと、地区の歩道委員会会長を2年し、地域の社会福祉協議会やいろいろな活動に参加させていただいてきたので、妙に濃い5年間でした。それも今年の5月でお役御免になる予定なので、寂しいやらホッとするやらですが、四日市6年目の歩みはどうなるのか楽しみにしておきましょう。

 四日市教会の近くの三滝通りには見事な桜並木があって、このブログでも何度か写真を載せて紹介しましたが、今年は満開というのに連日雨となっています。こんな年も珍しいというくらい雨続きで、週間予報は梅雨のように来週まで雨マークが並んでいます。昨日だけは好天に恵まれたというのに、私はたまった仕事をこなすために朝から晩まで書斎にこもりっぱなしで全く花を愛でることはできませんでした。それもまた一つの春ですね。

 いつの間にか花を咲かせた庭先のスノーフレークが、妙に哀愁を帯びて雨に濡れています。なんだかとてもいとおしく感じました。花言葉は確か“汚れのない無垢な心”。疲れや挫折感や倦み疲れに流されないで、そっと咲いて佇んでいられるようにと思わされます。

 「無垢であろうと努め、まっすぐに見ようとせよ。平和な人には未来がある。」聖書~詩編37編37節

思ったこと | コメント(6)
 | HOME |