スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
認知症サポーター養成講座
2015 / 05 / 31 ( Sun )
認知症サポーター養成講座

 今日は礼拝後に“認知症サポーター養成講座”を開催しました。講師は四日市市包括支援センターの職員さんに来ていただき、プロジェクターや資料に基づいて認知症の正しい知識や接し方などを学ばせていただきました。

 市から講師を派遣していただきましたが、これは“認知症サポーターキャラバン”の一環としての公的な働きによるもので、10名以上の受講者を確保して申請すれば、無料で学びの時が持てるのです。四日市教会では今日男女合わせて20名の受講者で臨みました。

 ところで、“認知症サポーターキャラバン”というのは、認知症の方と家族を応援する“認知症サポーター”を全国でたくさん養成し、認知症になっても安心して暮らせる町づくりを目指しているもので、 全国キャラバン・メイト連絡協議会が、都道府県、市区町村など自治体と全国規模の企業・団体等と協催で認知症サポーター養成講座の講師役(キャラバン・メイト)を養成し、養成された講師は自治体事務局等と協働して“認知症サポーター養成講座”を開催しているものです。

 確かに、認知症についての誤解や偏見は多く存在しますから、医学的にも心理学的にも最低限の正しい知識を身に着けて、認知症の人や家族への接し方をわきまえている人が身近な環境下に多くいればいるほど、認知症の方の生活の質は向上するようになると思います。

オレンジリング

 講座受講者には、このような認知症サポーターの印となるシリコン製(?)のオレンジリングが配られます。

 最近では、このリングを手にはめた認知症サポーターが配置されている施設や店舗が増えているそうです。例えば駅やデパートなど。四日市教会も20名の認知症サポーターのいる教会と公言しても良いかもしれません^^;

 皆さんも、自治会やサークルなどで認知症サポーター養成講座を開催してみてはいかかでしょうか。

スポンサーサイト
21 : 40 : 44 | 行事 | コメント(2) | page top
年に一時のバス旅行
2015 / 05 / 30 ( Sat )
ポピー

 27日(水)に四日市教会婦人会で日帰りバス旅行に行きました(遠足で良いんじゃないかと思いますが、乗り物を使うので旅行ということになるそうです)。

 運転手はもちろん私(昨年までは大型免許を持っている教会員さんと二人で務めていましたが、今年から私に任される形になったのでした)。

 それにしても、年に一回とはいえ大型免許が役に立って良かったと思います。もともと大型免許は教会の幼稚園バスを運転するために以前取ったもので、幼稚園バスの無い(幼稚園も無い)四日市教会では使う機会がまずありませんから。

 今年は松坂市の松阪農業公園ベルファームと、松阪城跡に行きましたが、とても天気が良くすがすがしい一日でしたよ。

 この模様は四日市教会のホームページで見ることができます。

 それにしても、どうせなら、もっと遠くに行きたいななどと思いましたが、年々参加者が減ってきている気がします。皆さん足腰に自信が無くなってきているのかもしれません・・。

 車中もっと楽しめて、行った先ではあまり歩かなくて良いのに感激するような、しかも、あまり遠くない、そんな好都合な場所は無いものでしょうかねェ。

 ちなみに私はこの日、帰ってくるなり目がシバシバし始めました。どうやら、何かの花粉に反応したみたいです。スギ花粉の季節はとうに終わっているので油断しすぎたようです。


 
21 : 13 : 37 | 行事 | コメント(2) | page top
鳥の糞害には蛇のおもちゃ
2015 / 05 / 19 ( Tue )
びっくりヘビ

 庭の柿やミカンに味を占め始めたのがきっかけなのか、最近、鳥たちの姿が一年中見かけられるようになりました。

 食べ物が少なくなってきているのかもしれませんが、以前は秋に柿が取られないように注意していれば良いという程度でしたが、最近では、百日紅の花の後に出来る小さな実とか、超スッパイ柚子の実なども突っつく有様で、春夏秋冬いつでもいるようになっています。

 早い話、我が家の周りがていのいい餌場になってしまっているのかもしれません・・。少々のことなら可愛いものですが、問題は彼らの糞害です。車やバイク、自転車はもちろん、庭木や花壇のにも糞が落ち、屋根やベランダも鳥の糞で汚されます。

 そして、何より洗濯物の被害が深刻になってきました。なにしろ殆ど毎日のことですから・・。

 そこで、大きな目玉のバルーンやCDをぶら下げてみました。しかし、それも月並みですし、猫除けに水を入れたペットボトルを並べて置くのと同じように、どれだけの効果が期待できるのか皆目見当がつきません。

 妻に、「任せておけ」と威勢のいいことを言った以上、しっかり糞害をブロックしたいものです。そこでネットで検索してみると、いろんな対策方法がある中で、一番効果的そうに思えたのが“蛇のおもちゃを置いておく”というもの。

 そういえば、100円ショップで蛇のおもちゃを売っているのを思い出しました。善は急げ。早速、買ってきましたが、大の大人が蛇のおもちゃだけを購入して帰るのは不気味な光景だったかもしれません・・。何か別のものも色々買えばよかった。いや、それ以前にニヤニヤしてなかっただろうか・・などと、後悔は尽きません・・。

 それはさておき、蛇の効果は抜群でした。鳥たちは本当に蛇にビビってしまうようです。洗濯物への糞害どころか、ベランダ付近に鳥がいるのを目撃することも無くなりました。ただ、目玉親父じゃなかった、目玉バルーンをぶら下げたのとほとんど同時期だったので、どちらの効果が絶大なのか分かりませんけどね^^;

 

 

 
05 : 49 : 55 | プライベート | コメント(0) | page top
子供ならでは
2015 / 05 / 16 ( Sat )
カメパン

 牧師館の一階窓に、すだれを取り付けようかなと思い立ったのがつい先日。

 考えてみれば、今まで5年間、教会員さんがすだれを取り付けて下さる西側の窓以外は、ずっとそのままでした。

 それで、小6の息子に手伝ってもらおうと外に連れ出し、メモとボールペンを渡しました。

 もちろん、私はメジャーで窓のサイズを測ります。

 「え~と、この窓は60センチ掛ける77センチ。」

 「60㎝かける77㎝ね・・。」

 「次、良いかな?同じく60センチ掛ける122センチだな。」

 「えっ、ちょっと待って!ええ~と、60㎝かける何㎝だっけ?」

 「60センチ掛ける122センチだよ。」

 「はいはい、60㎝かける122㎝ね・・。」

 「良いかな?次はねぇ・・。」

 「いやいや、ちょっちょっちょっと待って。早いよ・・。」

 「え~、そんなに早くないと思うよ。ちょっと時間かかりすぎじゃないの・・。」

 そんな会話があって、息子が書いているメモを見てみると、60㎝×122㎝=7,320㎝と算数の計算式が書かれていて、しかも、その横には縦の足し算の計算式がメモられています。

 それも、もちろん窓の数だけしっかり計算した様子。

 「計算してくれって頼んでないのに^^;」と言うと、ものすごく恥ずかしそうにしていましたが、まだまだ可愛いものですね。

 ちなみに上の写真は、ちょっと前にこの子がお母さんと一緒に焼いたカメのパンです。

 「どうしてカメなの?」

 「動物の形のパンを作ろうと思ってたんだけど、カメが一番作りやすそうだったから。」

 子供ってやっぱり一緒に何かすると楽しいなぁ。

 
17 : 00 : 12 | プライベート | コメント(4) | page top
いつかは
2015 / 05 / 15 ( Fri )
飛んでいく

 当たり前すぎることですが、コミュニケーションはとても難しいものです。ケースバイケースで、その都度別物であること、同じ相手でもお互いの心理状況や肉体疲労度だけで随分違ってきます。生身の人間同士ですから、耳学問にも頼れません。ほんのちょっと上から目線でもしようものなら、すべてがぶち壊しになります。

 でも、そんなことより、会話ができない状況から、会話できる状況にするのか一番困難な気がします。こちらが関わりたくても、相手が何とも思っていなければ関係性は成立しません。話しかけたり手紙を書いたりメールを出してみたところで、一切返事がなければ一歩も前に進めません。どんなカウンセリングの本も、会話する状況を前提として書かれている訳ですから、スタート地点に持っていくための参考は皆無に等しく思えます。

 会話が成立しない状況ということは、求められてもおらず、大きなお世話だとバッサリ切り捨てられて終わりなのかもしれませんが、このままだとお互いのために全然良くないことが分かっていると、壮絶的ににつらさを感じます。自分の無力さを痛感します。

 結局、状況判断や分析、評論がどれだけ交差しようと、人と人とのかかわりの大切さを思うこと、いつかはと信じることしかないのかもしれません。このまま散り散りにならないでと、祈り続けることしかできないこともあるのでしょう。

17 : 52 : 04 | 思ったこと | コメント(0) | page top
淡白な愛
2015 / 05 / 10 ( Sun )
つつじ

 今日は母の日。

 教会では母の日の行事があります。もともと、アメリカの教会から始まったものなので、教会で母の日をしなかったら嘘になります。残念なことに、父の日の方は後から誰かがとってつけたものなので、教会ではしていません・・。

 毎年、教会学校の子供たちに母の日カードを書いてもらっていますが、大体“thanks mother's day”とか“お母さんありがとう”となります。もっとも、“母の日おめでとう”なんて書くとナンセンスなカードになってしまうので、ほかに書きようがありませんけどね。

 でも、考えてみると、世のお母さんって、本当は“ありがとう”と言われるのを求めていないのではないかと思います。言われて嬉しくないはずはありませんが、わざわざ言ってもらいたいとは思っていないのではないかということです。

 年に一回、とってつけたように“ありがとう”と言われることより、何も言われなくても365日毎日、子供たちがお母さんのことが大好きなことも、頼り切ってることもよく分かっているし、そう感じているだけで良いという感覚なのではないかなと思わされます。それに、優しくしているのは感謝して欲しいからではなく、子供たちのことを心から大切に思っているからなのだと思います。

 そうしてみると、母の愛って謙虚な愛なんだなと思います。言い換えれば淡白な愛ですかね。

 母って偉大な存在です。

06 : 38 : 04 | 行事 | コメント(2) | page top
無理せず無理しなきゃいけない世代
2015 / 05 / 07 ( Thu )
しずく

 私が按手を受けて牧師になったのは1995年3月でしたから、今年度で牧師26年目となりました。

 “若手牧師”とか“元気が良い牧師”とか“イケメン牧師”(?)とか言われていたのも今は昔。

 すでに50歳を越え(今年9月で54歳)、立派な中年牧師になっています。

 普通のサラリーマンなら定年退職までのカウントダウンが始まっている頃ですが、牧師の世界では、まだまだ鼻垂れ扱いされるという不思議。

 それもそのはず。所属する教団によって定年制があるところもありますが(それでも65歳とか70歳)、私の所属する日本基督教団に定年は存在せず、80歳90歳を越えても現役という牧師がゴロゴロいます。

 牧師というと年寄りというイメージの方々多いのは、そういうことが原因かもしれません。

 ただ、牧師は意外と体力がいるので、健康面を損なうと長くやっていくのは無理でしょう。

 私も元気でどこまでやれるか分かりませんが、食べ物とか運動とか、何かと注意して乗り越えていかなければと思います。

 実は、先日子供たちとアスレチックをしたのですが、数日間は体がだるくてなかなか本調子に戻らないのに驚きました。

 もっと運動しなければならないみたいですね。

 無理せず無理しなきゃというジレンマのお年頃ということでしょう。

 
15 : 33 : 13 | プライベート | コメント(4) | page top
木の芽やぁい
2015 / 05 / 04 ( Mon )
きのめ

 昨年の秋に、突然木の芽の芽が出始め、気付けばしっかり大きくなってくれていました。

 木の芽は場所を選ぶとか、すぐに枯れてしまうとか言われるので、あまり期待していませんでしたが、この分だとすくすく大きくなってくれそうな勢いです。

 婦人会の方々に教えるととても喜んでいましたが、まだ誰も摘み取って持ち帰る人はいません。

 みんな大事に成長を見守っているのでしょう。

 なんだか伝道と似ているような気がします。

15 : 34 : 57 | 出来事 | コメント(0) | page top
寝返り危険
2015 / 05 / 01 ( Fri )
IMG_7085-2.jpg

 あっという間にぽかぽか陽気になってきました。

 それで、先日、久々に妻と公園を散歩して見ることにしました。

 あちこちに、お弁当を広げている家族もいれば、のどかにくつろいでいる人、ベンチや木陰で昼寝している人もいます。

 私経ちも、持参したパンで少し遅めの昼食をとり、公園内を散策していると、坂の上のベンチで熟睡している人を発見!

 のどかな景色の一断片ではありますが、ふと不安が胸を過ります・・。

 うかつに寝返りをうたないでね・・。

 祈りつつ帰途につきました。

20 : 01 : 54 | 未分類 | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。