体の一部

2017/03/31 Fri 16:39

cb1100ex.jpg

 私の楽しみと言えばこれしかありません。そう、バイクです。

 長い事、車検の無い(けれども高速は乗れる)250ccに乗っていましたが、調子悪くなってきたのを契機に一昨年買い換えました。

 おそらく、これが最後のバイクになるだろうと、思い切って大型にすることにしましたが、これがもう、考えていなかった別のステージに私を誘ってくれるではないですか。

 排気量が大きい分、ストレス無く余裕で走れるので、まったく新鮮な印象を与えてくれますし、初めてバイクに乗った頃の感動にも似た爽快な気分を感じるではないですか。

 もっと早く、大型に乗れば良かったと後悔しきりです。

 もちろん、飛ばしたりはしていませんのでご安心を^^

 初めはかなりリーズナブルなモデルにしようとしていましたが、妻の一声でこのバイクに決定。

 もちろん妻はバイクに詳しくありませんが、牧師が乗るには大人しそうなデザインのこれが良いと直観したそうです。

 後ろに乗りやすそうというのも、もう一つの理由のようですが^ ^

 実はこれ、出来れば乗りたいなと考えていたモデルだったので、不思議な気がします。

 牧師の集まりや、教会の会議に出かけるくらいしか乗る機会はありませんが、それでもい良いんです。乗れれば。

 真面目に教会に通い出したのも、バイクに乗り出したのも19歳からで、それからずーっとの付き合いですから、聖書とパイクはもはや私の体の一部なのでした。
 
 聖書を取り上げられても、バイクを取り上げられても、私は私でなくなってしまうような気がします。
 
 
スポンサーサイト
プライベート | コメント(0)

8年目開始

2017/03/30 Thu 10:51

浜

 四日市教会に赴任したのが2010年3月末でしたから、いつの間にか7年が過ぎ、8年目を迎えたことになります。

 8年目と言っても、誰も何とも思わないと思いますが、私は今までで一番長く牧会した教会が6年間だったので、静かに感慨深いものを感じています。

 それぞれに教会の事情もありましたし、若い時にいろいろな経験を積みたいという願いもありましたので、少々短い任期だったことについての不満はありません。

 振り返るとそれぞれの任地でいろいろな経験をさせて頂きました。そのどれもが今の自分を形成する礎になっています。

 ずっと牧師の仕事だけだったら、あまり面白くない牧師になっていたような気がします。

 私なんかあまり頭も良くないし、意外と人付き合いが苦手で、話もそれほど上手ではありません。

 ほんと、あまり面白くない牧師にしかなっていなかったと思います。

 では、どんな牧師になったんだということになりますが、たぶん少し面白い牧師になれてきているのではないかなと思います。

 おそらく、立派で牧師さんらしい牧師には一生かかってもなれそうもありません。

 欠点だらけの人間ですから。

 ただ、こんな私を牧師として用いて下さっているのは神様だと信じています。こんな私を通して、神様が働いてくださっていると信じています。

 だから、私はやっていけているのでしょうね。それは神様を畏れて誠実に働くことに尽きます。
 
 もうしばらく頑張って、もっともっと私らしい牧師にさせて頂きたいと思います。

プライベート | コメント(4)
 | HOME |