06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

台風のはずが天気にも恵まれて

2010年10月30日
うたおにコンサート

 台風の影響が相当心配されましたが、どういうわけか雨に降られることもなく、思いがけず天気に恵まれたコンサートとなりました。

 時にはお日様も顔をのぞかせたりしていたので、びっくりです。

 それにしても“合唱団うたおに”の歌声は最高でした。

 ハーモニーの素晴らしさは言うまでもなく、選曲、アレンジの繊細さや、ジャンルの幅広さは秀逸です。

 しかも、ホールと違って狭い礼拝堂では、至近距離で声帯からの振動を体全体で受け止めることになるので、彼らのポテンシャルを余すことなく味わうことが出来ました。

 歌に対する愛情、歌えることの喜びが、歌に乗っかって私の心に飛び込んできます。

 教会創立120周年の節目にお招きできて、ほんとうに良かったと感激しています。

 実は個人的なことを言えば、最近疲れがたまって来ているのか、体調もすぐれなかったり、気分も沈みがちだったところがあるのですが、彼らの歌声に照らされて、なんとなく元気がこみ上げてきました。

 セロ引きのゴーシュみたいではありますが・・。
 
 とにかく、一番前の席で、一番楽しんだのは私かもしれません。 

 それにしても、うたおにの皆さん、このコンサートのためにいろいろと準備された教会の皆様、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
感謝 | コメント(6)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメントさんへ
ありがとうございました。
おやすみなさい。
( ^-^)ノこんばんわぁ♪
この時期になると、ゴスペルの歌声がマッチする感じがしますね。
きっと、素敵な歌声だったのでしょう。
それも礼拝堂でだなんて…。
たまにはそんな素敵な時間がいいですねぇ。
エリー さんへ
コメントありがとうございます。
もともと合唱は教会音楽から生まれているので
教会でこういうコンサートを開くというのは
ヨーロッパなどではポピュラーのようです。
ちなみに“ゴスペル”は“福音”という意味ですし、
“アカペラ”は“礼拝堂で”という意味です。
凄く豊かな時間でしたよ。
お疲れ様でした。
神様に届くほどの、神様も喜んでいらっしゃるような、素晴らしい歌声とはーモ-ニーでしたね。
台風は来なかったのでサイコーでしたが、それを心配して、昨日来なかったと言う方がたとも、お会いしました。(第九で)
意外とお客さんは少なかったので、少しがっくりしました。誰が聞いても感動する歌の数々でしたが・・・教会って、普通は入り辛いのかな?
私が初めて通った時代は小学生だったし、幼稚園が併設されていた教会でしたから、すんなり入りましたが、新しい?新天地の教会は確かに、一歩引きますが、イベントなどなら入りますけどね・・・
来てくれた友人は喜んでいました。
ただ、合唱団の方々は、クリスチャン居ないのですね・・・場所借りてるだけだと・・・礼拝参加してみたら?と誘ったら、ショウゴさんのような牧師先生なら通うけど・・・だって、素敵じゃない!?って、女性人が話してましたよ・・・良かったですね・・・?そう言うので、四日市に来れば!?と言っておきました。
変わりに、先生も第九コンサートにもいらして下さい。
うたおにさん達は、毎回協力参加してくれています。
15階の子 さんへ
やはり、天気が気になってこられなかった方も多いようです。
いつも来られている方がおられなかったりしたようですから。
それにしても、素晴らしい歌声でした。
>合唱団の方々は、クリスチャン居ないのですね・・・
うたおにさんの中には日本キリスト教団の会員もおられますよ。
その方を通して交渉させて頂いた経緯もあります。
とにかく楽しい経験でした。

管理者のみに表示