2010 / 11 / 02 ( Tue )
朝の三日月

 天気予報は雨だったので、昨日の三重地区教師会にバイクで行くことにしていた私は、雨合羽着用を覚悟していましたが、予報に反してスカッと快晴。

 空には三日月が、微笑んでくれているように浮かんでいました。

 台風の接近したチャペルコンサート(2日前の土曜日)と言い、今日と言い、このところ天気に恵まれていることに驚かされます。

雨上がりのみかん

 前日の雨が嘘のようにあがり、教会の庭の木々を抜けて流れる風は、とても清々しい秋の匂いを運んできます。

 実のところ、土曜日のチャペルコンサート、日曜日の礼拝と礼拝後の臨時総会に続いて、月曜日の教師会と大きな行事が三日も続いている上に、教師会の前半部分である“教師学習会”の発題者は私だったので、雨だったら気分も少しうつむき加減だったかもしれません。

 庭の木々に感謝です。

雨のしずく

 朝日を映し込んだ雫には、希望とやる気が輝いているようでした。


スポンサーサイト
15 : 55 : 35 | 未分類 | コメント(0) | page top
<<祈る | ホーム | 配慮の逆さ文字>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |