06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

風を見せてあげよう

2010年11月25日
風を見せてあげよう

「風を見せてあげよう」

 そうい言って、モミジたちが笑っているようでした。

「次に会うときは、赤くなって秋を見せてね。」

 のんびりしてるけど、もうすぐ冬ですよ。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(12)
コメント
No title
良い風ですね
今日はお友達の家でとっても綺麗なグラディションの紅葉を見て堪能して来ました
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ハッピー高齢者 さんへ
綺麗な紅葉良いですね。
そういえば今年、私は紅葉を見ていませんねぇ。
鍵コメントさんへ
こちらこそよろしく~。
No title
どんなに辛い事があっても、どんなに悲しい事があっても、季節は夏から秋へ秋から冬へと移り変わって行くのですね。
流れる涙も春の光が雪を溶かすように笑顔に変えてくれる日が来るのでしょうか・・・
どうしようもない悲しみの中にいても、笑って話せる日が来ると信じて良いのでしょうか?
人を恨んだり嫌いになったりする、こんな自分でも神様は許してくれますか?
tulip さんへ
マタイによる福音書5章にこのような主イエスの言葉があります。
「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
 悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる。
 柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。
 義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。
 憐れみ深い人々は、幸いである、その人たちは憐れみを受ける。
 心の清い人々は、幸いである、その人たちは神を見る。
 平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。
 義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
 わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。
 喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。
 あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」

 悲しみや心の痛みを覚えているあなたを、神様は受け止めておられると私は信じています。
 まして、人を恨んだり嫌いになったりする心や罪を、神様は断罪されるお方ではなく、
むしろ、ゆるすためにイエス・キリストは十字架で死んでくださいました。
 あなたもきっと笑顔の春を迎えられると思います。
No title
風を見せてあげるなんて、
素敵なことを言うモミジですね(^^)
次は素敵な秋をきっと見せてくれますね。
トマシーナ さんへ
すみません^^;
風がやまずに揺れ続けていたから
ブレただけの話なんですよね~
でも、次は秋色になってて欲しいです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメントさんへ
もちろん覚えていますよ。
良かったですね。
とても、貴い出会いだったのだろうと思います。
これからも良い出会いがあり、
良い作画が出来るよう祈っています^^
No title
こんばんは。はじめまして。
いつもありがとうございます。
とても素敵なお写真ですね。
すごく心に響きます。
素敵な風が見えるようです。
花。 さんへ
コメントありがとうございます。
花さんの写真に比べると大したものではないので
ちょっぴり恥ずかしいです^^;
これからもよろしくお願いします。

管理者のみに表示