07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ありがとうございました

2011年01月13日
夕日に向かって

 今日は、皆さんの祈りに覚えて頂いていた、父の病気のことを報告します。

 そして、お祈りありがとうございました。

 父の病名は大腸ガンでした。

 体が丈夫なのを良いことに、きちんと検査をしてこなかったからこういうことになったのです。

 健康なのも良し悪しですね・・。

 12月初めに気付いたときには、かなり進んでいるようだったので、当初は転移の可能性を懸念しておりましたが、12月24日の手術も無事成功し、先日の検査で転移も見つからないということで、一安心することができました。

 主治医からその説明を受けるために、今回姉弟3人が勢揃いしたのですが、よくよく考えてみると、両親と子供5人だけで勢揃いしたのは27年振りとのこと・・。

 しかし、本題はそこからで、両親の今後の事についてなど話し合いました。

「いつまでも元気でいられると思っていたのに・・。こんなに子供たちの世話になるとは・・。」

などと、言っていましたが、いつまでも元気でいられるはずありませんよね・・。

 月曜日は三重地区の“教会学校教師研修会”が午後3時過ぎまであったので、車で出かけて、閉会後実家へ即出発。

 交通事故のための渋滞などもあり、到着したのは夜10時過ぎ。

 その夜の家族会議と、翌日の病院、二度目の家族会議会議を済ませて帰路に。

 1泊したとは言え、まったくのとんぼ返り・・(睡眠時間4~5時間)。

 午後5時30分から、私の四日市教会で北勢地区の牧師会があって、しかも司会は私なので余裕がありません。

 それでも数分の遅刻でギリギリセーフ(ギリギリアウト?)。

 翌日は朝と夜に聖書を読み祈る会・・。

 それらの準備を先週の土日に済ませていたので、なんとかオールオッケーでしたが、そんなこんなで今日はさすがにダウンです。

 とにかく、どなたに対しても感謝の思いでいっぱいです。

 ありがとうございました。



スポンサーサイト
プライベート | コメント(8)
コメント
NoTitle
お疲れさまでした。

お父様の病の癒しのために お祈りいたします。
先生も どうか無理をなさらぬよう お気をつけて。
神様の守りがありますように。
よかったです安心しました。介護の仕事をしていますがケアを受けられる皆さんのほとんどが『こんなことになるなんて…』と嘆かれていますでも老いも死も必ずみんな受け取らなくてはならないのですよね…この世に生まれた瞬間から始まっていること。

わが家の主人も昨年夏、大腸検査でひっかかり→再検査を言い渡されています。しかし彼の場合o(><)o『再検査を受けるのも恐い』と病院にも行こうとしません。困ったものです(ー'`ー;)
とも さんへ
ありがとうございます。
元気にやっていきます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
まんぼう さんへ
ありがとうございました。
恐くても検査の大切さを思いました。
父は元気で医者要らずを自慢していましたから
加齢に伴う検査もきちんと受けていなかったようです。
初期段階で見つかればずっと楽だったはずだと思うと
検査の大切さを思い知らされたわけです。
ご主人も再検査に行かれると良いですけどね・・。
鍵コメントさんへ
ありがとうございます。
雪が降り、気温もマイナスでしたが
凍結防止剤のお陰で、路面凍結も無く無事行って来れました。
そうですね。周りは忙しくなりますが、父は一休みの時なのでしょう。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメントさんへ
ありがとうございます。
湯治は是非勧めてみたいと思います。

管理者のみに表示