スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラッキーなのそれとも

2011/02/21 Mon 19:52

二黄卵

 珍しく二黄卵の玉子です。

 私なんかもそうですが、大抵の人は“二つも黄身が入っててラッキー”と思います。

 面白いので子供たちに見せてやると、やはり興味津々。

 しかし、意外だったのは

「これは孵ったら二羽になるの?」

「・・・・・・。」

 そういえば考えたこともありません・・。だいたい食用は無精卵ですし・・。

 仮に有精卵だったとしても、孵りそうもありません。

 調べてみると、果たして孵らないそうです。

 二つの黄身が発達中に卵内の空間を奪い合ってしまうため、双方とも発育途中で死んでしまうのだそうです。

 子供の視点から学ばされたような気がしました。

スポンサーサイト
思ったこと | コメント(6)
コメント
NoTitle
子供さんたちの発想は素晴らしい!
夢があっていいな~、、大人は(私は)きっと美味しい卵かえご飯が食べられてラッキーと想うぐらいです
夢を壊さないように・・・・・
NoTitle
初めて知りました。

子供目線、、恐るべし!

いつも勉強させてもらっています。ありがとうございます。 柳宏
ハッピー高齢者 さんへ
自分は花より団子なんだなと改めて実感しました。
それにしても、子供って面白いですね。
柳宏 さんへ
いや、私も知りませんでした。
子供からはよく学ばされます。
NoTitle
こんにちは。
書き込みはご無沙汰です。
私はこんな卵にあたったことがないですね~
カワイ さんへ
お久しぶり。
チェックしているので
ふつうはなかなか当たらないのだそうです。
でも、以前、一パックのうち半分以上が二黄卵だったことがあります。
さすがに続くと気持ち悪くなりますが・・。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。