07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

おひなさま

2011年03月02日
足跡お雛様

 今日、三男(5歳)が幼稚園から、おひなさまの作品を持ち帰りました。

 親としては、描いた顔を見ては“こんな顔が描けるようになったのか”と感動し、作品の完成度から“少しずつ成長しているなぁ”などと、親バカ全開で単純に喜んでいるのですが、よく見てみると着物は足型になっているではありませんか。

 おおっ!!すごい!!

 そういえば最近、手足に洗い残した絵の具をつけていました。

 これだったんですね。

 幼稚園もいろいろと考えるのだなぁと、今度は幼稚園の先生たちへの感心しきりです。

 “これ、遠く離れているおじいちゃんおばあちゃんに見せたら、もっともっと感動するのだろうな”と思うと、カラーコピーして送ってあげなきゃねと、やっぱり親バカ全開なのでした。

砥部焼お雛様

 ちなみに、我が家のお雛様は、この砥部(とべ)焼のシンプルなもの。

 大丈夫。君たちのことも大切に思っているからね。

 妻の嫁入り道具の一つだったし。

スポンサーサイト
プライベート | コメント(10)
コメント
素敵なお雛様ですね(*^_^*)
お子さんの成長ぶりに目を細めていらっしゃる様子が、目に浮かびます。
私はまだお雛様を出していないんです(T_T)
実は3組ほどあるのです。
そんなにお高いものではないのですが、2組は自分で購入したものです。
早く出してあげないと、みんな怒っちゃいますよね(^^ゞ
だって気付いたら3月だったんだものぉ~!
許してぇ~って叫んでいる私トマシーナでした。
トマシーナ さんへ
トマシーナさんのところは三つもあるなんてすごいですね。
近年は子供たちが幼稚園から持ち帰るお雛様が
我が家のメインとなっています。
それにしても毎年毎年
ほほえましいお雛様が登場するのが楽しみです。
びっくりするほど可愛いおひな様ですね~♪
いつもお子さん達の作品の素晴らしさに
心がパッと嬉しさに満たされます。
拡大で見ると一層可愛いです。

砥部焼のお雛様、初めての様な?味わい深く拝見しました。
arisa さんへ
ありがとうございます。
砥部焼のお雛様って
たぶんあまり無いと思います。
そもそも愛媛県の砥部焼は高級陶器ではなく
普段使いの焼き物ですから素朴ですね。
またお越しください。
可愛いお雛さま!!とっても上手に出来ていますね
先生のアイデア凄い!!良い記念になります。足型大切に保存しておいてあげてくださいね
昨年のブログではおにちゃんのお雛様を楽しんで見せて頂きました

砥部焼きのお雛様素敵です!!   
足形だとは・・・!?
言われて初めて気がつきました。
素敵な演出ですね♪
我が家にも、もう中学生になった息子たちの
保育所時代の作品があり、
毎年雛人形を出した折に一緒に玄関先を賑わせてくれています。
季節にくり返し飾れるものはいいですね。

・・・ただ、長女の作品が一つも残ってないのは
一体なぜなのか????今となっては私にもわからないのです。
何かしら作ってるはずですけどね(-_-;)
ハッピー高齢者 さんへ
ありがとうございます。
足型ですが、下の子は健康優良児的で
土踏まずが広いので
足型自体がほっそりしていて
ちょっと華奢なお雛様になっていますね。
いろいろとよい記録にもなります。
こうまさん さんへ
ほんと面白い演出です。
目も心も楽しませてくれます。
季節ものっていいですね。
そうそう、うちも子供たちの作品は
残っていたり残っていなかったり・・。
すべては謎です。
教会の牧師先生の、神様に祈り委ねたほのぼのとした家庭生活が伺えます

こんなコメントをつけて私のブログに紹介をさせていただきました

私も、いつか主人から祈って欲しいという声が聞けると信じています

大腸がんで何度も手術を受けています・・・
waka さんへ
コメントありがとうございます。
ご主人のことをいつも祈りに覚えておられるのでしょうね、
そのお心はいつか受け止められると思います。
神様の時に委ねて。

管理者のみに表示