06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

カンニング

2011年03月05日
航路

「カンニングって良いよ。俺は勧めるね。」

 そんなことを言っていた大学時代の友人を思い出しました。

「ええっ、カンニングはいかんよ・・。」

 戸惑う私。

「カンニングを勧めると言っても、厳密にはカンニングペーパーの作成を勧めるということなんだけどね。」

「どう違うんだ?」

「あのね、カンニングペーパーって、サイズ的に超小さいものしか試験会場に持ち込めない訳。見つかっちゃいけないからね。したがって、情報量も超最少ということで、必要最低限のポイント、つまり絶対試験に出るものの要点を更に凝縮したものを記すことになる。結局、必死になってその試験範囲の要点を簡潔に短く要約する作業によって、カンニングペーパーが出来上がった段階で、既にカンニングペーパーを必要としないくらい勉強になっているから、結局、すごく良い試験勉強法なんだよね。」

 ・・と、そういう落ちでした。

 急がば回れではないですが、結局はどうあがいても地道な努力こそ必要ということのようです。

 なるほどね。それにしても、事実に基づいた話は説得力がありますね、Y君(^^)。わははは。

 京都大などの入試でネットを利用してカンニングした受験生が新聞等をにぎわしていますが、彼も特殊記号の入力など相当練習して下準備をしていた様子。

 度胸もいったでしょうね。

 それと違う回り道をすれば、同じ努力で全然別の結果を手に入れられたのではないかと思います。

 残念なことです。

 そういえば昔、クレージーキャッツの映画、確か植木等さん主演の“ニッポン無責任時代”だったか、“努力しないで出世する方法”のような映画がありました。結局、相当(別の)努力をしています・・。

 入力やネット検索などのスキルと、受験勉強の努力を二分して、それぞれに自分の持ち味とすれば良かったんじゃないかな・・。

 大学側には被害届ではなく、教育的指導をお願いしたいものです。

 若い時は方向性を取り間違えたり、勇み足が過ぎたりしてしまうもの。

 いや、むしろ、縮こまっている者も大勢いますから、そういう人の行動力は良い方向に伸ばしてあげるべきだと思います。

 切り捨ては簡単。でも、収穫は少ない。

 人を育てるのは困難。でも、実りはきっとお大きいはずですよ~。



スポンサーサイト
思ったこと | コメント(2)
コメント
連日カンニングのニュースが報道され、子供を大学に通わせている親として
考えさせられます。
結果だけを求める事の多い世の中にも問題があるように思います。
何のための大学なのか・
何を学びたいのか・・・
今の就職難の時代、個々の個性をどう生かすか?
が求められると思います。

実際、大学に通わせる授業料・仕送りは重く家計にのしかかります。
母親を安心させるために国立大学へ・と思い、
追い詰められた気持ちにも心が痛みます。
ネット社会への問題点の提示でもあると思います。

チューリップ さんへ
大学に入ることが目的ではなく
その大学で何を学び卒業後に何をしたいのかですよね。
親も世間の価値観もそこのところを子供たちに伝えているのかを
考えないといけないように思います。
どの大学に入るかがゴールであるかのような接し方が満ち溢れています。
いろんなことを考えさせられますね。

管理者のみに表示