安全神話の崩壊
2011 / 03 / 14 ( Mon )
イルミネーション

 マーフィーの法則を思い出します。

 "If it can happen, it will happen.(起こる可能性のあることは、いつか実際に起こる。)"

 予想はしていましたが、実際に起きると驚愕してしまいます。

 ガラパゴス的に生き残っていた“日本の原子力発電の安全神話”の崩壊です。

 一般市民にまで被曝者が広がるなど、考えたくもないことでした。

 今後の原子力政策に対する世論の動向が大切になってくるでしょうね。


スポンサーサイト
09 : 08 : 52 | 未分類 | コメント(4) | page top
<<何ができる・・ | ホーム | 無事であってほしい>>
コメント
----

 原発を廃止するという方針の下、暫時、他の発電に法律を作り、新しい技術を開発し、投資をして原発を止めてゆくべきではないでしょうか。
 加えて言えば、無駄な電力も使っていると思いますね。
by: スキップ * 2011/03/14 13:24 * URL [ 編集 ] | page top
----

地震以来気持ちが落ち着きません
それなのに原発の爆発・電力の計画停電この国はどうなっているのでしょうか
高齢者にはついて生けれません・・・・・
by: ハッピー高齢者 * 2011/03/14 14:49 * URL [ 編集 ] | page top
--スキップ さんへ--

ほんとうに原発は廃止すべきだと思います。
きちんと処理できずに、子孫たちにつけをまわす核廃棄物の存在だけみてもそれは明らかです。
ましてや、地震国である日本ですから、このような事故はまた起こるはずですしね。
“電気がいる”から“何としてでも作る”のではなく、
これだけしかないから上手に使おうと考えるべきです。
国債の発行も似たようなものですね。
by: ショウゴ * 2011/03/14 16:06 * URL [ 編集 ] | page top
--ハッピー高齢者 さんへ--

こういう非常事態のときに
この国の異常さが明らかにされるのですね。
by: ショウゴ * 2011/03/14 16:09 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |