戦いごっこ

author photo

Byショウゴ

スズメと

 春休みなので、子供たちと一日中一緒にいますが、男の子なので、時々体を張って戦いごっこをする羽目になります。

 7歳の次男はウルトラマンや仮面ライダー、ポケモンの技を繰り出してくるので、5歳の三男も自ずと兄の真似をして立ち向かってきます。

 そう、結局二人がかりで父は悪者よろしく、共通の敵としていじめられるのです。

 悪役の父の必殺技は、逃げられないように子供たちの体を押さえつけてくすぐる攻撃です。

 しかも、

「おやつの時間が来るまでくすぐる!」

 とか

「明日の朝までくすぐる!」

 と言いながらくすぐり続ける必殺の心理攻撃です。

 実際に延々とくすぐるので、時に泣かれそうになることもありますが、

「泣くくらいなら最初からかかってくるな。」

 との捨てゼリフでごまかしています。

 でも、本当に泣きたいのは、お腹に乗られたり背骨を叩かれたりする私の方なんですけどね・・。

 そうそう、最後に、三男の言い間違えというか、不思議な攻撃技をお教えしましょう。

 しょっちゅう口にしているのは

「かたてチョップ!!」

 これは“片手チョップ”ではなく、たぶん“空手チョップ”のことだろうとわかりますが、

「1ミリビーム!!」
 
 に至っては、意味不明です・・。

 そのほかにも“見られ打ち(乱れ打ち)”とか“コーラービーム(ソーラービーム)”などもあります。

スポンサーサイト
Share

Comments 6

きなり食堂  

こんばんは、はじめまして
悪役、ご苦労様です。

たま~に子供たちとおもいっきり遊ぶことは
大人にとっても、いいもんだとおもいます。
マスターも遊ぶ時は子供たちと
同レベルになっちゃう時があり、たまに
やりすぎで、おかーやんに怒られるときも・・・

子供の成長をまじかで見られるのは
ありがたいことです。

2011/04/02 (Sat) 18:27 | EDIT | REPLY |   

ショウゴ  

きなり食堂 さんへ

コメントありがとうございます。
子供と本気で遊んでいると
ほんの少しの成長も身近に感じられたり
意外な発見があったりと結構楽しいものですよね。
ただ問題は“体力”の二文字ですな・・。

2011/04/02 (Sat) 20:58 | EDIT | REPLY |   

おはぎちゃん  

私、ポケモン好きです~♪
と言っても、ピカチュウだけなんですが(;´∀`)
うちに大きなぬいぐるみとか小さなぬいぐるみとかミニチュアとかあって和んでます。
可愛いんですよね、ピカチュウ…
テレビアニメも見てます。
ちっちゃいポケモン同士がバトルやってるのも微笑ましいですね^^

子どもはいろんな新しい言葉を発明したりするから楽しいです。
覚え間違い、聞き間違いということもありますが…
時々「ほぉそんな表現が」と驚かされることがあったりして。
ちなみに私は幼児の頃、朝まだ来の時間帯のことを「よるあさ」と言ってたそうです。
そんな日本語ないけど、言いたいことはわかるような…(笑)

体力が大変でしょうが、少年の心を忘れないショウゴ先生♪
楽しく過ごしていていいですね!

2011/04/03 (Sun) 21:48 | EDIT | REPLY |   

ショウゴ  

おはぎちゃん さんへ

子供たちとバトルするのも体力を消耗しますが、
ポケモンの話を聞かされるのは相当グロッキーになります。
いろいろとついていけなくなっている自分の体力を実感しますねぇ~
だから、言葉をいろいろと拾って楽しんでのがベストなんですよ^^;

2011/04/03 (Sun) 22:11 | EDIT | REPLY |   

スキップ  

 誤解を恐れずに言えば、攻撃も無視よりはいいですよね。無関心で居られることの苦しみが最上でしょうね。攻撃は無視ではありません。関係があります。いい関係になる可能性があります。
 それにしても、愛情攻撃と言うのもあるんですよね。またまた、変に、誤解されそうですが。

2011/04/05 (Tue) 16:44 | EDIT | REPLY |   

ショウゴ  

スキップ さんへ

コメントありがとうございます。
楽しい日々を過ごしています。
こんなに一緒に遊べるのも今のうちだけでしょうね~。

2011/04/06 (Wed) 09:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply