思いやり
2011 / 06 / 10 ( Fri )
とんび

 仲良くなっていく中で、安心感が持てるのは“親しさと、馴れ馴れしさを混同しない”人ですね。

 馴れ馴れしくする人は、嬉しさの空回りであったり、すぐに仲良くなりたくて急接近しすぎたり、ということでしょうか。
 
 中には、“この人と仲が良いんだよ”と、無意識にでも第三者に誇示しているものもあるかもしれません。
 
 でも、ずっとその相手と親しくしていたいなら、遠慮や、感謝の気持ちを大切にするべきですね。

 正反対に図々しくなっていたとしたら、目も当てられません。

 “ああ、この人と友達で良かった”と思わされるのは、その人からの“さりげない思いやり”を感じる時だったりしますからね。

スポンサーサイト
20 : 09 : 37 | 思ったこと | コメント(0) | page top
<<学生時代からのなつかしのお茶 | ホーム | 実は車も好き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |