一部は全部じゃない

2011/08/06 Sat 16:53

ひかり

 教会って不思議なところだなぁと思います。

 信頼感で結ばれているからなのでしょう。

 当たり障りなく仲良くしようという人もいるとは思いますが、必要な時はきちんと本音で語り合い、時には手厳しいことや苦言を呈する人もおられます。

 でも、相手の意見が正しいなら素直に受け入れ、言い過ぎがあったらきちんと謝り、敵対関係というものがありません。

 歩み寄りがあるのです。

 考えてみれば、人間はみな罪人です。

 弱さもあれば、過ちも犯します。完全無欠な人などいません。

 間違ったことをしたり、大切なことをしなかったりという部分が問題であって、その人の全部が問題なのではありません。

 過ちという一部分によって、その人の全てが否定されるものではないということです。

 つまり、何かを指摘されたり、批判されることがあっても、そのことで自分の全人格が否定されるのではないことを、教会の皆さんはお互いに良く心得ておられるのだと思います。

 仮に大嫌いな人が居るとして、どうしてその人が嫌いなのか、その理由をよく考えてみると、その人の欠点であるとか、自分にとって不愉快に感じる何かが嫌なのであって、その人のすべてが嫌いなわけではないことに気付くはずです。

 教会の人は自分が立派だとか、人格者であろうとか、そんなことは思っていません(私もね^^;)。

 だって、罪人なのに神様に愛され、罪赦された者に過ぎないと、自覚しているからです。

 お互いそういう者だと自負し合っている信頼感が、そういう関係の根底にあるのだと思います。

スポンサーサイト
感謝 | コメント(8)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメントさんへ
そうですね。
神の家族と言われたりしますが、
決して閉じられた世界ではなく
独りでも多くの方が加わってほしいと
誰もが切望しています。
No title
一部は全部じゃない。
その通りですね。
誰かを否定しても全てを否定することは出来ません。
神は人間を否定しないから。
パンダ さんへ
しかも、これって教会だけの論理ではなく
全ての人にとっても普遍の真理だと思います。
一部は全部じゃないんですよね。
No title
コミュニケーション
敵対した物言いをする人が結構いますね。
「是々非々」でのコミュニケーション
自我を抑え、相手の考えに
思い至れば可能なのですが…。
クメゼミ塾長 さんへ
そうですね。
そして、少しばかり批判されたからと
落ち込んでしまいやすい人もいます。
両者ともに一部分は一部分という考え方が
大切なのだろうと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメントさんへ
コメントありがとうございました。
そう、一部です。
全部ではありません。
そして、人間みんなそうてです。
だから、安心していいんです^^

管理者のみに表示