終戦記念日ということ
2011 / 08 / 15 ( Mon )
水平線

 今日は66回目の終戦記念日。

 そこで思わされるのは、今頃何言ってんのと言われそうですが、“戦後は終わった”と言われはじめて何十年目なのかということです。

 ほんとうに何十年も前に“戦後”は終わっているのでしょうか。

 私には、いまだに戦後が終わっていないように思えます。

 日本はヒロシマ・ナガサキに加えて、フクシマの被爆・被曝を経験しました。

 ビキニ島での第五福竜丸の被曝もありました。

 “核の平和利用”という詭弁のもとに“非核三原則”はどこに吹き飛ばされていたのでしょうか。

 日本こそが核廃絶を声高に主張できる筆頭国のはずなのに、今まで何をしてきたのでしょうか。

 本当に反省すべき時に来ていると思います。

 本来の日本のあるべき姿に帰りたいと、多くの人が願っているはずです。

 被爆・被曝の経験から、核には軍事利用においても平和(?)利用においても、その先に平和のないことを強く語るのが、国際社会における日本の責任なのではないでしょうか。
 
 また、第2次世界大戦で何もかも失った日本が、唯一得たものは憲法第9条(戦争の放棄、戦力の不保持、交戦権の否認)だと言われます。

 “あの憲法はアメリカが作ったお仕着せの憲法だ”と揶揄する人もいますが、自分で産み出そうと、お仕着せであろうと、“良いものは良い”で良いはずです。

 世界に先駆けた平和憲法を掲げていると胸を張っていい筈です。

 それなのに軍備化を続けている日本の姿に違和感を覚えます。

 災害時に自衛隊は必要だと言う人もいますが、災害時に必要なのは自衛隊ではなく災害救助隊です。

 “終戦”は“第二次世界大戦の終わり”だったと共に、“戦争そのものの終わり”のことだと、そのことを記念するのが日本における本当の“終戦記念日”だと思います。

 そのことが認知できていない以上、まだ日本は戦後に至っていないと思うのです。

 フクシマを契機に、今までしてこなかったことが宿題として目の前にぶら下がっていることに多くの人たちが気付き始めた、それが今の日本の姿だと思います。

 

  
スポンサーサイト
15 : 58 : 05 | 思ったこと | コメント(6) | page top
<<カッコイイ男 | ホーム | なんてこと!>>
コメント
--No title--

こんにちは☆
偶然というか私も今日は戦後は終わっていないと記事に書きました^^
日本こそが平和の希求を世界に訴えるべきなのですが、なぜか「あの戦争は正しかった」などという人たちの発言力が政府の方針にまで影響を与えています。
文科省に圧力をかけ、国際的に認められないデタラメな歴史教科書を採用させようとしたりもしています。
とても平和な日本だと自慢できない状況が今の日本社会のように思えます。
憲法9条だけは絶対にいじらせたくないですね!!
by: まり姫 * 2011/08/15 17:28 * URL [ 編集 ] | page top
--まり姫 さんへ--

そうでしたね。
9条を大事にしなければ
戦争で亡くなった方々に申し訳ないです。
しかし、あの戦争は正しかったと言う人は
あの原爆は戦争を早く終わらせるために必要だった
という人と同じレベルですね。
どんな理由があっても、人殺しに正しさなんかありませんからね。
by: ショウゴ * 2011/08/15 19:21 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

ショウゴさん、こんにちは。
初めてコメントします。

私も憲法第9条に手を加えることには反対です。
自衛隊の海外派遣問題や国際情勢の変化から、
第9条は、現実に合った形に変えるべきだという
意見もありますが、第9条は日本の宝。
絶対になくしてはいけないものだと思っています。

それから、『自衛隊』という言葉。
あまりにも馴染んでしまっていますが、
自衛隊を『自衛隊』と主張しているのは日本だけで、
海外に出れば、自衛隊は軍隊とみなされていると聞きました。
陸上自衛隊は『陸軍』で、自衛隊費は『軍事費』。
おかしいですよね。
憲法には『陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。』と
明記されているのに・・・。

自衛隊は被災時の『災害救助隊』と正しく呼んで、
大切な問題を『自衛隊』のコトバで誤魔化すのは、
もう止めにしたいものです。
by: ゆずりん * 2011/08/15 23:13 * URL [ 編集 ] | page top
--ゆずりん さんへ--

コメントありがとうございます。
自衛隊は軍隊ではないとか、憲法に違反していないと
どんなにえらい政治家や判事が言ったとしても
世界の誰が見ても、軍隊以外の何物でもありませんよね。
そして、自衛隊は災害救助隊でもありません。
装備も乗り物も戦争用で、救助活動用のものではありませんし
救助活動のスペシャリストとしての訓練も受けていません。
第9条があってこれですから
もし、なくなってしまったら、一体どういうことになるのでしょう・・。
戦後どころか戦前になりそうです。
by: ショウゴ * 2011/08/16 06:22 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

何にしても戦争はダメ
66年経つと忘れた人の多さにも驚きです
もう一度原点に戻って戦争はダメと声を大きくします
by: ハッピー高齢者 * 2011/08/16 09:46 * URL [ 編集 ] | page top
--ハッピー高齢者 さんへ--

そう、駄目なものは駄目ですよ。
戦争を知っていても知らなくても
戦争は駄目、人が人を殺しては駄目と
誰もが言える世界になって欲しいです。
by: ショウゴ * 2011/08/16 13:46 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |