07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

罪作り

2011年09月08日
シルエット

 今となっては、ずいぶん前になりますが、子供たちとレンタルビデオ店に行った時のこと。

 あれは罪作りな出来事でした。

 店に入ると、棚と棚の間に広末涼子さんの等身大パネルが立てられているのが見えました。

 “同じ高知出身なんだよな~”などと思いつつ通り過ぎ、子供たちと“あれが良い、これが良い”とビデオ(当時はDVDじゃなかったかな)を選び始めます。

 「これをかりる!」

 「それ、この前、観たばかりじゃないか!」

 「これなんかどうだ?」

 「そんなの みん!!」
 
 時間がどんどん過ぎていきます。

 棚を、上に下に右に左に見ながら歩くので、結構疲れてきました。

 そうしながら右に進んでいると、さっきの広末涼子さんの等身大パネルが、右目の右端視界ぎりぎりに見えてきました。

 かと思うと、そのパネルが突然動き出したではありませんか。

 私はもう、驚いてしまって、思わず大きな声が出てしまいました。

「うぁっ!!」

 しかし、よく見てみるとそれは人間で、しかも、年頃の女性で、なおかつ普通の容姿の方ではありませんか。

 それにしても、突然“うぁっ!”なんて言ってしまったので、黙っている訳にはいきません。

 とっさに、つい・・

「すみません・・。広末涼子さんと間違えたもので・・。」

 ・・なんて言葉が、口をついて出てしまいました・・。

「ええっ・・。そ、そんな・・。」

 驚きつつも、頬を赤らめて嬉しそうにうつむく女性・・。

 ああっ、言い方間違えた・・。

 ど、どしよ・・。

 私まで顔を赤らめてうつむいてしまう始末。

 見間違え、言い間違えも、罪作りになってしまうことがありますよというお話。

 それ以来、どんなに驚いても、焦っても、言葉を慎重に選ぶようになりました。
 
 
スポンサーサイト
出来事 | コメント(4)
コメント
楽しいコメント一人で笑っています
一日100回笑ったほうが良いそうなので今日一日分笑えたカナ?
ハッピー高齢者 さんへ
変な思い出話です。
誰かの等身大パネルを見るたびに思い出しますが
戒めになってちょうどいいかもしれません。
もう~~おかしくて、、目が冴えました!!(笑)
わたしは、その広松?さんを知らないのですが、、なんだか、、、だんだん、、自分と似ているなぁ~~と!!
もちろん、広松さんじゃなくて、、間違い方が、、、!!!ami
ami さんへ
言い間違い、勘違いは怖いですが、
実は、こういうことは、良くあります。
そう広松さんじゃなくて、広末さんです。
今は30歳ぐらいですが、
若い時はとても爽やかで可愛い女優さんでした(今も綺麗ですが)。
それにしても、あの時、もっと変なことを言わなくて良かった。

管理者のみに表示