意外と大きな栗だっ

2011/09/14 Wed 16:38

栗拾い

 昨日、末っ子の幼稚園では、年長さんだけですが、“南部丘陵公園”まで栗拾いに行ってきたそうです。

 今春、四日市教会の婦人会で遠足に行った公園で、そこに栗林があるとのこと。

 行き先が栗園ではなく公園だし、しょせん幼稚園のお楽しみだから、形だけの栗拾いだろうと高をくくっていましたが、結構大きくて立派な栗を、それもイガごと何個も持って帰ってきていたので、びっ栗しました。

 しかし、もう既に相当拾われていたらしいので、四日市って意外と自然豊かな町なんだなと、改めて感心させられます。

 「栗ご飯にでもしようね。」

 お母さんの提案に子供たちは大喜びです。

 季節の食べ物、それも自分で(もしくは弟が)苦労して手に入れてきたものですから、感激もひとしおですよね。

 でも、きっと栗をイガから出す痛い作業は、お父さんがすることになるのだろうな・・。

 そんな現実を、無邪気な子供たちはまだ知らないのであった・・。

 
スポンサーサイト
プライベート | コメント(4)
コメント
こんばんは~~。
栗のイガは知っていられると思いますが、靴を履いた足で、、むきむきしたのを覚えています。主人の田舎の裏が栗林で、、、はるばるイタリア人とかが大勢できて、、一挙に拾いにきていました。
こんな自然の中、、すばらしいですね!!
ami さんへ
それほど自然豊かというのでないんですけどね・・。
靴(両足)でイガを上から両側に引っ張るように踏んで外すんですよね。
そうだ、せっかくだからそのやり方を子供たちに見せてあげるべきですね。
そうだ、そうしよう。うっかりしていました。ありがとうございます。
こんにちは
イガは開いてる所を 両足で踏んづけて 開いて
中の栗を 箸とかで つまみ出します
トゲトゲが刺さったら けっこう 痛いし
何よりも いやな思いすると 美味しくないですから♪
みかん さんへ
なるほど箸は良いですね。
助かりました。試してみます。
実はチクチクするのは本当に嫌なんです・・。

管理者のみに表示
« 猿の腰掛け | HOME | 日帰り »