07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

みんながんばったね

2011年09月23日
運動会

 今日は小学校の運動会。天候にも恵ましたし、暑くも寒くもない良い天気でした。

 昨日の夕方と今朝(早朝)のテント張りに始まり、父兄や先生方は大忙しです。でも、どこか楽しそう。

 マイクとスピーカーの調子が、どういう訳か悪かったのですが、子供たちの元気の前にはアクシデントもかすみます。

 一生懸命競技や演技する子供たちの姿勢に、みんな一喜一憂しつつ見守ります。来賓席からも“感動するなぁ”と言う声が聞こえました(PTA役員は交代でお接待しなければならないので、来賓席に居た時聞こえました)。

 みんな一体感を持って楽しむ姿が、小学校の運動会なんだと改めて思わされました。

 勝ち負けや、順位が付けられてしまうのも運動会の宿命ですが、それは形だけのことだと思います。

 努力した充実感、仲間たちとの連帯感、そして、感動、悔しい思い、どれも一生懸命した証し。

 じぶんなりに努力したこと自体が素晴らしい出来事です。

 昔の自分のことは棚に上げて、“ああすればもっと良かった”とか“もっと頑張れば良かったのに”なんて野暮なことは言わず、親として、素直にそのがんばりを褒めてあげよう。

 お疲れ様でした。
 
スポンサーサイト
行事 | コメント(4)
コメント
運動会
運動会 お天気に恵まれて良かったですね(^v^)v このころが一番かわいいですね。うちはあっという間に大きくなってしまいました。あの頃は なんでも同じにという方針でリレーに出れない子供がかわいそうだからとリレーも取りやめになったり 同じタイムの子供別に分けた徒競走になりました。 大人のいろんな教育の考えがありますが 子供にとっては思いっきり自分を出して楽しい運動会が一番ですね(^^)v
ぴ-ちゃん さんへ
子供は子供なりに、思いっきり運動会を楽しんでくれればいいなと
それだけでいいはずなんですよね。
負けた子がかわいそうという発想ではなくて、
負けた悔しさにほんものの頑張りという意味のあることを
教えてあげるべきだと思いますよね。
おかげさまで今日一日はとても楽しい一日でした。
 素晴らしい天気でしたね。わが地域も運動会の盛りです。しかし、放射能が飛んでいると思うと複雑です。放射能探知機を買い求めて計っています。結論から言うと事故前の最大値を時間0,05マイクロシーベルトとすると一日1,2となりますね。私が浴びたのは1,7でした。この数値を一年間浴びると0,62ミリシーベルトとなります。一年間1ミリシーベルトまでは安全とされてきましたから、その意味では安全です。しかし、ほとんど家に致すうちなので、外出時間が多いとどうなるのかが分かりません。加えて、体内被爆の問題があります。むしろこの方が重大といわれています。
 福島の子供は避難させるべきと言う主張が正しいようです。私の地域でもこれだけの数値が出ているんですから。
スキップ さんへ
放射線被曝は感覚的にわかりにくいし
仮に症状として出るにしても
実際には数十年先という厄介さがありますね。
安全基準値も何処まで信用していいのかわからないし、
その基準が絶対安全だと責任もってくれる人もいないですよね・・。
数値が検出される地域は、大変な環境だと思います。
子供たちが、安心して戸外でのびのび活動できる世の中になってほしいものですね。

管理者のみに表示
« 50歳かぁ | HOME | 実り »