07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

今宵はクリスマス・イブ

2011年12月24日
アドベントクランツ

 「クリスマス」や「Christmas」のことを、不要な「’」を付けた「X’mas」という表記がありましたが、最近それが減ってきています。

 それはそれで歓迎していますが、それにしても「Christmas」が減って、「Xmas」と表記するものが増えてきた気がします。

 これはもちろん「エックスマス」と発音せず、「クリスマス」と読むように、最初の「X」は英語の「エックス」ではなく、ギリシャ語の「Χ」で「カイ」と読みます。

 残念なことに、ほとんどの印刷物は「Χ」ではなく「X」となっています・・。

 「’」を付けない、正しい「Xmas」の表記のつもりかもしれませんが、間違っています。

 しかし、「Xmas」と表記しても、もう一つ問題があるのをご存知でしょうか。

 「Xmas」は正式な文章では使わない略称なのです。

 ですから、本当は新聞や雑誌などには使いません。

 ニューヨークタイムスの“用語の手引き”にもはっきり「Never use」とあるそうです。

 コマーシャルなど軽いものには良いけれど、正式な文章では使わないのが妥当です。

 ところで、この「Xmas」の表記、オックスフォード大辞典によると、1551年にその使用例がみられるとのこと。

 意外と古くからあった表記なのですねぇ。
 
 でも、できればやっぱり「Christmas」と表記してほしいと、牧師の私は思ったりします。

 えっ、クリスマスの語源ですか?

 クリスマスという言葉は英語ですが、もともとはラテン語の「クリストゥス・マッセ」という言葉から来ています。

 「クリストゥス」は「キリスト(救い主)」、「マッセ」は「ミサ(礼拝を意味します)」。

 ですからクリスマスは「キリストの礼拝」という意味ですが、これが「キリスト降誕のミサ」「キリスト降誕祭」というようにも訳され、伝えられ今日に至っているという訳です。

 今夜はクリスマス・イブです。

 皆様に神様の祝福が豊かにありますように。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは
「Xmas」の書き方・・・全く知らなかったです。

我家は「Xmas」どころかケーキにも縁の無い今年の「Xmas」でしたけど・・。

フィンランドの23~25日は完全にお店が閉まってクリスマスモード一色になるらしいですね。
日本ではありえない光景ですが、流石はサンタの本場(?)ですよね。

今年のヘルシンキは雪が少ないそうで、雪とオーロラを目当てに北欧に飛んだ愛知県在住のネット仲間(と母親)は雪が少なくてガッカリしてるかもしれません。
日本(日本海側)が大雪というのは皮肉という感じがします。
鍵コメントさんへ
楽しく豊かなクリスマスでした。
これからも大切にしたいです。
ピン助 さんへ
確かに公認サンタのいる国ですが、
それ以前にキリスト教国ゆえに、
クリスマスは仕事がお休みになったり
国中クリスマスを祝う環境になっているようです。
羨ましいなぁ。

管理者のみに表示