当たり前な不可解
2012 / 01 / 04 ( Wed )
はんげつ

 ふと空を見上げて、思ったこと。

 月と人間ってちょっと似てるような気がします。

 見事に消えていますが、月の欠けてる部分って、太陽の光が当たっていない“闇”の部分ですよね。

 人の“心の闇”の部分も、その人の表層からは想像もできず、全く見えないところにあります。

 本人さえ気付かないところもあるでしょう。

 角度を変えて、眺めたり、眺められたりしていますが、光の部分しか見えないものです。

 でも、そうかといって、何もかもあからさまにさらけ出されても困りますし、こちらとしても、何もかもさらけ出す勇気は必要ではないでしょう。

 不可解な相手がいて、不可解な自分がいるって、当たり前のことなのでしょうね。

 それで、うまく宇宙は回っていますから。


 
スポンサーサイト
20 : 36 : 05 | 思ったこと | コメント(0) | page top
<<年賀状は切ないのです | ホーム | 今年最初の教訓>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |