人生で一番残念な写真

2012/01/07 Sat 20:05

 四日市に来て、雪を見る回数が多くなってきました。

 生まれてこの方、雪とはほとんど縁の薄い、中国(中華人民共和国ではなくて中国地方のことよ)、四国が長かったので、雪に憧れみたいなものを持っていますが、実際に降ると厄介だなと、改めて実感する日々です。

 ところで、雪というと、過去にとても残念な写真のあることを思い出しました。

 もう25年近くも前でしたが、こんなに可哀想な写真は、私の人生で後にも先にもありません。

 ストロボが雪に反射するのは仕方ありませんが、よりによってという所に雪があったものです・・。

 これが、その時の私の写真です。

 随分古めかしいダウンジャケットを着ています。

 そうそう、場所は札幌の大通公園です。

 観光ではなく、研修のため札幌に7ケ月滞在していた時です。

 ははは、わざとじらしていますが、いよいよです。

 ジャーン。

目隠し

 昔はフィルムカメラですから、数週間後に同時プリント(現像、焼き付け)が仕上がってから手にしていた時代。

 がっかりでしたね。

 久しぶりに大笑い出来たので、元は取った気になっていますけど。

 今は液晶モニターでリアルタイムに確認出来るわけですから、良い時代になったものです。

スポンサーサイト
プライベート | コメント(2)
コメント
.あけましておめでとうございます
あらら、ザンネンでしたね~。
リベンジに、また札幌においでください。
25年前よりイルミネーションはずいぶん進化してますよー。
ということで、
今年もよろしくお願いします。
ちかおばちゃん さんへ
そうですか。やっぱり進化しているんですね。
また、行ってみたいです札幌。
1988年の7月から1989年の2月まで居たんですよ。西12南12くらいだったかな・・。
10月18日くらいに初雪が降って、びっくりしたこととか、
後半は毎日教会と幼稚園の雪かきをしていたことなど、楽しい思い出です。
こちらこそ、今年もよろしく。

管理者のみに表示