気持ちが見え隠れ
2012 / 01 / 15 ( Sun )
ふわっ

 昨日、久しぶりに子どたちを連れて、近所の“○○温泉”(スーパー銭湯)に行きました。

 実は土曜日は少し割高なのですが、お子様デーということで、子供はアイスクリームが食べられる分、損はないうえに子供たちは大喜びしてくれるのです。

 入湯券を自販機で買って、受付に渡すと“アイスクリーム券”を2枚くれます。

「帰りに食べていってね。」

と、受付の伯母さん。

 ここまでは良かったのですが、湯上りに食堂に行って、いつものようにアイスクリームの種類を選んでお兄さんに告げると思いがけない言葉が返ってきました。

「あのう、1月からアイスクリームではなくて、ポップコーンになりました。このチケットはまだ“アイスクリーム券”と書いてありますが、アイスクリームは差し上げられません。」

「・・・・。」

「・・・・。」

 ポップコーンを受け取った子供たちはがっかり。

 だって、ポップコーンなんて、簡単に安くできるので、我が家では一緒に良く作りますし、何よりアイスクリームという気持ちになっていましたからね・・。

 可哀想だからアイスクリームも買ってやろうかとも思いましたが、そういう店で買うのもしゃくなので、それはやめました。

 ごめんね。子供たち・・。

 それにしても、アイスクリームから少量のポップコーンとは、相当のスケールダウンです。

 第一、最初に知らされていませんし、チケットも“アイスクリーム券”のままですからね。

 ここに配慮は無いなと、ほんとがっかりでした。

 お子様デーなら、子供が喜ぶようにするべきですし、少なくともアイスクリームかポップコーンかを選べるようにする移行期間があってもよさそうな気がします。

 ほんの少しのことでも、相手の気持ちが見え隠れしてしまうものなんだなと改めて思わされました。

 “人のふり見てわがふり直せ”

 私も注意しよう。


 
スポンサーサイト
20 : 39 : 42 | 出来事 | コメント(0) | page top
<<四日市(三重)とバイク | ホーム | 冬はみかん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |