教会と教会堂は違うのに
2012 / 02 / 21 ( Tue )
朝の十字架

 先日の記事を読み直して、“教会”と“教会堂”を混同していたことに気付きました。

 いつもきちんと区別するのは難しいこともあり、便宜上そうなってしまうこともありますが、厳密には区別する必要があるのです。

 「何のことか」と、お思いの方も多いと思いますが、実は“教会”というのは建物のことではなく、群れを形成する教会員たちを指すのです。

 “教会”は聖書の原語ギリシャ語で“集められた群れ”という意味の“エクレシア”という言葉です。

 ですから、建物のことではないのです。

 建物は“教会”ではなくて“教会堂”というのが正しいのです。

 私は尾鷲教会のことを“温かい教会”と書きましたが、それは“暖房の効いた建物”ということではなくて、“温かい教会員さんたち”だということです。

 もし、そのように誤解されていたら恥ずかしいなぁ・・。

 そんなつもりで書いてないのに、誤解してもおかしくない書き方なのにさっき気付いたという訳です。

 ちょっとややこしいですか・・。

 しかし、そう聞くと“あれおかしいぞ”と、思われることって幾つかあると思います。

 たとえば、結婚式のために“ホテルに建てられた教会”です。

 あそこには信徒、少なくとも群れを形成する複数の信徒たちは存在しない訳ですから“教会”ではありません。

 学校(ミッションスクール)や、キリスト教関係の病院の中にある礼拝場所が、“礼拝堂”とか“チャペル”とか“教会堂”などと呼称されているのもそのためです。

 チャプレン(その施設で働く牧師)はいても、教会を形成する信徒の群れがいないからです(いても流動的であり、どこかの教会に所属している信徒だから)。

 ただし、東京三鷹のICU(国際基督教大学)のように、学校法人として付属の教会を形成しているところもありますが、それは例外です。

 しかし、ここまで書いてきて、ミッションスクールやキリスト教主義の病院や福祉施設は、完全にホテルと並べて考えられないものだなとあらためて思わされました。
 
 ホテルは結婚式産業として、形だけの礼拝堂を建てているだけですし、そこで働いている牧師も本物ばかりではありません。

 私も実際に、偽牧師をホテルで目撃したことがあります。

 何年か前“週刊文春”に「ホテル・結婚式場の牧師の9割はニセ者だ!まさに神をも畏れぬ仕業(2005年5月26日号)」という記事がとりあげられたように、結婚式場の外国人牧師のほとんどは偽物(牧師の資格も無く、英会話塾の先生とか米兵)だそうです・・。

 元宣教師という異色の国会議員ツルネン氏も、ツルネンメルマガで、偽牧師について触れています。

 う~ん、しかし・・、それでいいのか日本人・・。

 私も小さな事としておかないで、教会と教会堂の区別くらいはきちんとしていこう。

スポンサーサイト
21 : 28 : 41 | 思ったこと | コメント(2) | page top
<<意外な嬉しい一言 | ホーム | 昨日の朝>>
コメント
--ニセ牧師の多い事--

主の御名を讃美致します。
ブライダル業界に従事していますが、まさに書かれている通り、ニセ牧師の多い事。
T○C(東京音楽○○○)という牧師派遣会社がありますが、HPには按主礼を受けた資格ある牧師の派遣と記されていますが、実際にお会いした方は、聖書の御言葉も理解しない外国人タレントでした。
さらに「式では話さないように」と会社から言われ、女性がチャペル挙式の司会で進行しているようでした。
最近徐々にニセ牧師の話が2チャンネルで出ていますが、一度きっちりした報いがありますよう祈るばかりです。
失礼しました。
by: teketeke * 2012/02/22 13:10 * URL [ 編集 ] | page top
--teketeke さんへ--

コメントありがとうございました。
外国人の牧師イコール宣教師ということになりますよね。
宣教師とは海外宣教のために、本国から給与付きで送り出されています。
つまり経済的に困っていないし、ましてやバイトする必要もありません。
もしバイトが許されていたとしても、
土日は教会の仕事で忙しいはずで、
少なくとも日曜日の午前中など礼拝がありますから、
絶対に休むことはできません。
そのために本国から使わされている訳ですから。
しかし、実際に、日曜日の午前中、礼拝時間と重なっているにも関わらず
白人の牧師がホテルで結婚式を執り行っているのは
事実であり、奇妙であるとしか言いようがありません。
by: ショウゴ * 2012/02/22 14:36 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |