配慮なのかお節介なのか
2012 / 04 / 16 ( Mon )
みどりいろ

 “配慮とお節介は紙一重”と言われたりします。

 微妙な差に過ぎないのなら、

 あまりゴチャゴチャ考えすぎないで

 “お節介”と揶揄されるのを恐れず、

 “配慮”をもって生きていたいと思います。

 どうせ、大したことは出来ないはずだし

 多分さりげなければ、相手にも自分にもよく分かりますまい^^;

スポンサーサイト
20 : 51 : 15 | 思ったこと | コメント(2) | page top
<<新年度ですねぇ | ホーム | たいしたことない喜びの報告>>
コメント
--ホントに!--

いつも「お節介ですよね・・・」と言いながら、自分でも「余計
な事だよな」と思いながら、でも突き動かされるようにやって
しまいます。「配慮」だと信じて。
さりげない時ばっかりでもないので・・・でも関わらないよりは
いいか!と思いながら。
相手の優しさが一枚上手かな?と思わされたり(^^;)
by: ねこあいちゃん * 2012/04/17 18:05 * URL [ 編集 ] | page top
--ねこあいちゃんさんへ--

お互い持ちつ持たれつということで、それは大事なことだと思います。
“してあげてる”感は最悪ですから。
大事なのは“配慮”と信じて行動するということでしょうね。
“無関心”よりどれだけ貴いか。
by: ショウゴ * 2012/04/18 08:17 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |