07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

孤独の中で

2012年08月28日
くさ

 孤独に気付く

 孤独であることを思い知る

 孤独であったことを改めて認識する

 孤独から来るさまざまな感情に揺さぶられる

 では、孤独は罪なのか

 自分の罪なのか

 それとも何かの罰なのか

 笑顔満ちた世界で一人あえぐ

 立ち止まれば楽なのだろうか

 振り向けば良いのだろうか

 いっそ投げ出してしまえば開かれるのだろうか

 そんなことをつぶやきながら歩き続ける

 そして私は神を知る

スポンサーサイト
思ったこと | コメント(11)
コメント
孤独に限らず、気付くこと、気付かされることからしか、本当の意味において神を知り、私の主に出逢うことはないのではないかと思っております。
Re: タイトルなし
そうですね、孤独を知ることで
孤独ではないことを知るものだと思います。
最近、老人の孤独死とか独居の孤独さが社会問題のように取り上げられていますが・・・少し違和感と感じます。
私の周りの年配の方々は、一人暮らしを謳歌している方も多く、子供や孫が来ると生活のペースが狂って疲れてしまう、という方も。
一方で、大学は出たものの職にもつけず、友達関係もなく、毎日生活費の心配をしながら、ただひたすら孤独と無力さを感じている一人暮らしの若者も多いと聞きました。

孤独って・・・年令とかには関係なく、やはり人の心の問題じゃないかと。
あるドラマの主人公のセリフにこんなのがありました。
「二人でいるとね、一人でいるより孤独に感じることがあるのよ」
・・・すごくよくわかります、この気持ち。
とんがりねずみ さんへ
そう、どんな孤独に気付くかが大切な気がします。
その先に待っているものが違ってくるはずです。
余り真剣に孤独を実感していないかな?

ブログの表紙が秋になりましたね
字が大きくなり嬉しいです
ハッピー高齢者 さんへ
> 余り真剣に孤独を実感していないかな?

 孤独を突き抜けた者の重みのある言葉かもしれませんね。

> ブログの表紙が秋になりましたね
> 字が大きくなり嬉しいです

 一足早く秋にしてみました~^^
こんにちは~

皆、独りで生まれ出て、独り死んで行くって事は、皆、孤独の中に生きている、だからこそ愛するものを求め、寄り添いたいと願う。

孤独が当り前、と思い生きてきましたから、孤独って言うのも満更悪いものではない、孤独であるからこそ、繋がりたいと強く願ったのかもしれない。

落ちが思い浮かばなかったのは残念。
ばくさんへ
そう、人は結局孤独な存在なんだと思います。
ただ、そのことに気づいた果てに
傍らにいてくださる神の存在に気づかされると私は思うのです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメントさんへ
この世は確かに空しさと孤独で満ちています。
ほんの少しはみ出しただけで、弾き飛ばされたままになってしまうこともあります。
人とのふれあいや、人の温かさを求めても、それがままならないこともしばしばです。
あがいてもあがいても、いや、あがけばあがくほど、自分の求めているものから遠のいてしまうこともあります。
わたしにもそういう経験はいっぱいあります。
しかし、だからこそ、私は本当の人の優しさや思いやりを知ることができたと思っています。
だから苦しんでいる人や自殺した人を悪く言う人、弱虫だという人は、そういう経験をしていない人であり、本当の優しさも思いやりも温かさも知らない人なんだと思います。
そして、死んだ方がましだと思えるような辛い経験は、人を人間らしい人にしてくれる貴重なものだと思います。
痛みの経験は、他人の痛みを共感し寄り添える本当の優しさになります。
だから耐えろと言うのではありません。耐えがたくなったらそこから逃げるべきです。
「逃げちたゃだめだ」とか「やれば出来る」と思っている人は、
それが単なる思い込みであることを認識すべきだと思います(いつだれがそんなこと決めたの?)。
誰かに後ろ指を指されようと、無理なものは無理で構わないと思います。
いざとなったら逃げるというスタンスで、
でも、辛い経験が人間性を豊かにすることも認識したうえで生きていく、
それでいいのではないかと私は思います。
しんどいことが多くても、心からの喜びや感動をほんの少しでも味わえる人生って
本当に豊かなんじゃないでしょうか。


管理者のみに表示