温泉病院
2012 / 09 / 04 ( Tue )
とある病院

 実は毎月、病床聖餐に出かけています。

 病床にある方のところへ訪問して、聖餐式という礼典を行うのです。

 ですから、この前の日曜日も、礼拝後の長老会が終わってから出掛けました。

 その中で、ある病院にはオツな施設があるので紹介します。

 ジャジャジャジャーン。

足湯です

 それは足湯です。

 ロビー横に広い空間が確保されていて、喫茶コーナーなどと一緒にあります。

 一回だけ帰りに入りましたが、結構熱めでした・・。

車イス用足湯

 そして、何と。ほら、車椅子用の足湯も完備されています。

 さすが、病院です。

 ねっ

 それにしても贅沢な作りです。

 吹き抜けで開放的な空間。

 しかも、よく見渡してみると、なんとなくトロピカル風情に仕上げられています。

 病院臭くない雰囲気がなかなか良いと思いました。

ちょっとトロピカル風かな

 しかし、もう2年以上毎月欠かすことなく行っていますが、足湯に入ったのはたったの1回こっきり。

 やっぱり、仕事で行っているわけだから、くつろぐ気になれないからでしょうね。

 でも、実はこの病院、足湯だけではないんですよ~。

 この病院には、日本温泉気候物理医学会認定の温泉療法医による、温泉治療を行っていて、屋上には大・小展望風呂があるのです。

 温泉で治療やリハビリを進めているとのこと。露天風呂もどこかにあるそうですが、詳細はまだ未確認です。

 外来患者だけでなく地域住民も加えて、1日220~230人が利用しているというから驚き・・。

 いろんな病院がありますね。

 ちなみに、泉質はアルカリ性単純温泉。泉温:摂氏51度。PH値:8.8。湧出量:860L/分。

 温泉成分は陽イオン・陰イオン、溶在ガス成分、非解離成分等。

 一般適応症は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進とありました。

 五十肩の私としては、通った方が良さそうな気もしますが・・年配の方ばかりでしょうから・・。

帰り道の雲

 帰り道には、9月になったというのに、まだまだ夏っぽい雲が照り輝いていました。

スポンサーサイト
16 : 54 : 55 | 行事 | コメント(2) | page top
<<雲の上の青空のように | ホーム | 伊賀忍者>>
コメント
----

五十肩(四十肩)には色々ある様で、強烈な!猛烈な!痛みに襲われ、夜も眠れずに日常生活がままならないほど、しかし闘病期間は短期間の場合と、痛みはあるもののそれほどではなく、しかし闘病期間が数年と長引く場合あるそうです。我が家は夫は短期型、私は長期型でした。
いずれに致しましても、どうぞお大事に!
by: ビタミンK・K * 2012/09/04 19:21 * URL [ 編集 ] | page top
--ビタミンK・K さんへ--

そちらも大事に!
by: ショウゴ * 2012/09/05 12:59 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |