06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

瀬戸内

2012年09月10日
豊島

 今日、松阪教会で三重地区の教師会(牧師会)があって、桑名教会の先生と話をしていたら、“先日瀬戸大橋を通る機会があって、景観の素晴らしさに感激した。三野先生はあんなすばらしい景色の所に居られたんですね”と話しかけられました。

 四日市教会に来る前は香川県の小豆島に居たから、そういう言葉をかけて頂いた訳です。

 上の写真は小豆島から見たお隣の豊島(てしま)の写真です。

 う~む。確かに今見返してみると、住んでいた時以上に、その景観に感動してしまいそう。

 瀬戸内海には素晴らしい自然がいっぱいあったなと、ふいに思い出してしまいました。

スポンサーサイト
出来事 | コメント(4)
コメント
美しい。 こんな美しさがある地球に住めている事に感謝。
おゆきどん さんへ
ほんと、美しい景色は日本中に、
そして、世界中にありますよね。
それを思うと、感謝と感激です。
はじめまして。幾分も前から読み逃げしておりました。
豊島の文字にひきつけられてやってきました。
上から見ると何の困窮も見えないですね。
昔、廃棄物処理場反対運動にかかわった時にこの島には行ったことがあります。小さなフェリーから降りた途端、この島には似つかわしくないダンプが僕らすれすれを何台も通り抜けて行って、その現地に行けば放射性物質を示すマークの書かれたドラム缶まで転がっていました。
でも、案内してもらった海水浴場の美しさと、(案内してくれた)Iさんが「あまりにきれいな夕日に涙が出てしまう」と言われた夕暮れは忘れられません。

拙教会のY兄姉はしばらく小豆島の教会に通われていたとか…。
僕も尾崎放哉さんの跡を見にいつかは伺いたい場所です。

突然に不躾に長々と失礼をいたしました。
Take さんへ
コメントありがとうございます。
そうですね、豊島を語るときに産廃問題は外せませんね。
それにしても、のんびり時間の過ぎる美しい島でした。
Yさんによろしく。

管理者のみに表示