07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

リラックスして過ごせばば良かった

2012年10月24日
夕方

「牧師さんは毎週日曜日に説教があるから大変でしょう。」

 たまにそんなことを言われます。

 確かに牧師の仕事の中で一番重要なものなので大変は大変です。重い責任もあります。

 しかし、どんなに忙しくても“様々なことをこなしながら説教準備をする”という生活リズムが出来ている上に、ある意味楽しみでもありますから、苦痛ではないのです。

 先週の四日市教会の礼拝は“信徒証言礼拝”つまり、牧師の説教のところで信徒さんがお話をされる礼拝でしたし、今週は“神学校日礼拝”として神学校から神学生(牧師のタマゴ)をお招きして説教を語っていただくという礼拝でした。

 つまり、2週続けて私ではない方がお話しされたので、その間に説教準備は無し。

 ※本来は先週が“神学校日礼拝”で、今週が“信徒証言礼拝”なのですが、神学生の都合もあって、今年は前後したのです。

 しかし、説教準備の無い日常の違和感としんどさを感じるものでした。

 そしそて、説教準備をしないで臨む礼拝の、何と落ち着かないものか・・。

 ・・とかなんとか、感じたり考えたりする訳ですけれども、当たり前の日常に戻ると“せっかくだからもっとリラックスしておけば良かった”と冷静さを取り戻しますが、後の祭りです。

 来年こそリラックスして過ごしてみたいと思います。

スポンサーサイト
行事 | コメント(4)
コメント
本当にお休みがないので大変だと思います
いつもの事がいつもでないと、落ち着かないのも確かですね
なんだか普通の生活ってリズムがありますね
そのリズムも大切です
ハッピー高齢者 さんへ
休みが無い訳ではないのですが、
時間があると普段できない仕事をしたり
本を読んだりしてしまうだけですかね。
でも、大切なのは生活のリズムかなと
そんなことを思いました。
情緒ある良き時代昭和の夕暮れ時を懐かしく
思い出させてくれた1枚の写真。
教会の看板が温かく添えてあり、気づいたら
頭の中で昔を回顧しておりました。
アバルト さんへ
コメントありがとうございます。
向こうに見えているのは和菓子屋さんの看板。
畳屋さんがあったり看板屋さんがあったり、
言われてみれば風情のある通りなのかもと思いました。

管理者のみに表示