人はあなたの後ろを見ているよ
2013 / 03 / 01 ( Fri )
あるく

 いつだったか、先輩牧師からこんなことを言われました。

 「教会員さんは牧師の後ろを見ているよ。」

 最初は何のことを言っているのか分かりませんでしたが、こういうことのようです。

 “言葉の上で素晴らしい会話や説教をしても、それだけでは駄目なんだ”

 “口先の言葉ではなく、その牧師の背負ってきているものや生き方を人は見ている”

 う~ん、そうかもしれません。いや、きっとそうだと思います。

 人は他人にどう見られるかを気にするあまり、外見を取り繕おうと必死で頑張るものですが、人はそんな表面的なものではなく、その向こう側にあるその人の本質を受け止めようとするものです。

 世間的なイメージが確定している牧師など、意識過剰になりかねない背景がある訳ですから、上手に見かけをごまかしてやり過ごそうと考える人がいてもおかしくありません。

 威厳をもって、聖書的に正しく、神学的に素晴らしい言葉を巧みに操るのは、そこそこ勉強していればそう難しくはないでしょう。

 しかし、聖書的に正しかろうが、神学的に優れていようが、その言葉はただそれだけのものに過ぎません。

 本当に人の心に届くものを共有するためには、それだけでは駄目だということです。

 牧師の本気度や真剣さ、謙虚さや祈りの姿勢が本物かどうかが大切なんだと、その先輩牧師は語ってくれたのだと思います。

 確かにそうだなと思いました。そして、これはすべての人間関係にも当てはまるものだなと思いました。

 相手がどんなに表面的に取り繕っても、そのメッキは剥げてきますし、どんなに隠していようと、良いものでも悪いものでも、その人の本質は見え隠れしてきます。

 そうしてみると、その解決は頑張る生き方では有り得ないこと、不完全な自分たちにとって可能な道筋は謙虚に生きることなのだろうなと思わされました。

 “肩ひじ張らずに、あなたはあなたらしく生きたらいいと思うよ”

 結局はそういうことなのでしょうね。

スポンサーサイト
21 : 37 : 19 | 未分類 | コメント(10) | page top
<<店を知らない・・ | ホーム | 内気な妻の買い物>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2013/03/01 22:44 * [ 編集 ] | page top
--鍵コメントさんへ--

それでは今お疲れですね。
道が開かれることを祈っています。
by: ショウゴ * 2013/03/02 08:44 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

牧師さんの立場から今度のコンクラーベのことはどう思ってらっしゃいますか?バチカンってホントのところどうなんでしょうか?専門家のご意見を伺いたいです。
by: 米蔵 * 2013/03/02 12:07 * URL [ 編集 ] | page top
--米蔵 さんへ--

率直に言って、特に何も考えていません。
ローマ・カトリック教会は全く別組織となりますし、
宗教改革時のように対立している訳でもありませんから。
教皇の選出方法も時代とともに変化しているので
今はコンクラーヴェで落ち着いているのだろうなと言う程度ですか。
by: ショウゴ * 2013/03/02 15:06 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

こんばんは~!
まさしく!!

わたしはレイキという癒しの手法を教えさせていただいていますが、その教えの五戒の中に
今日だけは怒るな、、、と出てくるわけです!

教えているからには、、子供に怒りそうなときも
じ~と??耐えて、、怒るな!!を思い出します。笑

見かけではなくなりたいですね。
by: ami * 2013/03/02 19:37 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

人にものを言う立場の人すべてに当てはまる言葉だと思います
自戒しなければ
by: はおっち * 2013/03/03 09:03 * URL [ 編集 ] | page top
--ami さんへ--

結局は“隠されているもので露わにならないものは無い”ということが言えるかと思います。
人とのかかわりの中で生きてくことは重いものですね。
by: ショウゴ * 2013/03/03 21:10 * URL [ 編集 ] | page top
--はおっち さんへ--

人と関わる全ての人に当てはまるように思えます。
私も自戒しなければ。
by: ショウゴ * 2013/03/03 21:13 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

>>>しかし、聖書的に正しかろうが、神学的に優れていようが、その言葉はただそれだけのものに過ぎません。
本当に人の心に届くものを共有するためには、それだけでは駄目だということです。

まさにそうですね。私は子供と向き合っている時に世間的に正かろうが、優れていようが、その言葉はただそれだけのものに過ぎないと感じます。

by: おゆきどん * 2013/03/05 07:14 * URL [ 編集 ] | page top
--おゆきどん さんへ--

言葉ももちろん大切ですが
その言葉に命を吹き込むものは何かを考えたいでよね。
by: ショウゴ * 2013/03/07 09:23 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |