まさゆめまくら

author photo

Byショウゴ

まさゆめまくら

 春休みの家族サービスで、ドラえもんの映画に行きました。ドラえもんがいつも使っているような“ひみつ道具”を展示している“ひみつ道具博物館(ミュージアム)”が舞台のお話です。

 テレビのお話がほのぼのしているというのに、ドラえもんの映画というと、ハラハラドキドキが過ぎて恐いくらいのお話が多いのに、今回の映画は、ドラえもんのひみつ道具がいっぱい出て来て楽しいし、悪者は出てこないので、程よく楽しめる映画に仕上がっていました。

 しかし、ひつみ道具に触発されたのか、帰って来てから妻と子供たちは、ひみつ道具のアイディアを出し合って、いつまでもワイワイやってます。

 どれどれちょっと見せてね、と覗いてみると、どれもこれも結構面白いアイディアだらけです。

 ぺろぺろどりとか、どろどろぼうしとか、ぷかぷかフーセンガムとか、全部で20枚以上のアイディアカードが出来ていました。
 
 ・・しかし・・、確か映画製作中に“みんなの考えたひみつ道具大募集”なんてキャンペーンをしていたような気がするので、もっと早くしておけば応募できて、もっと楽しめたかもしれないのになと思わされますけどね・・。

 ちなみに、私のお気に入りは上の写真の“まさゆめまくら”ですね。ただ、怖い夢とか見た日には大変そうですが・・
 
 友人に話すと「“良いゆめまくら”なんかも良いね~」なんて言っていましたが、それを言うなら二つを足して“良いまさゆめまくら”がベストかもしれませんね。

 それにしても、博物館に大々的に展示されているということは、ちっとも秘密ではない訳ですから“ひみつ道具”というのはちょつとおかしい気がします。こんなに楽しいのだから“お楽しみ道具”なんて名前の方が合ってるんじゃないかな~。
 
スポンサーサイト
Share

Comments 2

RYU  

No title

タケコプターがほしいです

2013/04/07 (Sun) 11:51 | EDIT | REPLY |   

ショウゴ  

RYU さんへ

私はどこでもドアかな~

2013/04/07 (Sun) 19:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply