元気の源

2013/04/12 Fri 23:26

P1060573-2_20130412224203.jpg

 先日、友人が車を買ったことで、私は衝撃を受けました。

 聞くところによると、ずっと昔から憧れていた車で、いつか必ず買いたいと思い続けていたけど、ふと自分の人生って結構残り少ないと言えば少ないなことに気付いたから、思い切って買ったのだそうです。

 夢をあきらめるのではなく、実現するその決断力と行動力に脱帽です。

 特にスポーティーな車など、歳をとるとともにあきらめモードが漂ってきてしまいがちなもの。

 たぶん私の方が彼より車好きだと思っていました。そんな自負心があるにはありますが、私はいつの間にかファミリーカー的なミニバンで落ち着いているではありませんか・・。

 ううむ・・。

 なんだか、いつのまにかいろんな理由をつけて、こじんまりとしている自分に気づかされました。

 もちろん、車を買う余裕はありませんが、若かったころの覇気を失っているような気がしたのです。

 ワクワク感とか、ドキドキ感とか、もっと持ち続けるのも良いものかもしれないと、改めて思わされる出来事でした。

 絶対買うぞと決意するところまで行きませんが、いつの間にか諦めてるビッグバイクの夢とか、も一度考えてみようかな。

 ドゥカティ1198Sとかね。

 う~ん、なんかそれだけで元気が出てきた気がする。

 
スポンサーサイト
プライベート | コメント(10)
コメント
No title
夢は大きいほうが良いと思いますよ
夫はいつかベンツに乗るのだと75歳まで行っていましたが免許を返上したのでおしまいです
近所の人にベンツのどこまで?といわれバックミラーぐらい貯まったかな?
夢はあったほうが良いと思います
愛の歌
そうですねえ。
いつのまにか、ドキドキ感がしぼんでいるのを思わされます。
歌はみんなラブソングだと言われました。
誰かに愛を伝えたくて歌うのだと。
ン~ン、誰に・・・夫だと言えない私。
かといって他に誰かがいるというのでもないのが寂しい・・・かな?
ハピー後期高齢者 さんへ
夢って大切ですよね。
別に物欲ではなくて、心ときめく夢が必要だなって思いました。
そういえば、ベンツって、高級車だけでなく
タクシーやバス、トラックなど、ありとあらゆる車種を作っている会社なんですよ。
日本にもベンツのバスを導入している会社があるので、
いつか乗る機会はあるかもしれませんよ。

ねこあいちゃん さんへ
そう、現実的に考えれば、若かりし頃のように
無いものや足りないものをわきまえて
情熱をぶつけることができなくなっています。
いろんなものが整ってきていると言えばそれまでですが、
それがさびしくなるのですよね~
私はつい先日、自動車学校を卒業しました昔、憧れていた自動二輪の免許を取りに息子世代の教習生に混じって2ヶ月間通いました。

息子たちの卒業・就職に合わせて私自身の再就職が重なり、自宅には介護老人が...時間のやりくりは思っていたほど簡単なことではありませんでした。教習所は春休みの混雑もあり...途中、なんども期間を明けながら2ヶ月以上かけてなんとか卒業にこぎつけました。

もう今さらバイクの後ろに息子を乗せて...な~んてことはできないのですが(笑)自分が若い頃、思い描いていた夢を実現させてもらえたことを大変嬉しく思ってます。

子育て期間中、忘れていた昔の夢...今日の先生のblogと重なりコメントいれてしまいました...私、5ヶ月先には50になります
No title
私が大型免許を取得したのも同じ理由からです
残り少ない人生を悔いのないように生きたい
その時に何をしないと悔いが残るか考えた時
思いついたのが大型免許の取得でした
乗るかどうかわからないがとりあえず持ってない事には話になりません
そして結局バイクも中古車ですが買ってしまいました
贅沢ですが心の洗濯にはいいと思いました
わがままですが自分らしく生きるのには必要な経費だと思います
夢はいつまでも追いかけていたいですよね
まんぼう さんへ
素晴らしいですね。
同世代の夢の具現化は刺激的です。
いっぱい楽しんでください。
はおっち さんへ
なるほど、心の洗濯なんですね。
私も悔い無く生きたいと思います。
贅沢と無駄は別物ですし。
もつとも、いつか・・なんですけどね。
縛るのは自分!
おはようございます。
良いお話ですね。
結局、自分を縛るのは自分。折角の人生です、伸び伸びとして生きたいですね。
yokoblueplanet さんへ
こんなことしてはいけないとか、自重すべきだとか
結局自分で勝手に決めつけて不自由になっていることって、たくさんあるんでしょうね。

管理者のみに表示