07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013年05月17日
柿の花-2

 今年も柿の木に花が咲き始めました。

 黄色っぽくて小さな地味な花ですから、うっかりすると見落としてしまいそうです。

 柿には裏表の年があると言われていて、昨年はあまり実らなかったので、それで言うと今年は多いはずです。

 ただ、カラスなどの野鳥が虎視眈々と狙っているので、実りの秋はそれなりに気疲れしますけどね。

 それでも今から楽しみです。

 柿と言えば不思議なことが一つ。

 建てられたばかりの劇場で、初めて行われる催しを“こけら落とし”と言いますが、その木くずを意味する“こけら”って“杮”と書くのですよね。

 しかし、この杮(こけら)は柿(かき)という字と微妙に違います。

 杮(こけら)はつくりの縦の線が上から下までつながっていて、柿(かき)の9画に対して8画なのです。

 本来は同じ字ではないかと言われるみたいですが、柿(かき)と木くずがどうもつながりません。

 だれか、この辺に詳しい方がおられたら教えてください。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメントさんへ
わざわざ調べて頂いてありがとうございます。
でも、やっぱり良く分からないですよね。
謎ですね。
カキとコケラの違い
果物は木へんに5画の市(シ)、
こけらは木へんに4画の市(ハイ)で、
同じかたちに見えるけど本来は違う漢字なんですね。
ハイのほうはもともと草木が伸び乱れてるさまのこと。
そこから、木屑が散らかってる→ こけら、
とつながったのかもしれません。
ちなみにハイは「肺」のつくりと同じですが、
(確かに肺は血管が枝のように伸び乱れてる臓器ですね)
こちらはすでに書き順が混同されてしまったようです。
ちかおばちゃん さんへ
さすがですね。なるほど、違いが良くわかりました。
ただ、柿の枝もばさばさ刈っておかないと
ものすごく伸び乱れてしまう木ですから、
柿の木のつくりも市(ハイ)がふさわしいような気もします・・。
なんだか考え過ぎるとややこしくなりそう・・。

管理者のみに表示