07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

教会のオルガン

2013年06月28日
でんきおるがん

 先日、教会の電気オルガンをメンテナンスしていただきました。

 買ってから10年以上もメンテナンスしていないのは、さすがにいけないだろうということになったからです。

 しかし、面倒がってメンテナンスしなかったのではなく、買った正規販売店が既に存在しないためなのでした。

 数百万円もするオルガンだというのに、アフターケアが立ち消え状態だったという訳です。

 今回はメンテナンス出来る方を探し、職人さんに東京から来ていただいて実現したのでした。

 しかし、驚きました。カバーを開けると基盤や電気部品の塊。

 時代の最先端を行ってる気がして、それはそれでいいのですが、いろいろと話を聞いていると、電気オルガンは電気部品であり、足踏みオルガンやパイプオルガンのように、メンテナンス次第で何百年と持つようなことはないらしいのです。

 言われてみれば、それはそうですね。

 しかし、それにしても、パーツ類は消耗品を含めて、そろそろ手に入りにくくなっていると言うではありませんか・・。

 え゛ーーーーーっ。

 たとえばイタリア製のキーボード部分は、メーカーがその製造を終了しているため、鍵盤の下にあるゴム製のパーツは安いモノだけに儲けが無いので、メーカーは鋳型を作り直してまで再生産しないだろうということでした。

 つまり、この2センチ幅のゴムパーツが次にダメになったら、キーボードごと移植してやり過ごすしかないというのです・・。

 それにスピーカーのアンプなども、壊れたら部品が無いので、全く別のものと取り換えるしかないとのこと・・。

 結局、一事が万事、継ぎ接ぎして何とか状態を保っていくことになるようですが、そんなふうに継ぎ接ぎしていつまでもつのかと不安になります。

 まさに“電気製品”なんだなと実感してしまいました・・。

 しかし、これは寄付してくださった方の思いや、毎週一所懸命練習して奏楽してくださっているオルガニストさんたちの情熱がこもっているオルガンです。

 その重厚な音色で礼拝音楽の幅を広げ、感動を呼び、教会に集う皆さんの賛美と信仰と共に在るオルガンです。

 出来るところまで、継ぎ接ぎしてでも大切に守っていってあげようと自然と思えるのは、このオルガンが四日市教会の仲間だからでしょうね。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(4)
コメント
No title
文明のりきとはなんと水臭いモノかと思い知らされた感じです
もっと部品がいつまでも調達できるものかと思っていました
一生懸命オルガンの御奉仕してくださる方に感謝ですね
No title
一日ではなく、、一年でも長く使えることをお祈りしています!

こころにずしーんとくる音なのでしょうねぇ~~!
ハピー後期高齢者 さんへ
ほんとオルガニストに感謝です。
しかし、オルガンも電気製品とは思っていましたが、
このように現実を突きつけられるとあぜんとしてしまいます。
でも、箱の中身は空間がいっぱいあるので、
いろいろと部品を取り換えてやっていけそうに思いました。
ami さんへ
ありがとうございます。
がんばって長~く付き合っていこうと思います。
音はずしーんと来るかどうか自信ありませんが、
それなりにいい音です(#^.^#)

管理者のみに表示