教会入口に看板
2013 / 07 / 02 ( Tue )
看板①

 四日市教会の礼拝堂は昭和25年築ですが、伊勢湾台風で被害に遭って昭和35年に増改築して現在に至っています。

 昭和25年当時の礼拝堂の写真を見ると、入り口は南側の会堂正面にありますが、現在は横側に、しかも結構質素な作りで入り口らしくないような作りです。

 増改築のため仕方なかったのでしょう。

 それ以来50年以上もこのままで来ていますが、初めて教会に来られた方には、どこが入り口なのか分かりにくそうなことが分かってきました。

 それで、昨年から議論を重ね、「看板を設置すれば一目瞭然。看板を設置しよう」ということになり、やっと昨日実現しました。

看板②

 板は料理屋さんなどの看板にも使える高級なものを寄付していただくことができましたし、字は書道の先生をされている教会員さんにお願いしました。

 ものすごくローコストなのに、とても贅沢な看板が仕上がり驚いています。

看板③

 さて、問題は取り付け方です。

 漠然と簡単に考えていましたが、なにせ高級な板は重量がありますから、適当にして何かあったら大変です。

 字を書いてくださった方にも申し訳ありません。

 しかも、木造モルタルの壁の強度がどれほどのものか素人には分かりかねますし、うかつなことは出来ません・・。

 そこで、本職の大工さんの登場です。

看板④

 いろいろと苦労されたようですが、何とか設置完了。

 どうですか。
 
 なんとなく良い雰囲気に仕上がりましたでしょうか。

スポンサーサイト
21 : 14 : 30 | 出来事 | コメント(6) | page top
<<暑いですねぇ | ホーム | 教会のオルガン>>
コメント
--No title--

こんにちは~♪
なかなか見栄えのする看板ですね(*^^)
雨風にさらされてもいいように、保護フィルムなどはされたのでしょうか(o^―^o)ニコ
それにしても古い建物、文化財並みの価値が出てきそうですね( ^)o(^ )
by: まり姫 * 2013/07/03 17:19 * URL [ 編集 ] | page top
--まり姫 さんへ--

ありがとうございます。
板にはあえて防護フィルムを貼ったり、ニスを塗ったりしていません。
その方が風格と味わいが出てくるだろうとふんでいるからです。
建物は古いのですが、文化財的な価値が付くようなしろものではないですね。残念ながら。
でも、とても大事にしています(#^.^#)
by: ショウゴ * 2013/07/04 10:10 * URL [ 編集 ] | page top
--入り口らしく!--

こんにちは。
伊勢湾台風。。。大分前の話。。。もう知らない人もいるかも知れませんが、それ以来の建物なのですね。
入り口らしくなって良かったですね!
(板は木材用のオイルだけでも塗ったようが保ちが良くなるかと思います。
外にあるので板にとっても厳しい環境ですから、、、)
by: yokoblueplanet * 2013/07/04 10:52 * URL [ 編集 ] | page top
--yokoblueplanet さんへ--

ありがとうございます。
私もね、保護塗装したほうが良いかなと思っていたのですが、
木部を意図的に腐食させて字を浮き上がらせよう、と言うことになりまして、このままにしてあります。
大丈夫なのかなとも思いますが、やってみようと思います。
・・どうなるかな・・。
by: ショウゴ * 2013/07/04 13:49 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

こんばんわ。
和風建築物で教会なのですね。
教会というと、洋館的なイメージが強いです。
by: たぁまぁ * 2013/07/05 23:39 * URL [ 編集 ] | page top
--たぁまぁ--

和風というか、平凡な平屋というか・・。
伊勢湾台風で塔の部分が壊れてしまい、それから塔を作ってないので
外観は何となく長屋みたいに見えます・・。
ただ、礼拝堂内部は風格がありますよ。
by: ショウゴ * 2013/07/10 16:54 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |