“データ用”と“録画用”DVD-R

author photo

Byショウゴ

DVD-R

 DVD-Rに“データ用”と“録画用”が在るのは知っていましたが、その違いは漠然としたもので、テレビなどを録画するのにデータ用を使ってしまうと綺麗に映らない程度なのだろうと思っていました。

 しかし、そうはいっても、ファイルのバックアップ用と録画用のために“データ用”と“録画用”の二種類を買い揃えておくのも面倒なので、どちらにも使えるだろうと“録画用”をいつも買っていました。

 実際、“録画用”の方が少し値段が高いので、ほんの少し高級そうな気がします。

 カセットテープも(古っ!!)ビデオテープも高い方が良いモノでしたからね。

 もちろん、DVD-Rにも値段の高いのや安いのがあるので、できるだけ安いのを買いますが、それでも同じメーカーの同じようなものなら“録画用”を買うということで、少しリッチ感を味わっていました。

 ところが!な、何と!“データ用”と“録画用”は同じものらしいじゃないですか!!

 まったくもってびっくりです。

 じゃぁ、値段の違いは何?ということですが、どうやら録画用のDVD-Rには、価格に私的録画保証金という物が含まれているからだそうです。

 デジタル時代になって、オリジナルから劣化せずに録画できるようになったことが原因のようです。

 実際にはどこで何に使われているお金か知りませんが、たぶん著作権組合みたいなところに行っているのでしょうか。

 知っている方がおられたら、ぜひ教えてください。

 少なくとも、誰がどの映画番組を録画したかなんてわかる訳もないので、個別の著作権所有者にわたるはずがありませんからね。

 そんなこと考えていたら、神学生時代に、神学校が全国の教会宛に「神学生のために」と献金を呼びかけていたのを思い出しました。

 私たち神学生には一円も入らず、全額神学校の経費に繰り入れられていたのですよ。

 もちろん、神学校が助かれば神学生のためにもなるという、西風が吹け場的な気もしますが、世の中そんなものですか・・。

 あ、DVD-Rの話だったのに。

 ですから、何が言いたいかというと、個人的な画像、家族旅行の動画とかをわざわざ“録画用”DVD-Rで撮らなくて良いということです。

 もっとも、違いはほんの数円みたいですが。

スポンサーサイト
Share

Comments 2

gg  

http://www.sarvh.or.jp/index.html
私的録画補償金制度の概要が書かれております

DVD-RはCD-Rに比べ劣化の度合いが早いです
その原因はコストを掛けられないからです
昔のCDの厚みと今売られているDVD-Rの厚みを比べればわかると思います

長期保存には不向きなメディアが市場に多くあります
家族の記録が砂嵐にならないようにご注意下さい

2013/11/02 (Sat) 23:08 | EDIT | REPLY |   

ショウゴ  

gg さんへ

早速お教え下さりありがとうございました。
おかげさまでいろんなことが分かりました。
それにしても、DVD-Rの品質が良くないというのはショックです。
言われてみれば、頻繁に子供たちが見ていたDVD-Rは時々ダメになっています。
テレビ番組ならそれで構いませんが、
大事なものはしっかりとバックアップしていないといけないということですね。
いろいろとありがとうございました。

2013/11/03 (Sun) 06:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply