見い出してね

author photo

Byショウゴ

波打ち際

 地域の補導委員長をしている関係で、小学校と中学校の卒業式に来賓として出席してきました。

 自分の子供が卒業生でなくても、卒業式って感動するものだなと改めて思わされました。

 みんな笑顔のままで新しい歩みを始めてくれるといいなと、本気で願います。

 それにしても、卒業式って「旅立っていきます」とか「羽ばたきます」とか、まるで鳥が美しく飛翔するイメージの言葉が入り乱れるものですね。

 確かに、子供たちの将来の可能性や、青春の日々の輝きを思うとまんざら嘘ではないと思います。

 思いますが、しかし、子供たちが将来を自分の手で掴み取る卒業後の歩みを考えると、それは地べたを這いつくばって汗水流すような過酷な一面もあります。

 苦労が報われたと笑顔で過ごす人がいる反面、ほんの少しの差で将来が大きく変わり愕然としている人もいると思います。

 旅立ちを口にした、子供たちの凛とした顔が目に焼き付いています。

 みんな元気に、新しい歩みの中で、自分なりの輝きを見つけ出しておくれ。

 こんなはずじゃなかったって思えるようなことも、それがすべてじゃなくて、いろんな可能性や出会いが傍らにあることを見い出してね。

 失敗と挫折、それに遠回りばかりだった私は、なんか考えすぎてしまうみたいですね。

スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply