06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

ジェンダー・・

2014年11月26日
光る浜

 今日は水曜日の聖書の学びの後、婦人会の三役さんたちとこれからの行事についての打ち合わせをしました。
 
 諸々の行事で、食事の準備などがあるからです。

 たちまち12月7日(日)は大掃除ですし、12月10日(水)には視覚障害の方々との合同クリスマス礼拝、12月21日(日)はクリスマス礼拝・祝会、1月11日(日)には修養会が予定されています。

 この前、チャペルコンサートや収穫感謝日・ミニバザーなどが終わったと思った所なのに、矢継ぎ早に行事が目白押しではないですか・・。

 それにしても、食事の準備はただちに婦人会という発想に、私なんかは違和感を感じますが、ご婦人方は全くそういう考えは無いようで、助かっているのか問題を先送りしているのか不思議な気がします。

 前時代的な気がしますが、いかがなものでしょうか・・。

 私にとっての課題ですね。

 
スポンサーサイト
思ったこと | コメント(2)
コメント
No title
こんにちは~♪
いつもお邪魔させていただいていますが、久しぶりにコメントをさせていただきますね(*^^)
日本社会はいまだに女性の役割りが正当に評価されない土壌があるように思います。
宗教とは関係なく封建制が長く続いたせいかもしれませんね(笑)
現職の女性国務大臣の中にもジェンダー・フリーを敵視している人があるくらいですから、料理は女性がつくって当然という考え方はなかなかなくならないでしょう。
三重県はとくにその傾向が強いかもしれません。
まり姫 さんへ
コメントありがとうございます。
地方はどうしても封建制度を引きずっている気がします。
女性が料理して、男性が食べるという図式が当たり前だというのは、いささか前時代的です。
しかし、当事者が違和感を感じないなら、前へ進むのは難しいですね。
でも、そんなこと言ってたら、それは本当に前に進もうとしているの?と反対に聞かれそうです・・。



管理者のみに表示