06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

ハナニラ

2015年04月09日
ハナニラ

 このハナニラは四日市教会の花壇のもので、毎年、たくさん花を咲かせてくれます。

 そういえば、5年前に四日市に来た時、このハナニラが花壇いっぱいに咲いている様子が、どことなくはかなげで、もの悲しさを漂わせているように思えたのを思い出します。

 引越し屋さんの都合等で、息子の幼稚園の卒園式翌々日に引っ越したこともあり、小豆島の幼稚園や教会、近所の方々との別れの寂しさを引きずってましたし、(私も妻も四国の人間なので)三重県が遠くに感じたり、知り合いが全くいない土地だけどちゃんとやっていけるだろうかとか、言葉にしていなかった寂しさや不安が、このハナニラを見たらこみ上げて来たのでした。

 確かに、花言葉は“悲しい別れ”とか“耐える愛”ですから、そんな風に感傷的になってもおかしくないのかもしれません。

 ちょっと寂しすぎる花言葉ですが、青みがかった白い花の色が物悲しさを漂わせているので“悲しい別れ”とされ、放っておいても結構育つから“耐える愛”とされたのだそうです。この別れのシーズンに咲く花でなければ、もっと別の花言葉がつけられていたかもしれませんね。

 どうせなら花の形がお星さまみたいな形だから“星に願いを”なんてのにすれば良かったのになんて考えていたら、それもハナニラの花言葉なんだとか。では、私はこれから“星に願いを”を一押しにしていこうと思います。えっ、それも少し寂しげですって?!

 ちなみに、食用のニラとは別の植物だそうですのでお間違いなきよう。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(2)
コメント
毎日寒いですね
8日はなんと東京雪とみぞれで振るいあがりました
たまに出かけたのに、と思いましたがこれも忘れることの出来ない
思い出になりました
庭の花は元気に咲いています
無記名さんへ
ほんと冗談みたいに寒いですね~
東京は雪と桜が同時に楽しめた珍しい年になったとも言われていますが、
そんなことより、この季節の寒さはちょっと厳しすぎでしょうか。
それにしても、身近な花には癒されますね。


管理者のみに表示