07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

頑張らないで

2015年06月11日
淡いいろ

 居心地が悪い、気分が悪いと嘆く人を時折見かけます。仕事、家庭、サークルどこもかしこも居心地が悪いと嘆きます。そんな人は、大体、まじめで一所懸命生きている人。しかも、周りの問題というよりその人の問題であることが多くあります。でも、まじめで一所懸命ですから、正しいことを正しくこなして生きている訳で、そんな自分に問題が内包されているとは思えません。だから自分で居心地を悪くしているのに、まったく気付けないのです。

 正しいから、一所懸命だから、“自分が変わると相手も変わる”という言葉の意味が理解できません。自分がこんなに頑張っているのに、周りの人はどうして頑張れないといぶかるばかりです。実は、相手をそのままで受け止めることが出来ていない訳なのに、頑張らない者をどうやって受け止められるのかと、思考は平行線で交わりません・・。

 考えてみると、そういう人は、実力以上の点数を自分にも他者にも求めているのかもしれません。誰に対しても100点を求めてしまう。あるいは100点を取る努力とか、せめて90点を求めてしまう。職場でも家庭でも、どこででも。80点がベストの妻にも、70点しか取れない後輩にも、50点しか取れない子供にも100点を求める。自分は自分で100点を目指している。しんどいけれどもそれが正しいから一所懸命努力する。なのに周りの者たちは100点でないのに100点を目指してもいないから腹立たしい。そんな不満が言葉に出る。行動に出る。言い訳は聞かない。もっともな理由も聞きたくない。聞いたってしょうがない。100点ではない以上話にならない・・。

 周りの人は引きます。家族だって引いてしまいます。そうすると、自分は正しいし、こんなに頑張っているのにと、引いてる者たちへの批判が湧いて来ます。更に言葉や態度に出てしまう。ますます引かれてしまう。まさに負のスパイラル・・。

 そして、いつどこででも、居心地が悪いと不平不満を口にする・・。

 75点しか取れない自分をそのまま受け入れる。80点しか取れない家族をそのまま受け入れる。70点、60点しか取れない人をそのまま受け入れる。自分と相手の現実を受け止められたら、「○○すべき」「○○であるべき」という正しそうに感じた言葉が、宙に浮いた無茶な言葉だということが分かるかもしれません。

 もし、ほんのちょっとでも、居心地の悪さや不安を感じたら、頑張らないで、素直に目と耳を傾けてみてはいかがでしょう。

スポンサーサイト
思ったこと | コメント(2)
コメント
No title
こんにちは~♪
例えは悪いですが動物愛護団体にお話のような傾向があると思います。
くしくも非常に危険なツキノワグマが平野部に出てきたため、三重県内の山に放しましたが、クマの食糧になる広葉樹が少なく岐阜県側まで現れるようになり、里山に住む住民から抗議を受けた三重県がクマの駆除をやむなく選択しました。
これにかみついたのが動物愛護団体です。
鳥獣保護法に違反するというのもわかりますが、昔から里山に住んでいる住民にとっては生命や財産をクマの出没によって危機にさらされることをまったく理解できないようで、自分たちの主張が100%正しいと思っていらっしゃるようです。
私に言わせればどうしてもツキノワグマを生かしたいのなら、人間が勝手に伐採した広葉樹の植林を先にやってほしいものです(笑)
山間部に住むものとして動物愛護団体の人たちの身勝手さを感じてたのでひとこと(*^^)
まり姫 さんへ
分かります。人間の一方的な身勝手さを感じる出来事でした。
勝手に高速道路で森を分断したり、河口堰を作っておいて、
そこで同時にしなければならない自然への償いが
置いて行かれることは本当に多いですよね。
想像力の欠如なのか、お金が勿体ないからなのか、
多分両方だと思いますが、本当に悲しいことです。


管理者のみに表示