07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

オタクではありませんが・・

2015年06月15日
レコードやソノシート

 引越しの度に荷物を処分して来ましたが、なんとなく手放せないで残っているのがこのソノシートとレコードです。もちろん、他にもレコードはたくさんありましたが、もはやプレーヤーも無いので、それらは全て処分しています。しかし、プレーヤーが無いからというより、最近ではCDさえも多く手放していますから、音楽そのものに執着が無くなってきているのだと思います。

 しかし、この数枚のレコードたちは、子供の頃、小さなプレーヤーで繰り返し繰り返し一所懸命聞いていたもので、あまりにも大切なものという印象が強かったからかもしれません。黄金バットは生まれて初めて買ってもらった自分のレコードで、何度聞いても、これを聞いている間は夢の世界にいるような気がしていました。キャプテンウルトラやウルトラセブンなんて、確か始まったばかりのUHF放送で、我が家の古いテレビでは観ることが出来なかったので、それはもう貴重なソースでした。想像を膨らませて何百回聞いたか分かりません。しかも、この二枚はお年玉で買ったもの。つまり、初めて自分で買ったものでした。赤影もそうですね。そうそう、ガッチャマンに至っては高知で放送されませんでしたよ。とにかく、強烈な思い入れが詰まったレコードです。

 その他は、ちょっと大きくなってからのものなので、それほどでもありませんが、テレビアニメで初めてファンクラブが出来たと言われる海のトリトンなんかはちっょと貴重な気がします。ここだけの話ですが、私のカラオケでの18番はこの“海のトリトン”です。そうそう、カラオケついでに言えば、カラオケの無い場で盛り上がれるのは“ガッチャマン”です。機会があれば、お試しあれ。

 宇宙戦艦ヤマトとかキャプテンハーロックなどは何故か手放していますね。持っていることがちょっと恥ずかしく思えたのかもしれません。そういえば、この中でも仮面ライダーV3はちょっと恥ずかしい気がします。本当なら仮面ライダーが残っているべきだと思いますが、実は仮面ライダーは持っていなかったので、なんとなくV3を残したのかもしれません。仮面ライダーはテレビで毎週欠かさず観ていたので、レコードを買おうという気が起きなかったのかもしれません。ちなみに、我が家にUHFチャンネルが見えるテレビ(ここからやっとカラーテレビ)が導入されたのは1971年。それも随分過ぎてからでした。

 ワクワクしながら初めてカラーで観たヒーローものは“帰ってきたウルトラマン”。良かったねーと言われそうですが、この最初に見た記念すべき帰ってきたウルトラマンは“怪獣使いと少年”という問題作で、分かる人にはわかってもらえると思いますが、それはもう、後味の悪い回で、げんなりしたのを昨日のように覚えています。考えてみれば、あのころのアニメやヒーローものは、結構脚本家のメッセージが込められていて、重い内容のものが多くありました。商業路線第一の今のアニメからは考えられません。

 今日は珍しくオタクっぽいことを長々と書いてしまいましたが、最後に付け加えておきます。この中で一番好きなのは右下の“あしたのジョー2”です。これはこの中で一番新しいというか、ずば抜けて新しいレコードです。なにせ1980年10勝からの放送ですから、私はもう高校生~大学生の時代です。1970年前後に少年マガジンに連載され、テレビ放送もされたあしたのジョーの後半部分をリメイクしたもの。少年時代に観た時には感じなかった熱いものを青年期にぶつけられたようで、魂を揺さぶられたのを思い出します。この主題歌はあまり知名度が高くありませんが、ものすごく良いです。そうそう、これもカラオケで歌います。あまり受けませんが・・。

 ん・・オタクでもないんですが、今日はちょっとオタクっぽいですね。番外編ということでお許しください。

スポンサーサイト
プライベート | コメント(2)
コメント
No title
私は すぐ捨ててしまうので、思い出の品は ほとんどありません。
何年か経つと、懐かしくなって、もう一度 同じものを買ってみたりします💧
そんな小さい頃からのものを、大切に持っているなんて、すごいです✨
くりこ さんへ
自然と断舎離しているなんてすごいですね。
私なんか幼児性が抜けてないだけでしょう・・。
もう、聞けないんだから手放す時かなとは思います。

管理者のみに表示